カンボジア井戸建設報告書(ロンデン小学校) | Heal the World ~カルマカウンセリング・カンボジア支援

Heal the World ~カルマカウンセリング・カンボジア支援

カルマカウンセラー江見佐智恵のプライベートブログです。
身近な出来事からのカルマの法則からの考察やカンボジア支援の報告レポートを書いています。


テーマ:

N様のご支援による井戸が完成しました。

 

カンボジアの建設会社 KHJ Constructionsから届いた写真と報告書の内容です。

 

=======================

井戸建設報告書 ( ロンデン小学校)

=======================

 

ロンデン小学校の井戸が完成いたしました。

 

 


 

水質、水量とも異常無くしっかり機能しています。周りのコンクリートの土手もきれいに作られています。


基本的に小学生が使って、その合間を見て地域住人が飲料水としての水を汲みに来ます。

 


 

生徒たちは大喜びで新しい井戸を使っています。手洗い足洗、飲んだり、頭から水をかぶっている子もいます。かわりばんこに仲良く協力して使っています。

 


水はきれいで冷たくでとても気持ちがいいです。それはまさにカンボジアの田舎に出来たオアシスと言えます。


先生は
『トイレも水が無くて機能していませんでしたが、新井戸ができて使えるように準備が始まりました。本当に助かります。
また今はまだ始まっていませんが花や野菜の栽培も始める予定です。』

 

 

下の写真2枚は井戸建設の様子です。

 


 

 

この様なボーリングマシンで井戸を掘りました。


ロンデン村の人々はとても大喜びしています。
『冷たくてとても気持ちいいし飲んでもおいしい』
『日本人はとても心が優しいから好きになった』
『家に井戸がないから公共の井戸ができてとても助かる』
『とても良いものなので壊さないよう大事に使わなければならない』
などなど喜びの声を頂いております。

 


 

井戸の建設により村の人たちに大変喜んで頂き、井戸はとても有効に使用されております。


ロンデン小学校の井戸建設は大成功だったと言えます。


今後、井戸は永く地域から愛され、人々を潤していくことでしょう。
以上で井戸完成報告を終わります。

 

                                  KHJ Constructions

=======================

 

ロンデン小学校はシェムリアップ州ソニコン群クナーポー区ロムデン村にあります。


小学校は2002年に建設され、現在生徒数174名、教師7名、教室数3(うち1室は木の教室)となっています。


以前は井戸があったのですが故障してしまい、予算がないため井戸がないままだという事でした。

 

 

 


井戸が出来るまで、学校のトイレは使用できず、子供たちは遊んで汚れた手足をあらうこともできませんでした。

 

水が使えない為、学校の衛生状況は悪く、先生達は子供が病気になりやすいを心配していました。


また、乾季になると、井戸のない家庭や井戸の枯れた家庭の人は、遠くの井戸や池まで水汲みに出かけなければなりませんでした。

 


 

学校に井戸が出来た事で、子供達だけなく、ロンデン村全体の水不足が解消されました。

 

子供達も喉の渇きや手足の汚れを気にせずに、外で遊んだり、勉強に励むことができるようになりました。

 

N様、大変貴重なご支援、本当にありがとうございます。

 

 

■カンボジア井戸建設支援に関するご案内は下記よりご確認ください

◎カンボジア井戸建設支援について
◎井戸建設をお考えの方へ

江見佐智恵さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス