数年前に買ったイヤホン「Bose QuietControl 30 Wireless Headphones」が、去年辺りから調子が悪くなり(保証期間もとっくに過ぎ)、買い換えを検討していた。

色んな製品のプレビューの動画やブログを見たり、どの商品が売れ筋か、自分にはどのイヤホンが合っているのか。

Bang & Olufsen

Bowers & Wilkins

AirPods

AVIOT TE-D01d

私は、主にクラシック音楽を聴くため、最優先かつ最重要機能は、何といっても「ノイズキャンセリング(以下、ノイキャン)」。外音をシャットアウトする機能。

先代は、まさにそれに長けた品物(ツワモノ)だったが、一つ気になる事があった。首輪だ。

輪っかを首に掛けるため、夏場は蒸れるし存在感も非常に高い。

また電源を都度入れる必要があるが、非常に押しにくい。

と思っていた矢先の故障・・・。

 

今度こそはと、「ノイキャンと首輪無し」のこの2本柱で探していると、先月7月13日発売の「SONY WF-1000XM3」が目に止まる。

完全ワイヤレス、さらに“業界最高水準”のノイキャンとのこと。

迷う余地はなかった。

オーダーするや否や、入荷日未定との返信(7月11日時点)。

そう言われると、余計に期待が膨らむもの。待つしかない。

 

オーダー後、色んな人のこの製品のプレビューを再確認。

(購入後にする、いつもの悪い癖。)

やはり評価はそれなりに高かった。

 

先日、ようやく商品が届いた。

これは、革命児か…

とてもバランスがよく、楽器の音がクリアに聴こえる。

(「音がモワッとしない」)

今までのBOSEは、低音の作りが "上手" で、音楽をカッコ良く聴かせてくれた。

しかし、このSONYは違う。

パワフルなのに繊細で、非常にバランスがいい。

さすがSONYか。

 

肝心のノイキャンだが…

お見事。

 

私は、(自称)音には相当うるさい人間だが、これならまた快適な音楽ライフが過ごせそうだ。