自己肯定感を高めるカウンセラー
斉木智美です。


過去のことを思い出して、


「あの時、もっとこうしたらよかったのに・・・」



そう自分のことを責めたり、
罪悪感を感じている方が
いらっしゃいます。


私もそうなる時があります。


時が経った今でも
当時のことを思い出しては、


自責の念や後悔、
ああすればよかったという思いや


罪悪感が沸きあがって、
しんどくなります。


「あの時、もう少し彼の気持ちを分かってあげられたら・・・」

「あの時、もっと頑張ってたら良かった・・・」

「どうして、あんなことをしたんだろう」



過ぎたことと分かっていても、
そうやって、今も自分のことを責めるんですよね。




幼い自分が
サンタクロースを信じてたとしても、
それを否定する人は いません。


その頃の自分は、まだ幼くて、
ただ、いろんなことを知らなかっただけ。


考えるチカラも、行動をおこすチカラも
まだ備わっていなかっただけ。


過去は過去。


それが、あの時の自分にできる
精一杯だった
のです。




当時より賢くなっている今なら、
ああすればよかったと思ったり


新しい選択肢が見えてくるけれど、


たとえ
時間があの時に戻ったとしても、


やっぱり当時の自分は、
同じことをするんじゃないかな。


だって、あの時は、
自分にできる精一杯のことを
したのだから。


たとえ、
甘えたり、なまけてしまって、
全力だせなかったり、


自分のことばかりで、
相手の気持ちを考えられなかった、


そうだったとしても、


それも含めて、それが
当時の自分の精一杯だったのです。


もっと自分にやさしく、
頑張ってきた自分を労っても
いいんです。


今の自分を責めないことも
大事だけど、


過去の自分を責めないことも
大事なこと。


最近の個人セッションで
よく出てくるので書いてました。


変わる前に、まず
自分にやさしく、です。