社会保険労務士法人 牧江&パートナーズ
兵庫・大阪障害年金相談センターでは、病気やけがで苦しむ方やそのご家族の方が障害年金で、少しでもご安心頂けるように障害年金申請のお手伝いをいたしております。

代表の牧江 重徳は、社会福祉士・社会保険労務士のダブルライセンスです。誠実・迅速・丁寧をモットーにご相談者様とのご縁を大切に運営いたしています。

初回無料面談で、受給の可能性、見込み金額、受給要件などについてお話ししています。
お気軽にお問い合わせください。
【電話】TEL:0798-37-1223

テーマ:

◆最近のご相談事例(一部)◆
・統合失調症
・脊髄液減少症
・うつ病
・肝硬変

今年も残すところ、2週間。

 

慌ただしさが増してきました。

 

本日は、

 

【障害基礎年金、不支給処分取り消し裁判】

 

です。

□障害基礎年金、不支給処分取り消しを国に命令 東京地裁

下記の報道がありました。
 
知的障害がある男性(25)が、
 
誤った障害程度の判断をもとに
 
障害基礎年金を不支給としたのは
 
不当だとして、国に処分取り消しを求めた訴訟の判決が
 
14日、東京地裁であった。
 
朝倉佳秀裁判長は処分を取り消し、
 
今後の年金を支給するとともに、
 
過去5年分の年金(年約78万円)を支払うよう国に命じた。
 
詳しくは朝日新聞デジタル>>>
 

□現在は障害年金センターで集約審査

以前は、各都道府県で、審査されていました。

 

最大6倍の地域差が ありました。

 

平成29年(2017年)4月1日から

 

東京の障害年金センターでの審査に

 

一元化されています。

 

また、認定基準も、

 

平成28年9月1日から

 

新たになりました。

 

法令は適宜変更されており、

 

最近では、平成29年12月1日に

 

血液・造血器疾患に関する認定基準が変更されました。

 

詳しくは日本年金機構>>>

 

□一度不支給裁定がおりると・・・

昨日も書きましたが・・・
 
ご自分で申請されて「不支給」となった方から、
 
数多くのご相談を頂きます。
 
実は、これが大きな不利益を生んでいます。
 
<日本年金機構に記録が残ります>
 
あまり知られていないことですが、
 
「不支給」となった記録が年金機構に
 
残っています。
 
「不支給」になった理由にもよりますが、
 
それを覆さなければならないのです。
 
当センターにご相談頂いた時点で、
 
「何で、こんな申請をしてしまったんだろう」
 
という案件が多数あります。
 
再申請の際にも、
 
ハードルが相当に高くなってしまうのです。
 

<認定日請求はほとんどできなくなります>

 

「不支給」となった場合、

 

理由にもよりますが、

 

認定日請求はかなり難しくなります。

 

<審査請求・再審査請求が認められることはほとんどありません!>

 

当初から再審査請求まで見据えなければならないケースは

 

およそ2年ほどかかり、

 

認められるとは限りません。

 

審査請求・再審査請求が認められる確率は

 

8%以下といわれています。

□スムーズな受給を目指しましょう

精神疾患の場合、

 

慎重な申請が必要です。

 

思わぬ不利益を被ることを避けるためには

 

専門家のアドバイスを受けることが

 

ベストです。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

当センターは病気やけがで苦しむ方やそのご家族の方が

 

障害年金で、少しでもご安心頂けるように

 

申請のお手伝いをいたしております。

 

社会福祉士・社会保険労務士のダブルライセンスで、

 

誠実・迅速・丁寧をモットーにご相談者様とのご縁を大切に

 

運営いたしています。

 

初回無料面談で、

 

受給の可能性、見込み金額、受給要件などについて

 

お話ししています。
 

お気軽にお問い合わせください。


お問合せメール
TEL:0798-37-1223

兵庫・大阪障害年金相談センター

    (運営:社会保険労務士法人 牧江&パートナーズ)

   〒 662-0971 西宮市和上町5番9号 西宮ビル

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス