W杯アジア最終予選組合せ | 人事コンサルタントのブログ
2008年06月28日

W杯アジア最終予選組合せ

テーマ:09 世間の出来事

 日本はオーストラリア、バーレーン、ウズベキスタン、カタールと同じA組になった。もう一方のB組は、韓国、サウジアラビア、イラン、北朝鮮、UAEである。

 

 最終予選なので、どこも強いチームで大変であるが、組合せとしては、ラッキーだったと思う。


 まず、韓国とサウジアラビアのどちらかと同組になるわけであったが、日本戦にいつも以上の力を発揮する韓国よりはオーストラリアに決まってよかったと思う。


 また、サウジアラビア、イラン、バーレーンのどちらか1カ国と同組になるわけであったが、3次予選ですでに2回戦っているバーレーンに決まってよかった。

これは、組合せ抽選前のイランとのクジに勝って日本が4位扱い、イランが5位扱いになったからで、ここでも運があったと言える。


 最後に、ウズベキスタン、カタール、北朝鮮、UAEから2カ国と同組になるわけであったが、スポーツ以外での話題が多い北朝鮮と同じ組にならなかったのがよかったと思う。

 

 B組は、前回のW杯出場国が韓国、サウジアラビア、イランの3カ国入っており、厳しい戦いになりそうである。さらに、韓国と北朝鮮の南北対決、中東の国と東アジアの国の東西対決など色々話題がありそうである。 

 

 ちなみに、本戦出場は、各組上位2チームの4カ国、プラス3位同士の勝者とオセアニア代表との勝者になる。

kana_3さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス