【2018鷺沼クラス第20回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2018年10月16日(火) 16:40-20:05/フロンタウン鷺沼

 

■3・4年生クラス

指導者として完璧な練習ができることは少ないので、毎回、前回の課題を改善できるようにリベンジする気持ちで望んでいます。私としては、そのリベンジを毎回楽しんでいます。今日は初心者の生徒達にとっても経験者の生徒達にとっても、意味のある新しいパス練習を導入しました。良い練習の成果が見られて一安心です。限られた環境ではありますが、ラグビーパークでは広いコートと狭いコートと両方のゲームをさせるようにしています。広いスペースがあると確かに攻撃はやりやすいと思いますが狭いスペースでのスキルも大事ですからね。狭いコートで練習することは、実はデメリットだけではありません。鷺沼クラスの中学生は他のグランドの広いクラスの生徒達よりも狭いスペースでのスキルが高い傾向にあります。私としてはどのクラスでも同じメニューを提供していますが、グランド全体のスペースが狭いことで他のクラスよりも狭いコートで課題をやっていることが良い影響を与えていると感じています。とは言え、実際、私も広いコートで練習したいですが・・・。まあグランドは広くはできないので、狭いスペースでも、生徒達が向上できるように考えて行きます。

 

1、ダンボール&ポジショニング3対2

2、ストレッチ

3、カラーターン3対2

4、ゲーム(ワイド)⇄ゲーム(ショート)

5、ストレッチ


■5・6年生

今日は新しいパス練習をやりました。今日の練習はポジショニングや、キャッチ&パスの動作、ストレートランの意識、その後のサポートまでを身につけやすい練習です。5・6年生は数年間指導させてもらっている生徒もいますが、私の指導力不足もあり、まだ、全ての生徒がキャッチ&パスの基本動作を確実にマスターしているわけではありません。この練習は、その細かい点を私もチェックしながら、指導しやすいメニューなので継続したいと考えています。

 

1、ダンボール&ポジショニング3対2

2、ストレッチ

3、カラーターン3対2

4、ゲーム

5、ストレッチ

 

■中学生

連続攻撃をイメージできる新しいパス練習を導入しました。パスを投げること、さらにはパスをした後の次の動きまでを学べる練習です。どうしても無駄にボールを見て、次のプレーへの準備が遅くなる場合もあるのですが、この練習では自分の次の攻撃への準備に移行することも同時に学べるメニューです。その後は広いコートでゲームをしましたが、いつも以上に準備の意識が高まり、良い攻撃が見られました。

 

1、ダンボール&ポジショニング3対2

2、ストレッチ

3、カラーターン3対2

4、フェーズアタック

5、ゲーム

6、ストレッチ

 

メインコーチ 川合  

サポートコーチ 須方

RugbyParkJapanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります