新元号令和につられたのか、兼ねてから思っていた断捨離を突然したくなった。

数十年分の私の “想い出” とのお別れだと、たいそうに考えていたが、それどころか断捨離は新しい出会いだった。

新しい出会いと言っても、ただ『自分』を発見させられただけなのだが。

 

断捨離する際、決めた事がある。

「思い出に浸り懐かしむのはいいが、過去に拘らないでおこう」と。

そして、衣類、写真、食器類、書類、ぞれぞれに捨てるテーマを設けた。

衣類・・・クタビレ、毛玉、色あせ

写真・・・この先思い出さなくても大丈夫な人が写っている

食器類・・・機械で作られたもの

書類・・・将来的に必要性のないもの

 

このテーマは、見事に断捨離を捗らせた。

そして断捨離して気付いた事、知った事がある。

それは、自分の癖だ。 いや、“悪い癖” に近い。

これを、まざまざと自分の溜めてきた私物から見せつけられたのだ。

言うなれば、もう一人の(過去の)自分から、(今の)自分に苦言を呈されるような感じだろうか。

 

自分の性格や癖というのは分かりにくいもので、またそれを人から言われて直すというのも困難を極める。

また、改善したくても、何をどう改善すれば良いのか分からないもの。

しかし、それをありありと見せられたのならば、率先して自ら明確に直したくなるもの。

 

『経験者は語る』というが、正に『自分は語る』で、

当たり前だが、自分の過去は、自分自身の経験者である。