保育園時代の鮮明な記憶・・・

テーマ:

小野・加東・西脇
子供との時間が楽しくなる☆
一週間で勝手に勉強する子供に変わる楽しい家庭学習法
「親勉(おやべん)」インストラクターの
中嶋絵美(なかしま えみ)です。

 

私は0歳から保育園に行っていた。

 

その時の記憶はほとんどないが、
一つだけ強く印象に残っていることがある。

 

卒園文集に将来の夢を書く時、

私はなんとなく、
「ケーキ屋さんになりたい」と書いていた。

 

すると担任の先生に、
「もっとちゃんとしたものにしなさい。」

と言われ、

 

ちゃんとしたものって何?と思いつつ、
「学校の先生になりたい…」と書き直した。

 

その時から今まで、
学校の先生になりたいと思ったことは
一度もない^^;

 

その時に私に刷り込まれたこと…

 

「ケーキ屋さんはちゃんとした仕事じゃない」

 

〇〇屋さん全体のイメージが、
なんとなく悪いものに変わった。

 

先生はそんなこと覚えてないやろなぁ〜

 

でも私は鮮明に覚えている。

 

私が就職を考える中に「〇〇屋さん」
という選択肢はなかった。

 

どこかに雇われることが前提。

 

それが悪いわけじゃないけれど、
選択肢が狭まったのは確か。

 

ちゃんと大学行ってちゃんと就職して…

 

一度くらいケーキ屋さんに
憧れたっていいじゃない?

 

女の子だもん!

 

そのうち、現実を知って諦めるでしょ?

 

それでも本当にやりたいなら、
どうやったら食べていけるかを
一緒に考えられる親でありたい。


ブレブレ育児が揺るぎないものに!
遊ぶように勉強する子どもに育つ☆
中嶋絵美の無料メルマガ
http://www.reservestock.jp/subscribe/76045

AD