「ラストアイドル」、ユニット×プロデューサー組み合わせ決定 | シシュフォスの休息

シシュフォスの休息

ブログの説明を入力します。


テーマ:

ラストアイドルファミリー5組による2ndシングル表題曲をかけた対抗戦におけるそれぞれのユニットを担当するプロデューサーが決定しました。

 

 

テレビ朝日系オーディション番組『ラストアイドル season2』(毎週土曜 深0:05~0:35※一部地域を除く)の初回が13日に放送され、5つのアイドルユニットとプロデュサーの組み合わせが決定した。秋元康はシュークリームロケッツ織田哲郎はGood Tears小室哲哉はラストアイドル指原莉乃はSomeday Somewhereつんく♂はLove Cocchiをそれぞれ担当する。

 

プロアマ問わず兼任可能”という前代未聞の応募条件や、毎週行われる残酷な“メンバー入れ替えバトル”が話題を集め、4ヶ月におよぶバトルの結果、昨年12月16日の放送で「ラストアイドル」の最終メンバーが決定。12月20日にはデビューシングル「バンドワゴン」をリリースした。一方、番組ではバトルに敗れた元暫定メンバーや、敗北した挑戦者たちによる4つのセカンドユニット、「Good Tears」「シュークリームロケッツ」「Someday Somewhere」「Love Cocchi」も誕生。

 そして、2018年。season2では、セカンドシングルをかけたユニット対抗戦が行われることに。秋元、織田、小室 指原、つんく♂の5人がプロデューサーとして、5つのユニットのメンバーとタッグを組み、楽曲、ダンス、衣装まですべてをプロデュース。ユニット対抗総当たり戦の結果、上位3チームが次なる関門、トーナメントで争い、第1位を獲得したグループがセカンドシングルの表題曲を歌うことになる。各プロデューサーの手によって磨き上げられたアイドルたちは、どんな姿を見せてくれるのか。

 



 13日の放送では、組み合わせ発表と、各ユニットが担当プロデュサーと初顔合わせする様子を公開した。                

 

https://www.oricon.co.jp/news/2104018/full/

 

ユニットとプロデューサーの組み合わせは、抽選で決まったのだが、明らかなミスマッチというものはなくそれぞれに期待できそう。

 

気になるのは、未だに発表されていない対戦方法について。

 

それぞれのグループの楽曲の完成までをドキュメンタリータッチで追って、最後に対決という手法も考えられる中、総当たり戦というあくまでバトル回数が多くなる形式を選択したわけだが、全ての対戦(1位になるグループは6戦することになる)を完成した同一の楽曲で行うというのは考えにくい。

 

団体戦なのか代表戦なのかあるいは、歌やダンスといった要素に区切っての対戦を取り入れるのか。

この番組の緊張感からいって、じゃんけんやあっち向いてホイみたいなゲーム対決ということはないのだろうけれど。

 

 

 

 

ががんぼさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス