【2018藤沢クラス第15回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2018年9月3日(月) 16:45-20:30/ミズノフットサルプラザ藤沢
 

台風21号および北海道の地震で被害にあわれた皆様が、この困難を乗り越えられ、一日でも早く平穏な生活に戻れるよう、お祈りしております。

 

今年は猛烈な暑さもあり8月の夏期練習を中止にするという判断をさせていただきましたので、生徒たちとは1ヶ月半ぶりの再会でした。1ヶ月半の期間が空くことは、これまでなかったので、私も少し緊張していました。8月の中旬ぐらいから、9月の最初はどんな練習にしようかな?と色々と悩んでいました。ただ悩んでも、なかなかベストな練習が思い浮かばない日々が続いていました。そんな時、ふと「答えはプレーヤーの中にある」というフレーズが頭に浮かびました。考えてみれば、私が見ていない1ヶ月半の間に生徒のみんなはスクールのラグビー合宿に参加しレベルアップをしている中で、自分が自分のやりたい練習を考えていことが間違っていたということに気がつきました。そこで初回は「G-T-G」(ゲーム・トレーニング・ゲーム)という練習の流れとして、1ヶ月半ぶりの生徒たちの様子をゲームで観察することにしました。久しぶりの生徒たちは、みんなスキルが下がるどころかレベルアップしていました。「答えはプレーヤーの中にある」。初回から私も勉強させてもらいました。9月から所属ラグビースクールでの県大会も始まりますので、怪我の無いように注意しながら、新しい課題に挑戦して行こうと思います。

 

■3・4年生クラス

久しぶりに藤沢のグランドに到着。いつものように早く来た生徒がラグビーボールを取りに車に近づいて来ました。一回り大きくなっていることにびっくり。みんなスクスク成長していますね。練習は冒頭でお伝えしたように、ウォーミングアップ後はゲームから。スキルアップしていました。スクールの夏合宿の成果ですかね。ゲームのレベルが高かったので、その後は3対2の練習。4年生はさらにレベルをあげて3対3、4対3の練習。そして最後にまたゲーム。新しい課題として3年生は2対1を基本として3対2を、4年生は3対2を基本として3対3に取り組んで行きます。


1、スペースタッチ
2、ストレッチ

3、ゲーム4対4

4、3対2

5、ゲーム4対4

6、ストレッチ


■5・6年生

こちらのクラスも「G-T-G」。最初のゲームはリアクションタッチ、もう一つのゲームはワイドタッチ。このクラスの生徒たちもレベルアップしたプレーを見せてくれました。5年生は引き続き3対2、6年生はワイドなスペースでの3対2、4対3に取り組んで行きます。

 

1、スペースタッチ
2、ストレッチ

3、ゲーム(リアクション4対4)

4、3対2

5、ゲーム(ワイドタッチ4対4)

6、ストレッチ

 

■中学生

中学生はテスト期間の生徒が多く、お休みが多数。勉強も大事ですからね。当初はこちらのクラスも「G-T-G」の予定でしたが、

人数が少なかったので、急遽、練習内容をコミュニケーションに変更。今日は学年が混ざった練習だったので最初は自己紹介から。自己紹介でお互いの名前は覚えたものの中学生は恥ずかしさもあってか、なかなか声を出しませんね。自分のチームでは出してくれることを信じてますよ。中学生は引き続き、ロングパスと、それを活かしたワイドなスペースでの3対2や4対3に取り組んでいきます。

 

1、スペースタッチ

2、10回パス
2、ストレッチ

4、ワイド3対2

5、ゲーム(ワイドタッチ)

6、ストレッチ

 

メインコーチ 川合
アシステントコーチ 小森 

RugbyParkJapanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります