合作による人事評価【人事評価の必要性】 | 人事コンサルタントのブログ

合作による人事評価【人事評価の必要性】

 なぜ人事評価をするのか。その必要性は何か?

 

 上司が部下の仕事ぶりを評価しなかったら、職場運営ができなくなる。良い仕事ぶりについては「ほめる」、いけない仕事ぶりについては、「叱る」「注意する」「指導する」ことが必要である。

そして、この「よい」「いけない」の判断基準が個人の感情ではなく、組織が定めた一定の基準であることが必要である。

 
 このように個人的な感情ではなく、ある一定の判断基準で評価されることが、仕事のレベルアップやモチベーションアップにつながっていく。このような評価がないと、無法状態となり、活気のない職場になってしまう。

 多くの人は、自分の仕事の結果や行動に対して、「よいこと」はほめて欲しい、「いけないこと」は注意して欲しいと思っている。

これらを満たすことがやりがいにもなっていく。よ

くても悪くても何も反応を示さない、無関心が一番嫌なことである。

 
 人事評価というと処遇(賃金、賞与)で差をつけること、序列をつけることと考えがちであるが、処遇への反映とは切り離して考える必要がある。

 
まず、仕事ぶりをある一定の基準に基づいて評価する。上司と部下共に納得いく評価をする。

その評価結果をある一定のルールに基づいて「処遇に反映する」と分けて考えるとよいだろう。

 

注:人事担当者以外の人もわかるように、「人事考課」ではなく「人事評価」と表示しています。

 

合作を可能とする人事考課制度の仕組はこのツールセットで!
  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!