2024年2月28日(水) 17:00-19:30/あおばスカイフィールド

 

今週末は神奈川県の小学6年生の最後の大会であるファイナルカップですね。ラグビーパークとして第1回目の大会から微力ながら協賛をさせていただいております。

 

先日、他の都道府県のミニラグビーの関係者の方とミニラグビーの大会についてお話をする機会がありました。その方の地域では、県単位で開催される小学6年生の最後の小さな大会が全国大会の予選大会になっているとのことで、どうしても勝てるメンバーしか試合に出しにくいと言っていました。まあ、みんなを出してはいけない訳ではありませんが、先に進むための決断として難しいのでしょうね。

 

その話を聞きながら神奈川県のファイナルカップは、全国大会の終了後の開催ということもあり、プレーヤーもコーチも保護者も、少しリラックスした雰囲気で小学生の最後の大会を楽しめる時期に開催しているなと感じました。

 

また、開催時期以外でもフレンドシップマッチという試合もあり、色々なレベルのプレーヤーにも試合に出る機会を提供しようとする大会運営者の方々の思いも感じます。

 

第1回から大会を観戦させていただいていますが、震災の際には福島県や岩手県を招待し、そこから交流が生まれ継続的に参加していたりと、本当に神奈川県のミニラグビー関係者の皆さんの思いが詰まった大会だと感じます。

 

全国大会も大きな目標として良いと思いますが、こういう小さな大会がたくさんあって、たくさんチャンピオンがいて、みんなが試合に出て、保護者の方もお子さんの頑張りを応援できる、そんな環境が増えていくと良いですね。

 

日曜日は応援に行かせてもらいます。

 

参加する皆さんは、仲間やコーチに皆さんとの最後の大会を楽しんでください。

 

 

ラグビー観戦について

週末のホンダヒートvsキヤノンの試合を観戦する方は、秩父宮ラグビー場でお会いしましょう!!

 

卒業生のヒョウマが顔を見せにきてくれました。

今日は卒業生で4月から大学生になるヒョウマ(相模原RS→天理)が顔を見せにきてくれました。小学4年生のカンタロウと従兄弟だったという新しい発見も!!怪我で一緒にプレーはできませんでしたがコーチのサポートをしてくれました。こうやってOB が来てくれるのは嬉しいですね。

 

 

 小学生

今日も全学年で一緒に練習しました。先週はお休み生徒も多かったので今日も練習は1対1をメインに行いました。その後はいつものワイドゲームを行いました。前回の練習では3年生があまり広いスペースを意識できませんでしたが、少しずつ改善が見られています。上級生と時間を過ごすことでさらに良くなっていくように感じます。4年生以上の生徒たちは、基本は良いプレーができています。今後、さらにループやクロスなどを活用できるようと良いので、今後、指導していきます。

 

・鬼ごっこ & 氷鬼

・ボールハンドリング

・ダイアモンド1対1

・スクエアー1対1

・連続1対1

・タッチアウト4対4

・ワイドゲーム

 

 中学生

1対1と新しい3対2の練習をしました。1対1と3対2の新しいメニューを行いました。これまでも、1対1と3対2は色々なメニューをやっています。どちらも一番、大事なことはゲインラインを超えて前に進むことです。ゲームでは様々な状況が生まれるので、今後も色々なパターンを学べるように新しいメニューも入れていきたいと思います。

 

・10回パス(キックあり)

・ハンドリング&ランパス

・マーカータッチ1対1

・ディフェンスムーブ3対2

・連続アタック

・ワイドゲーム

 

メインコーチ 川合 小森 

 

 

2024年2月27日(火) 16:30-19:30/フロンタウン鷺沼

 

今週末は神奈川県の小学6年生の最後の大会であるファイナルカップですね。ラグビーパークとして第1回目の大会から微力ながら協賛をさせていただいております。

 

先日、他の都道府県のミニラグビーの関係者の方とミニラグビーの大会についてお話をする機会がありました。その方の地域では、県単位で開催される小学6年生の最後の小さな大会が全国大会の予選大会になっているとのことで、どうしても勝てるメンバーしか試合に出しにくいと言っていました。まあ、みんなを出してはいけない訳ではありませんが、先に進むための決断として難しいのでしょうね。

 

その話を聞きながら神奈川県のファイナルカップは、全国大会の終了後の開催ということもあり、プレーヤーもコーチも保護者も、少しリラックスした雰囲気で小学生の最後の大会を楽しめる時期に開催しているなと感じました。

 

また、開催時期以外でもフレンドシップマッチという試合もあり、色々なレベルのプレーヤーにも試合に出る機会を提供しようとする大会運営者の方々の思いも感じます。

 

第1回から大会を観戦させていただいていますが、震災の際には福島県や岩手県を招待し、そこから交流が生まれ継続的に参加していたりと、本当に神奈川県のミニラグビー関係者の皆さんの思いが詰まった大会だと感じます。

 

全国大会も大きな目標として良いと思いますが、こういう小さな大会がたくさんあって、たくさんチャンピオンがいて、みんなが試合に出て、保護者の方もお子さんの頑張りを応援できる、そんな環境が増えていくと良いですね。

 

日曜日は応援に行かせてもらいます。

 

参加する皆さんは、仲間やコーチに皆さんとの最後の大会を楽しんでください。

 

 

ゲストが参加

今日は元トップレフリーの平林泰三さん、さらにコーチの勉強に杉浦さんが参加されました。

 

ラグビー観戦について

週末のホンダヒートvsキヤノンの試合を観戦する方は、秩父宮ラグビー場でお会いしましょう!!

