人事制度で失敗しないために | 人事コンサルタントのブログ
2019年01月06日

人事制度で失敗しないために

テーマ:06 人事管理

1. 人事制度は運用して初めて価値がある。← 導入しただけではダメ
 機械設備も稼動して初めて成果を生み出す。導入しただけでは何も成果は生み出さない。


2. 業績が出るようになる人事制度が良い制度である。← 新しい制度が良いとは限らない

  「他社が導入した」、「最新の~~」、「○○式」とかに惑わされない。


3. 自社の実情に合った制度を考える。 ← 他社のまねをしても意味がない。

 「自社の解決すべき課題は何か」をしっかり把握して、その課題解決に見合った制度にする。


4. シンプルな制度が一番よい。 ← 理解できないと運用できない

 人事制度は社員に対する「あるべき姿のメッセージ」。社員が理解できない制度は意味がない。


5. 人事制度を賃下げの道具に使わない。 ← 業績低下の原因は他にある  

 業績の低下は社員の責任ではない。商品や産業のライフサイクル、事業領域、事業の仕方の問題の方が大きい。それらに対応するためには社員に、生き生きして仕事してもらわなくてはならない。


6. 人件費総枠を増やすことを目的とする。← 個人評価だけでは組織風土の崩壊の恐れ

 会社業績を意識するような仕組みを作る。会社の業績が伸びることが「みなハッピー」になるような仕組みを作る。


7. 絶対評価で行う。 ← 相対評価では、良いやり方を他人には教えない

 差をつけることや競争主義を強調すると、良い仕事の仕方やノウハウを他人には教えなくなってくる。会社としての仕事の水準がレベルアップしなくなる。


8. 勇気を持って評価フィードバックをする。 ← 評価結果がわからないから納得しない

 社員は評価に不満があるのではない。評価結果をはっきり知らされないことに不満・不安がある。 上司が逃げずに「部下の不満」を聞いて、評価のすりあわせを行う。これが育成につながる。


9. 評価することが目的ではない。 ← その後の指導が大事である 

 評価によりできない点を明確にし、そこを指導することが、評価の目的である。


10. 人事制度は「人を育てる仕組み」である。 → 業績向上につながる。

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!
  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!

    

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

kana_3さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス