スカイレースの記録更新ができなかった要因としては前日の疲労と、水分が足りてなかったかなというくらいですね。


途中までは2018年の自身の記録を上回っていたので、どこから失速したのか分析してみます。


コースとしては25km 3000mD+-という、登りも下りもかなり激しいコースレイアウト。

稜線も意外と小刻みにアップダウンを繰り返し、ところどころよじ登る箇所もある、スピードに乗れない稜線。

見どころとしては兎峰という切り立った岩壁の上を走るところと、ゴーロと呼ばれる岩がゴロゴロと敷き詰められているダウンヒル。

国内で最も平均斜度のきついレースでしょう。



危険ポイント「兎峰」

SKYRACE分析

スタートから5kmは前日のバーティカルと全く同じコースを登っていきます。


2018年の通過は


45'27"


に対し、今回も45'27"


ちなみにこのタイムは今年のVKの3位相当にあたります。


ここから下塩尻のエイドまで稜線をつたいながら下っていきます。


下塩尻(約10.6km地点)通過タイム

2018年 1:20:12

今年 1:18:48(-1'24")


上塩尻(約13km地点)通過タイム

2018年 1:43:21

今年 1:44:34(+1'13")


下塩尻から上塩尻まで2.4kmで400mD+ 330mD-するのですが、ここは終盤を考えて脚を貯めたところですね。

この区間だけで言ったら2018年より2分36秒も遅い。

貯め過ぎです。


秋和(約16.4km地点)通過タイム

2018年 2:21:11

今年 2:23:31(+2'20")


さらに1分以上離されています。


太郎山山頂(約18.9km地点)通過タイム

2018年 2:52:40

今年 2:56:23(3'43")


2.5kmで660mD+の区間。無心で脚を動かす。

山頂手前の稜線に出るところまでは走って登ってこれたけど遂に歩いてしまう…


FINISH(約24km地点)

2018年 3:29:58 大会記録

今年 3:34:28(+4'30")


最後のバーティカルコースの逆走で約50秒遅れましたが、最後の登り、バーティカルで下るところだけで言うと1分09秒も遅れていました。

なのでバーティカル逆走のダウンヒルだけで言えば、19秒、2018年より速く下れていたことになります。

最後攣りながらもこれだけ下りを攻めれたのは良かったです。




世界選手権に向けての考察

2018年はコンバインドではなくスカイレースのみの出場でした。

この翌週、TransvulcaniaのVKで3位、24kmで大会記録を5分近く更新しての2位でした。

このときVKで5秒、24kmで9秒先着したのが、2016年の世界選手権をVK,SKYの二冠をしたStian Angermund-vik選手。ゼガマの大会記録保持者でもあります。

2018年は絶好調でしたね。

その後大怪我してその年の世界選手権は出れなかったのですが…


世界選手権は42km 2550mD+-のコース。

上田よりは長いけど登らない。

上田より走れるところが多いので、得意な登りだけじゃなく平地での走力も高めていかないと…