子供たちの輝きは宝

テーマ:

【vol.019】

 

「関わる全ての人たちが

笑顔で幸せに

輝ける社会を創る」

 

を使命に翔ける藤井俊二です

 

あなたの人生や仕事

がハッピーでありますように

 

昨日は、何度か登場している

 

「まさみん」

 

の筆文字授業のサポートに

草津小学校へ行ってきたで

 

10名ほどのサポーターとともに教室へ

 

 

まさみんの元気で明るい挨拶から始まった

 

相手は6年生

 

少年野球の監督をしているので

それなりに子供との接し方は問題ないはず

 

クラスの中には3人の野球少年がいた

 

やっぱり気になる(笑)

 

いよいよ始まり

4~5人一組のグループでワークをやる

 

俺がサポートについたグループ

 

4人のうち2人の目の前の子どもをみていた

 

2人の男の子

一人は野球少年

 

よっしゃ!何がかよう分からんけど

 

「野球」という共通言語のおかげで

すんなり入り込む

 

もう一人は中々寡黙で話しかけても

反応うすっ!

 

中々言葉も出てこない

 

「好きな言葉や

好きな科目

好きなマンガ

何でもええで!自由に書いてみ」

 

「歴史って書いてもいいですか?」

 

「ええやん!書き書き」

 

その子は歴史と書き始めた

 

書き始めたもののまだまだコミュニケーションがとれない

 

俺は腰をぐっとかがめて

同じ視線で一度ちょっとお手本を書いてみた

 

その子が

 

ニコって笑った

 

よっしゃーーー!

 

そこからその子は

 

「歴史」という二文字をひたすら書いた!!

 

他の子供たちもほんまに

みんな違ってて

難しい文や言葉を書いていた

 

ようこんな言葉知ってんな

よう調べてきたな

 

ほんま凄いわ

 

子供たちの輝くひとみは

全部違った個性

 

 

子供たちの輝きはほんまに宝や

 

担任の先生も素晴らしい先生やった

 

ほんまにステキなひと時を過ごすことができた

 

 

おまけ

 

野球少年の3人は

 

「一球一打」

「あきらめない」

「練習をあきらめない」

 

うん野球漬け!すんばらすぃ~(笑)

 

今日もスーパーミラクルハッピーな一日を!