世界がhana基準になったら


世界がhana基準になったら
何が起こるだろう

人をことばで傷つけることもない
人に嫉妬したり、恨んだり、
悪口だって言わない
人と比較して見下したり、
卑下したりすることもない

あるのは
ただそこに存在することで
ありのままで完全な自分、人生。

あるのは
楽しい毎日
喜怒哀楽を自由表現すること

誰からどう思われるからとか考えない
誰がどうしていても気にならない

hanaは
ただ自分がそうしたいからそうする

そして自分が
そのままで完全であり、
愛されていることを
深いところで理解してる。


世界がhana基準になったら、、、


もしかしたら
すへての悩み、争いごと
いじめや不登校、
戦争もですら
なくなるかもしれないね。


{D71555AF-9710-4A9C-ADEE-9B5FF5E63372:01}



黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花


最近hanaが可愛くて仕方ないんです
(完全な親バカです)

いや、
昔から可愛かったはずなんだけど

なんでなんだろ?
とふと考えてみました。

突き詰めてみると
hanaに全く期待していない自分
がおりました。

あきらめてるという意味ではなくてね

hanaがそのままで完全なんだ

ということが
受け入れられてきたのかな。

もちろん、
生活に必要なことは自分でできるようにしていくことは続けているけれど、
それに躍起になったり
それができないといけない!
なんて考えなくなった。

そしたらめっちゃラク(笑)

だって目標にしたり、
馴染むように努力しているのは
あくまでもこっちの世界
(健常と言われる人の世界)
のことで、誰かが決めた基準だから

hanaはね、別に健常と言われる人の世界に馴染みたいとかきっと思ってないの。
別にご飯はスプーンで上手に食べられなくてもいいの、
自分の気持ちを言葉で伝えたいとも思ってないの。

まぁ私が機嫌が悪かったり、
大きな声で怒られたりすることは嫌だろうけど、
何か人と同じようにできないから、困る!!
とかはないんだろうね。



私って
どれだけ自分で自分のことを
こうでなくちゃ!
ああでなくちゃ!
縛り付けてきたんだろうね。


昔は
周りの目とかすごく気になって
電車に乗るのが億劫だったこともある

周りがみんな敵に見えていたこともある。

どうせわかってもらえない前提だったこともある。

しかし
今思うのは、、、

そのうち
hana基準に合わせてくれる世界になるんじゃなかろうか 笑


私もhanaが来てくれてから
人はそれぞれありのままで完全
どんな人生でも全て素晴らしくて正しい

自分の考え方がとっても自由になりました。


まぁ日々イライラするし
悩みもあるし
期待もするけれど、

子育て、いや人と人との関わりの中では
必要ないことを、hanaがそこにいることで学ばせてくれています。