 

 小学3・4年生クラス

最近、体調不良のお休みが多いですね。皆さん、季節の変わり目で気温の変化が激しいので気をつけましょうね。練習は先週に引き続き、1対1をやりました。先週は教育的指導が多い日でしたが、今回は何もなく進みました。日々、成長してくれていることを感じます。

 

・鬼ごっこ&氷鬼

・ハンドリング

・ダイアモンド1対1

・マーカータッチ4対4

・ゲーム

 

 5・6年生

こちらのクラスも1対1をメインに行いました。このメンバーでの練習も残りわずかです。最後まで楽しく時間を過ごしたいと思います。

 

・鬼ごっこ&氷鬼

・ハンドリング

・ダイアモンド1対1

・マーカータッチ4対4

・ゲーム

 

 中学生クラス

1対1と新しい3対2の練習をしました。1対1と3対2の新しいメニューを行いました。これまでも、1対1と3対2は色々なメニューをやっています。どちらも一番、大事なことはゲインラインを超えて前に進むことです。ゲームでは様々な状況が生まれるので、今後も色々なパターンを学べるように新しいメニューも入れていきたいと思います。

 

・鬼ごっこ&氷鬼

・ハンドリング

・マーカータッチ1対1

・ディフェンスムーブ3対2

・タッチアウト4対4

・ゲーム

 

メインコーチ 川合

2024年2月26日(月) 17:00-19:30/ミズノフットサルプラザ藤沢

 

今週末は神奈川県の小学6年生の最後の大会であるファイナルカップですね。ラグビーパークとして第1回目の大会から微力ながら協賛をさせていただいております。

 

先日、他の都道府県のミニラグビーの関係者の方とミニラグビーの大会についてお話をする機会がありました。その方の地域では、県単位で開催される小学6年生の最後の小さな大会が全国大会の予選大会になっているとのことで、どうしても勝てるメンバーしか試合に出しにくいと言っていました。まあ、みんなを出してはいけない訳ではありませんが、先に進むための決断として難しいのでしょうね。

 

その話を聞きながら神奈川県のファイナルカップは、全国大会の終了後の開催ということもあり、プレーヤーもコーチも保護者も、少しリラックスした雰囲気で小学生の最後の大会を楽しめる時期に開催しているなと感じました。

 

また、開催時期以外でもフレンドシップマッチという試合もあり、色々なレベルのプレーヤーにも試合に出る機会を提供しようとする大会運営者の方々の思いも感じます。

 

第1回から大会を観戦させていただいていますが、震災の際には福島県や岩手県を招待し、そこから交流が生まれ継続的に参加していたりと、本当に神奈川県のミニラグビー関係者の皆さんの思いが詰まった大会だと感じます。

 

全国大会も大きな目標として良いと思いますが、こういう小さな大会がたくさんあって、たくさんチャンピオンがいて、みんなが試合に出て、保護者の方もお子さんの頑張りを応援できる、そんな環境が増えていくと良いですね。

 

日曜日は応援に行かせてもらいます。

 

参加する皆さんは、仲間やコーチに皆さんとの最後の大会を楽しんでください。

 

 

 

 小学生

今日は新小学3年生が体験に来てくれました。最初はとても緊張していましたが、最後には笑顔で「楽しかった!」と言ってくれました。継続して参加してくれるに越したことはありませんが、例え、一期一会であったとしても、「楽しかった!」と言ってくれると、ホッとします。全体では1対1をテーマに練習しました。

 

小学3・4年生

全体練習のあとは5vs5のタッチしたディフェンスが抜けていくドリルをやりました。その後にワイドゲームをやりましたが、余っている時と余っていない時にどのようなプレーの選択をしたら上手くいくのか、説明を始める前にきちんと確認するべきでした。私の反省です。3年生は引きつけてパスする気持ちと実践の間合いが噛み合わず、勘のいい4年生にインターセプトされるという場面が間々見られました。そこは次の学年の課題としてやっていこうと思います。

 

小学5・6年生

全体練習のあとは、4vs4と5vs5を練習しました。今週末はファイナルカップについて小学6年生と話をしました。試合に出られる人、今回は仲間を応援する順番の人がいるようですね。公式戦の方でなく、フレンドシップマッチに出る生徒の皆さんもいるようですね。コーチとしては、どちらで試合に出ていても、変わらず応援していますよ。みんな仲間との最後の大会を楽しんですね。

 

・鬼ごっこ&氷鬼

・ボールハンドリング

・ダイアモンド1対1

・マーカータッチ1対1

・連続ステップ

・3・4年生・・・5vs5タッチアウト→ワイド

・5・6年生・・・5vs5タッチアウト→ワイド

 

 中学生

1対1と3対2の新しいメニューを行いました。これまでも、1対1と3対2は色々なメニューをやっています。どちらも一番、大事なことはゲインラインを超えて前に進むことです。ゲームでは様々な状況が生まれるので、今後も色々なパターンを学べるように新しいメニューも入れていきたいと思います。

 

・ウォーミングアップ(10回キックパス)

・マーカータッチ1対1

・ディフェンスチョイス3対2

・リアクションタッチ

・ワイドゲーム

 

メインコーチ 川合 小森