「不十分」という錯覚 | 人事コンサルタントのブログ
2018年12月28日

「不十分」という錯覚

テーマ:06 人事管理

 私たちは他人に十分な情報を与えなければならないと思うことがよくあります。なるべく多くの人に、なるべく多くの情報を提供することが安心だと考えるからです。

 

 しかし、その結果、相手は書類の山を読まされ、次から次へといろいろな話を聞かされて、情報に対し拒否反応を起こしてしまいます。

与えられる情報の大都分はどうでもよいものだと思い、すぺての情報を拒絶するようになります。

こうなると役に立つ情報とそうでないものとのけじめがつかなくなり役に立つ情報まで、見逃がされることになりかねません。

 

 特に、最近はメールによる情報提供が多くなってきており、ちょっとした操作で多数の人に送ることができるようになりました。

電話や手紙、FAXでは手間がかかるので、ある程度選択して送っていたものが、メールだとほとんど手間がかからないので、ついでにという気持ちであまり関係ない人にまで送ってしまうことがあります。

 

 これが情報過多を促進し、結局は情報が正しく伝わらないことになってしまうのです。

 気をつけよう!

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!
  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!

    

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

kana_3さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス