脱薄毛!薄毛の悩みを根本的に解決するには

脱薄毛!薄毛の悩みを根本的に解決するには

自毛植毛により薄毛・ハゲを解決する方法を書いています

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
薄毛に関する情報はたくさんあります。その中で何を選択すればいいのかわからない人も多いでしょう。テレビや雑誌などに大々的に宣伝している大手の企業がいいのか?育毛シャンプー?育毛剤?増毛?

何が正しくて何が良くないのか一人一人が見極めなければなりません。そこで、薄毛解決について一つづつ検証していきます。


増毛
これは、既存の髪の毛に人工毛を括りつけて増やす方法です。すぐにふさふさな状態になりますが、定期的にメンテナンスが必要になります。また、既存の髪の毛がやせ細って抜けてしまえば利用することができなくなります。


かつら
人工的な髪を頭にかぶせて、別の髪型に見せるために使うためのものです。通気性に難があるため頭皮環境はよくありりません。また、定期的なメンテナンスも必要でランニングコストがかかります。


育毛シャンプー
シャンプーの効果は主に頭皮を綺麗にすることです。販売側の謳い文句は、よく畑に例えて説明します。いい稲に育つには、まず土台が重要と。しかし、これには矛盾があります。例えばホームレスの人は頭皮環境が決していいとは言えませんが、ハゲてない人もたくさんいます。そう考えると頭皮環境というのは薄毛にはあまり関係ないと言えます。


育毛剤
育毛剤は医薬部外品です。医薬部外品の定義は、厚生労働法では薬と化粧品の中間的な位置づけとしています。なので、まったく効果がないとまではいえませんが、あくまで医薬部外品なので医薬品レベルの効果は期待できないと思った方がいいでしょう。ただ、人によって効く、効かないということがあるので、一定期間試してみるのはアリでしょう。
参考記事⇒人気の育毛剤ブブカは購入すべきか


治療薬
薄毛治療薬として、プロペシア、ミノキシジルの2つが現在医薬品として唯一認められている薬です。プロペシアは、AGAの原因であるジヒドロテストステロンを阻害する効果が認められています。ミノキシジルは血行を促進し、発毛効果があるとされています。
参考記事⇒AGAを食い止める方法


自毛植毛
自分の髪の毛を採取し、薄い部分に植毛すること。後頭部や側頭部の禿げにくい髪の毛を頭頂部やM字の薄い部分に移植します。自分の髪の毛なので定着率は90%以上といわれている医療行為です。
参考記事⇒自毛植毛体験談


薄毛に悩んでいるなら、根本的な解決が必要です。
そう考えると、かつらや増毛というのは根本的な
解決にはなっていないといえるのではないでしょうか?

テーマ:
薄毛に悩む人は全国で1200万人ともいわれています。

日本人の10人に1人が薄毛に悩んでいるということになります。

しかし、女性や子供を入れずに、男性だけで計算すれば割合はかなり多くなるでしょう。

逆に薄毛に悩んでない人のほうが少ないかもしれません。


そして、薄毛に悩んでいたとしても、その悩みを打ち明けられない人がほとんどではないでしょうか。


私もかつては一人で悩み、憂鬱になっていました。薄毛の悩みは結構深刻です。

なぜなら、日常生活で人と接しなければならないからです。

要するに他人からどう思われているか気になるからです。

特に女性であればなおさらでしょう。好意を抱いている女性だったらさらに薄毛だと思われるのは屈辱以外の何者でもありません。

何しろ男性は女性から良く見られたいと本能的に思いますから。それが人間の本能なので仕方がないのです。


いずれにしても薄毛の悩みの元は全ては他人の目なのです。

それを解決するには薄毛を克服するしかないです。カツラや増毛という手もありますが、いつまで続けるのでしょうか?一生カツラかつら?

第一、増毛というのは既存の髪に人工毛をくくりつけるので、既存の髪の毛がなくなればできなくなります。

また、カツラにしても常に人前ではかぶり続けなければなりません。しかも一生です。

そして、メンテナンスも必要ですから定期的にお金がかかります。

もうお分かりかと思いますが、かつらや増毛は根本的な薄毛解決になっていないのです。


一方、私がやった自毛植毛はどうでしょう。

自分の髪の毛を薄毛の部分に移植するので正真正銘自分の髪の毛が生えてきます。


側頭部、後頭部の禿げにくい毛根を採取して移植するので、ほぼ一生生え続けると言っていいでしょう。

頭頂部やM字が禿げている人でも側頭部、後頭部はまずハゲません。


自毛植毛から2経ちましたが、植毛前とは全然変わりました。しっかり髪の毛が生え続けています。

人生に明るい光が見えてきます。
自毛植毛2年経過後の写真






テーマ:
薄毛、ハゲに対する考え方は人それぞれです。

薄毛やハゲをまったく気にしない人もいれば、気になって悩んでしまう人もいる。

まったく気にしない人は問題ないですが、おそらく多くの人は口には出さなくても心のどこかで引け目を感じていることでしょう。

私は以前、ハゲたら坊主にすればいいだろう、と考えていました。

しかし、

実際リアルに髪の毛が薄くなってくると、坊主にするだけではハゲは隠せないことに気づきました。

ちょっと薄い程度なら短く坊主にすればほとんど目立ちませんが、かなり進行してくるといくら短くしても薄い部分が目立ってきます。

こうなると人目が気になって仕方ありません。

外に出るときは常に帽子をかぶり、薄毛がわからないようにしていました。

ただ、

その時はそれでしのげますが、

「あと何年かしたら確実にハゲる」

という漠然とした不安は消えませんでした。

すでに結婚して子供がいる方なら諦めもつくでしょう。

しかし、いま独身でこれから結婚もしたい、という方は悩みが深刻です。

しかも、年齢がまだ20代、30代だったらなおさらでしょう。

ですが、薄毛は対策を取ることでかなり防ぐことができます。

私自身は、実際に自毛植毛をしてプロペシアなどの薬を継続して飲み続けているおかげで、薄毛の悩みからはほぼ解消されました。

ただし、

無料ではないので、そこは検討の余地があります。

私は、髪の毛が薄い状態で何をやっても楽しめないと思い、自毛植毛を決断しました。

どんにいい車に乗っても、どんなに綺麗な彼女と歩いても、自分が薄毛だったら、、、

と思うと、どうしても納得できませんでした。

なので、車1台変えるくらいのお金を自毛植毛に投資したわけです。

詳しくはこちらで体験談を語っています。
自毛植毛を経験した成果とその後

テーマ:
自毛植毛はハゲている、あるいは薄い部分に生命力の強い耳の横や後頭部の髪の毛を移植して増毛する方法です。

ただ、自毛植毛さえすればそれで終わりではありません。

増毛したところは生え続けますが、元の髪の毛はハゲが進行していきます。

つまりAGA(男性型脱毛症)です。

それを食い止める必要があります。

そうでないと、せっかく自毛植毛したのに既存の髪の毛がハゲてしまったらまた隙間が目立ってしまい、自毛植毛した意味がなくなるからです。

それらを食い止めるのは、AGA(男性型脱毛症)の原因物質を阻害する必要があります。

現在は飲み薬はもちろん、つけ薬もかなり研究開発されています。

要するに育毛剤です。

最近の育毛剤にはAGA(男性型脱毛症)を阻害する成分も含まれているので、かなりの効果が期待できると言われています。

つけ薬なら身体的な副作用はほぼないといっていいでしょう。

こちらのレビューは参考になります。
BUBUKAを使ってみた評価と感想



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス