【2018横浜クラス第17回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2018年9月19日(水) 17:30-18:40/YC&AC

 

■小学3・4・5年生クラス

今回のクラスはアタックのサポートプレイを意識してもらえるようにトレーニングしました。はじめの4コーナータッチドリルはゲームの中でボールキャリアを助けてあげるサポートプレイヤーの動きが必要となります。どこに行けばボールをもらえるのか考えましょう。もちろんロングパススキルも必要となって来ます。今日のメインはステップからの2on1です。ボールキャリアがカットインした時に特にサポートプレイヤーが離れてしまうケースが見受けられました。キーポイントは「ボールキャリアと同じ動きをすること」です。そのためにはサポートプレイヤーも集中していなければいけません。もちろんボールキャリアもステップ
をした後にサポートを感じてパスをすることも大切です。これが出来るようになるとチームで前進ができるようになります。しばらく続けて取り組んでいきましょう。

1、4コーナータッチドリル
2、ストレッチ
3、ステップ1オン1(コーチDF)
4、ステップ2オン1(コーチDF、サポートプレイヤー意識)
5、ゲーム

 

小学生メインコーチ 小森


■小6・中学生クラス

前回の練習は広いコートでのゲームの時間が短くなってしまったので、今日はその時間がなくならないことを注意しながら進めました。最後のゲームでは小学生も中学生のゲームに参加させましたが、以前は中学生のパスをキャッチできないということが多くありましたが、今では、しっかりとキャッチできています。それもあり中学生のゲームに入っても十分にプレーできています。極論を言えば、ラグビーはパスができなくても、ボールを落とさずにキャッチできればゲームに参加できます。小学生のプレーを見ながらキャッチの大事さを再確認しました。

 

1、パステクニック

2、ランニングパス

3、3対2

4、3対3(レストのチームはSHパス)

5、6対6

 

中学生メインコーチ  川合

RugbyParkJapanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります