ハインリッヒの法則 | 人事コンサルタントのブログ
2019年02月08日

ハインリッヒの法則

テーマ:06 人事管理

 米国のハインリッヒ氏が労働災害の事例の統計を分析した結果、導き出されたもので、「1件の重大災害の裏には、29件のかすり傷程度の軽災害があり、その裏にはケガはないが「ひやっ」とした300件の体験がある」というものである。(1:29:300の法則ともいわれている)


 この考え方を労働災害だけでなく仕事の失敗発生率としても活用して、

 

「1件の大きなクレームのウラには、29件の顧客からの小さなクレームがあり、さらにその背景には、300件のクレームにはならなかったが、社員が「しまった」と思うようなことがある。したがって、日ごろから、細かいなことをしっかりすることが、大失敗を防ぐことになる」


などといわれている。

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!
  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!

    

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

kana_3さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス