平成最後の日〔4月30日(水)〕日本書字文化協会(書文協)主催 「第4回 全国臨書展」審査結果の連絡が入りました。今回展で、3回目の出品になります。
 
本臨書展は、今回展で第4回目で、始まってからまだ回数が少ないですが、主催者の思いが大変強く、確固たる趣旨の下で開催されています。そのような中での開催であることを知り、出品させていただいています。
 
本協会スタッフの皆さまも大変親身に対応してくださり、毎回とても気持ち良く出品させてただいています。
 
以下、本臨書展の出品部門です。
 
そして、本臨書展の要項は、コチラ です。
 
本書展には、例年全国から800点ほどの出品があり、年々出品数も増えつつあります。
 
 
次に、本書展の褒賞です!
 
<特別賞>(4名)上位約0.5%(太字の人数は、前回「第3回展」の受賞者数)
◎大賞〔臨書の部(1)、(2)から決定〕…1名
一般)
◎中央審査委員会賞…1名(高校生)
◎日本書字文化協会会長賞1名(小学生)
◎青梅市(東京)日中友好協会会長賞1名(一般)
※賞状、副賞(大型楯)、澤乃井ガーデンギャラリー(東京・青梅市)に軸表装作品展示

⦿優秀賞15名〔※小学生7名、中学生4名、高校生2名、大学生2名、一般1名上位約1.9%

※賞状、副賞(大型楯)、澤乃井ガーデンギャラリー(東京・青梅市)に軸表装作品展示
 

※以上、入賞者数計26名(うち一般3名)(上位約2%


・ 選外(多数)

※参加証

 

 

本書展では、「第2回展」から出品させていただいていて、以下結果です。

 

第2回展 … 特別賞 「日本書字文化協会会長賞」(全国第2位

 

第3回展 … 特別賞 「大賞」(全国第1位

 

 

次に、今回展に出品させていただいた作品です。今回展は、協力の意味も込めまして、初めて複数点(4点)出品させていただきました。

 

空海「灌頂記」臨書3点「木簡」臨書1点です。高校書道教科書に掲載されている法帖からの出品という条件があります。

 

 

それでは、今回展の審査結果です。

 

今回も電話結果をお知らせいただき、特別賞「日本書字文化協会会長賞」全国第3位:上位約0.5%を受賞させていただきました。左から、1作品目か2作品目が、特別賞に入賞させていただいたようです。

 

今回展も選外が非常に多い中、大変狭き門での受賞で、とても嬉しく大きな励みになります。ありがとうございました。正式な結果通知は後日送られてくると思います。

 

今回展の詳細は以下です。とても素敵な場所ですので、ぜひ一度訪れてみてください!

 

<「第3回 全国臨書展」 優秀作品展>

○会期 : 5月31日(金)~6月2日(日)10時~16時(最終日は15時半)

○会場 : 澤乃井ガーデンギャラリー    

 

 

それでは、この度も大変お世話になりました審査員の先生方をはじめ、日本書字文化協会、関係者の皆さまに、心から感謝申し上げます。

 

また、次回展へも臨書の勉強のため、出品させていただきたいと思います。どうもありがとうございましたm(_ _)m

 

 

<追伸①>

いつもの出品作品郵送封筒ですが、最近、平均的にまあまあな感じで書けるようになってきました。

 

 

 

<追伸②>

昨年、大賞を受賞させていただいた「第3回 全国臨書展」の展覧会の様子です。東京・青梅市澤乃井ガーデンギャラリーという、とても上品で落ち着いた素敵な場所での展覧会でした。

 

主催の日本書字文化協会先生とお話もができ、十数種類のとても美味しい日本酒の試飲(有料)もして、大変楽しく充実した一日を過ごさせていただきました(*^^)v

 

以下、少しですが、当日の画像を掲載させていただきます。

 

東京にも、こんなに自然豊かで素敵なところがあるんですね!この時期は、新緑がとても美しかったですが、秋は紅葉が大変美しいと思います。

 

 

 

 

 

 

受賞作品は、後日、大変立派な軸表装に仕上げていただき、今、手元にあります。

 

この時は、「大賞」を受賞させていただきましたので、唯一、リビングに賞状を飾ってあります。ただし、本物の賞状は色あせてしまうともったいないので、カラーコピーをしたものを飾ってあり、本物は、賞状ホルダーに大切に保管してあります。

 

 

本当に素敵な賞状で、いつまで見ていても飽きず、本当に言葉では言い表せないくらいの素晴らしい賞状です。埃がかからないように、毎日綺麗にしながら、眺めて癒されています(*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ今日から令和元年ですね!

 
今回は平成の天皇陛下が、生前に退位されましたので、何か大晦日のような雰囲気がありますね。
 
さて先日〔4月28日(日)〕、毎日新聞神戸支局主催 「2019年2月度 毎日紙上書道展」審査結果新聞紙上で発表されました。昨年の2月度から、勉強のため出品させていただいていて、今回展で早1年、5回目の出品になります。
 
ただ、本当は、一昨年前(2017年)11月度に、用紙の大きさを間違えて半紙での出品をしてしました。後日、審査外になったのですが、審査員の先生から、大変素敵な作品のような毛筆書きのお手紙を頂戴しました。
 
お手紙には、出品違い半紙作品と審査員の先生の名刺も同封されていて、とても嬉しく思いました(*^^)v これも何かの縁だと思い、大切にしたいと思います。
 
その時の、作品は、いつもの空海「灌頂記」です(以下)。初出品の書道展には、いつもこの灌頂記を出品させていただくようにしています。
 
 
本紙上展は、年4回(一般の部)開催されます。2月、5月、8月、11月で、各月の最終土曜日出品締切日になっています。兵庫県外からの出品可能で、神戸支局の紙上展ご担当者の方も大変親切にご対応くださり、ありがたく思います。
 
また、本紙上展で優秀作品に選ばれますと、毎日新聞兵庫地方版に、作品写真と受賞者各個人の講評が掲載されます。
 
私は、6年前に書道を再開してから今現在まで、全くの独学状態ですので、このように審査員の先生方から講評をいただけるのが、今後の勉強に大変役立っています。また、作品写真が新聞に掲載されるのも、モチベーションを上げるための大きな一助になっています。
 
次に、本紙上展の褒賞です。
 
 

<入賞> ※一般の入賞数です。

 

◎優秀賞(16点)〔約16%

※賞状、毎日新聞兵庫地方版に作品写真・氏名・講評等掲載

 

○佳作(20点)〔約20%

※毎日新聞兵庫地方版に氏名等掲載

 

・ 選外(約64%)

 

 

本紙上展では、昨年2月度展から出品させていただき、結果は以下の通りです(出品作品も以下)。
 
 
 
 
 
 
 
次に、今回展に出品させていただいた作品は、顔真卿「裴将軍詩」です。久しぶりに書いた作品です。半切にしては、字数が多いですが、何とか作品らしく仕上げたつもりです。
 
 
 
それでは、今回展の審査結果です。
 
 
 
 
今回展も「優秀賞」を受賞させていただきました。優秀賞は、今回展で4回目の受賞になり、とても大きな自信に繋がります。ありがとうございますm(__)m
 
ちなみに、今回展はちょうどこの紙面がカラー印刷でした。ただし、作品は白黒ですので、あまり変わりませんが、雅印等朱色のカラーですので見栄えがします!
 
そして、今回展では、以下の講評をいただきました。
 
『 顔真卿 「裴将軍詩」 小手先の軽々しさの一切ない、重量感のある線質を濃墨で仕上げた。ズシリと手応えを感じる。』
 
またこれを励みに、さらに精進させていただきます。
 
それでは、今回展でも大変お世話になりました審査員の先生をはじめ、毎日新聞神戸支局の皆さまに、心から感謝申し上げます。
 
次回展へも勉強のために、出品させていただきたいと思います。
 
 
<追伸①>
今回展の出品作品郵送封筒です。まあまあ上手く書けたと思います(*^^)v
 
 
<追伸②>
令和元年になりましたので、今朝、早起きをして気持ちも新たに、「般若心経」を書かせていただきました。令和では、皆さまが幸せに、そして、世界が平和でありますように…。
 
 
同時に、初めて全紙(縦 約140cm×横 約70cm)へ大きな一字書〔聲(声)〕」を書きました。
 
 
ただ、用いた筆が半切2~4文字用ほどのもので、それほど大きくなく、書く部屋も狭いため、墨が飛び散らないように気をつけながら書いたので、あまり思い切り書けませんでした(*_*)
 
まあ、仕方がないですね…。
 
ちなみに、今回用いた筆は定価1,000円です(^^)
 
今度は、もう少し条件の良い環境で、思い切り書いてみたいです!(^^)!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日に日に暖かく、というか暑くなってきた今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか?
 

 

先日〔4月20日(土)〕、梧竹・蒼海顕彰 「第27回 佐賀県書道展」 の審査結果が届きました。今回展で7回目の出品になります。本書道展は県展ですが、佐賀県内はもちろん、県外各地からも多くの方々が出品されています。

 
県展の多くは、その県内に在住か在勤の方のみという制限がありますが、本展は大きく門戸を開いていただいています。そして、大変レベルの高い書道展でもあり、毎回勉強のために出品させていただいています。
 
過去の出品者の中には、美容家のIKKO(雅冬炎)さんや芸人のおさる(宇都鬼)さんなとが出品されています。お二人とも、本格的に書道を学ばれていて、本書道では、特別賞を受賞されています。とても素敵な魅力的な作品を書かれています。
 
今回展は、一般公募497点の出品があり、この他に、審査会員委嘱の方々、高校生の出品があります。
 
審査は、一次審査二次審査があり、一次審査通過者の中から二次審査で、特別賞特選が、それ以外の中から、秀作佳作入選等が選ばれます。
 
一次審査は、審査会員の方々が審査をし、二次審査は、審査委員長の方がお一人で審査を行います。
 
そして、本書道展の詳細は、コチラ になります。
 
 
次に、褒賞です。
 

<特別賞>(7名約3%一般公募の部(三科)のみで、受賞者数等は、前回「第26回展」のもの〕

◎佐賀県書作家協会賞(1名)

◎佐賀県書道教育連盟賞(1名)

◎佐賀新聞文化センター(2名)

◎佐賀新聞社奨励賞(3名)

※賞状、副賞(大型楯)、表彰式・祝賀会招待(いずれも、ホテルニューオータニ佐賀)、佐賀県立博物館額表装展示(通期:前期・中期・後期を通して)、佐賀新聞に氏名等掲載、インターネット(Web図録、他)に作品画像・氏名等掲載

 

〇特選(13名、約7%

※賞状、祝賀会出席対象(ホテルニューオータニ佐賀)、佐賀県立博物館額表装展示(前期・中期・後期のいずれか)、佐賀新聞・インターネットに氏名等掲載

 

○秀作(15名

※賞状、祝賀会出席対象(ホテルニューオータニ佐賀)、佐賀県立博物館額表装展示(前期・中期・後期のいずれか)、佐賀新聞・インターネットに氏名等掲載

 

○佳作(18名)

※賞状、祝賀会出席対象(ホテルニューオータニ佐賀)、佐賀県立博物館額表装展示(前期・中期・後期のいずれか)、佐賀新聞・インターネットに氏名等掲載

 

○入選

※入選証

 

・選外

 

※他の褒賞等については、コチラ をご覧ください。

 

 
本書道展には、書道を再開して間もない頃の「第21回展」(平成25年)から、出品していて、毎回すべての出品作品を入賞させていただき、特に「第23回展」(平成27年)では、特別賞「佐賀新聞社奨励賞」を受賞させていただきました。
 
その時の作品は、空海「灌頂記」半切臨書作品(以下)でした。この時期は、よく灌頂記を書いていましたので、自己の中で、けっこう良く書けたような気がします。
 
 
 
第23回展からは、主に二科(半切)に出品させていただいていましたが、すべてが臨書作品での出品でした。
 
ここ最近、半紙ばかりですが、苦手な創作題材を自分なりに工夫したり、お手本を見て書いたりと、少しずつ作品らしく?書けるようにはなってきた気がします。
 
なので、今回展では、3科(半切1/2)に下げ、少字数書部門2点出品させていただきました(以下)
 
 
自分では、書いていて、まだまだだとは思うのですが、今までより線質が多様になり、余白を意識して、より動きや変化のある作品になってきた感じがします。
 
さらに、これを字数の多い創作作品に生かしてみたいと思います。
 
それには、いろいろな法帖で臨書の勉強をしたり、皆さまの素晴しい作品を参考にしたりしながら、さらに練習しなければいけまんね。
 
 
それでは、今回展審査結果は以下になります。
 
 
◎「聲(声)」…特別賞「佐賀新聞文化センター賞」〔通期展示:前期・後期通して〕
 
○「無心」…佳作〔後期展示〕
 
を受賞させていただきました。県展での2回目特別賞受賞と、7回連続入賞ですので、大変嬉しく大きな励みになります! ありがとうございましたm(_ _)m
 
 
佐賀県書道展は、以下の会期で開催されますので、お近くにお立ち寄りの際には、ぜひ足を運んでみてください。
 
<会場>

佐賀県立美術館 2号、3号、4号展示室

〒840-0041 佐賀市城内1丁目15-23 TEL0952(24)3947

 

<入場料>

無料

 

<会期>

〔前期〕2019年5月28日(火)~6月2日(日)
〔後期〕2019年6月4日(火)~6月8日(土)

 

<開館時間>

午前9時30分~午後6時
(入場は午後5時30分まで。ただし、6月8日(土)は作品撤去のため、午後5時閉館)

 
それでは、この度も大変お世話になりました審査員の先生方をはじめ、佐賀新聞社、関係者の皆さまに、心から感謝も申し上げます。
 
また、次回展へも勉強のため、出品させていただきたいと思います。
 
 
<追伸①>
いつもの出品作品郵送封筒です。今回も、まずまず書けたと思います。
 
 
 
<追伸②>

ごく普通の筆ペンで、B5上質紙仮名の題材を書いてみました。仮名(特に変体仮名)は、今までまったく習ったことがありませんので、完全な自己流です。

 

「吾子が手に書てもらふや星の歌」 (小林 一茶)

 

 

ですので、専門家の方々から見ると本当にお粗末だと思います。

 

時間を割いて、少しずつ本などで勉強してみたいです。仮名作品は日本独特の文化で、本当に素晴らしいと思います!

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

半紙の練習です!

テーマ:

また、半紙の創作題材の練習をしました。忙しい日々ですが、時間を取って週1回の練習を続けています。この時間は、とても楽しく気持ち良く練習しています。

 

「風靜月滿樓(風静月満楼)…見て字の如く、これからの季節にピッタリの題材です。

 

 

 

また頑張ります!

 

 

半紙の練習です!

テーマ:

忙しい年度始めですので、1週間経つのがとても早く感じます。今は、週に1度だけ約1時間程度、半紙の練習をしています。

 

だんだん朝が暖かくなってきましたので、早起きをして、数枚半紙の練習をしました。片方は、季節違いですが…。また書いてみます。