滝の音とともに~ゆかりんの滝めぐりブログ~

滝の音とともに~ゆかりんの滝めぐりブログ~

滝の魅力にハマった私。
いろんなとこの滝を見に行ったりして、
滝の魅力発信ブログを書きたいと思ってます(´∀`)
滝に、行ってみたい!見てみたい!!癒されたい!
っていう方を増やしていけたらな、と思ってます(^^)

あとは日常の小ネタも書いていきまーす。

滝に興味がある方も、ない方も、
ぜひぜひ覗いてってください(°▽°)
コメント残してくれると、尻尾振って喜びますU^ω^)♪
びゅーんと走り、
周辺の滝をいくつかすっ飛ばしながら(笑)、
王滝村までやって来ました。
御嶽山の麓。

王滝村で氷瀑って言ったら、
ここだよね〜、のとこです(^ ^)
駐車スペースから、すでに見えてる。
でも半分くらいな感じ?

何年か前に新しい遊歩道ができたんだけど、
階段がキツくて息が上がりますε-(´ω`;)
しかも、この時期、凍ってツルンツルン。
チェーンスパイクつけていきました。


はい、どーーーん雪の結晶
↑清滝

どうだ?どうなんだ?(笑)
ピークは過ぎてしまった感じかな?

それでも3分の2くらいは凍ってるかなぁ。

氷柱がモリモリモリっと。

細長く垂れ下がる氷柱がきれいキラキラ
氷瀑らしい氷瀑、やっと見れたね( ̄▽ ̄)

場所を移動しまして・・・カメラ
夏の姿も知ってるので、
氷瀑になると
これだけボリュームアップするのが驚き。

もうちょっと近寄ってカメラ

なんでこんな形になるんだろね〜。
氷瀑ができていく過程を見てみたい。


動画撮ってる時、
上から氷がバラバラ落ちてきて、
一瞬、撮影の動きが固まる私(笑)下矢印
めっちゃ怖かったんだからー(・∀・;)
※ここは、御嶽信仰の修行場でもあり、
この日は団体さんが登拝に来られていたので、
動画に鐘の音とか入っちゃってます。

せいちゃんは、下まで接近してました。
私は怖くて、あの場所へは行けなかった(^^;

いつか、この岩壁全体が
氷瀑で覆われる姿を見てみたいなぁ。



さて。
車でほんの少し移動しまして、お隣の滝へ。

こちらも遊歩道はツルンツルン。
1歩1歩慎重に進みます。


はい、どーーーーん雪の結晶
って、めっちゃブレとるやないかーい!
↑新滝

溶けちゃったのか、育ってないのか、
なんかちょっと残念な氷瀑姿でした(><)

カメラ

カメラ

新滝は、裏見もできますのでねひらめき電球
行きましょう、行きましょう。
真横からカメラ

滝裏に潜入〜(^ ^)
氷柱越しに、流れ落ちる滝を裏から見る。
なんとも贅沢な空間。

神聖な気持ちになりますね。

滝下の氷の塊は、
上側がパックリと開いていて、
そこに水が吸い込まれていきます。

動と静。

青い・・・(°▽°)雪の結晶



氷瀑時期の滝裏は、
ツルンツルンくるくるツルンツルンくるくるなので、
必ずスパイク、アイゼン等つけてねm(_ _)m


また正面側に戻ってきました。
ちょっと滝つぼの近くまで降りてみる目
もりもり雪の結晶
すごいボリュームですね(゚д゚  )

見上げてカメラ

とっても薄付きな氷柱。

気温がちょっと上がったら、
もう剥がれ落ちちゃうんだろうな。

なんて、思いつつ撮っていたら。

パキーーーーン!!


えっ(°д°        )あせる


バラバラバラバラ・・・雪の結晶雪の結晶雪の結晶

またしても、
崩れ落ちてきた氷の塊に襲われた(笑)

逃げることも出来ず、
急いでその場で背を向けました( ̄▽ ̄;)
幸い、氷の塊は滝つぼに落下したので、
こちらには飛んできませんでしたが・・・


焦ったわー( ´;゚;∀;゚;)あせるあせる




☆清滝・・・長野県木曽郡王滝村
☆新滝・・・長野県木曽郡王滝村