上手なほめ方 | 人事コンサルタントのブログ

上手なほめ方

 叱るのも難しいが、ほめるのも難しい。「上手なほめ方」を考えてみた。
 

1.結果だけでなく、プロセスをほめる

「すごい結果だね。よくやった、よくやった。」ではなく、
 「すごい結果だね。夜遅くまで頑張った君の努力が実ったね。」とプロセスをほめる。

 

2.YOUメッセージだけでなく、Iメッセージを付け加える

YOUメッセージとは、「あなたは○○だね。」というように、相手を主語にした「伝え方」で、例えば、「あなたは仕事ができる」「あなたは優秀である」などである。

 

Iメッセージとは、「あなたの影響で、私は○○になりました。」というように、自分を主語にした「伝え方」で、例えば、「君の頑張りを見て、感動した」「あなたの朝礼を聞いて、私も頑張ろうと思った」などである。

 

3.ムリにほめるよりは、事実を伝える

相手の変化に気づき、その変化(事実)を伝える。その変化をムリにほめようとしてお世辞を言うよりは、その事実だけを伝える方が、「自分のことをよく見ていてくれる」と相手は自然にうれしく思ってくれる。

 

合作を可能とする人事考課制度の仕組はこのツールセットで!
  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!