【2015藤沢クラス第24回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:
2015年11月23日(月) 17:00-20:30/ミズノフットサルプラザ藤沢

ラグビーパークは、全クラスとも年間で40回のレッスンを開催することを目標にしています。

基本は、所属ラグビースクールでの練習や試合がある祝日の開催はさけ、平日の開催を目指しています。藤沢クラスは、月曜日の祝日が多く、年間通して数回の祝日開催の日が出てしまいます。

今後、もし、ラグビースクールの練習や試合等と重なった場合は、ラグビーペークの参加については、各ご家庭でご判断下さい。

注意!!!!!
最近、忘れ物が非常に多いです。他の方も利用している施設なので、練習後の置き忘れた物については、明らかにラグビーパークの生徒のものをわかるものは持ち帰りますが、そうでないものについては、忘れ物として、我々が持ち帰ることができません。各自で、しっかりと確認してから帰りましょう。


■3・4年生クラス
今日は祝日ということもあり、お休みが多いかな?と思いましたが、ほとんどお休みもなく、通常通りのレッスンを行うことができました。練習は3対3などのゲームをメインに進めました。この年代の子どもたちのゲームは、仲間と協力することの面白さに目覚めていない生徒が多いので、大人数のゲームにすると、ある特定のプレーヤーだけがボールを持つ時間が増えます。大人しいプレーヤーは、なかなか、ボールに触れなかったりします。ラグビーパークとしては、積極的なプレーヤーには、その気持ちを尊重しながら、仲間と協力する楽しさを教えて、より良いプレーヤーへの成長をサポートします。また、大人しいプレーヤーにはボールに触れる機会を自分で増やす動きを伝えながら、ゲームの人数やルールを工夫をして、必然的にボールに触れる機会を増やす工夫をするようにしています。

1、クリアリングパスリレー
2、ストレッチ
3、ナンバー2対1⇄2対1(DFコーチ)
4、3対3オフロードゲーム
5、3対3リアクションゲーム
6、ストレッチ

■5・6年生
このクラスもお休みは少なく、いつも通りに練習しました。最近、よりゲームを楽しむためにパスの練習を継続しています。パスの練習というと、ボールを投げることに意識が向きいがちですが、実は、ボールを正しくキャッチすることが大事な動作になります。まだ、まだ、言わないとキャッチの際のハンズアップを忘れてしまう生徒も多いので、小学生の間には、完璧にしてあげられるように、コツコツ、やり続けます。

1、クリアリングパスリレー
2、ストレッチ
3、タバタ⇄3対2パス
4、ワイドゲーム
4、リアクションゲーム
5、ストレッチ

■中学生
中学生になると、週末のゲームで怪我をする生徒も増えます。怪我をしてもラグビーパークに参加してくれることは嬉しいことです。次の課題は、怪我をして、みんなと一緒に練習ができない時に、どのように時間を過ごすか?ということです。もし、上半身が使えないなら、下半身のトレーニングをする。下半身の怪我なら上半身を鍛える。一つの怪我で、すべてのトレーニングを停止してしまうのではなく、工夫してトレー二ングを継続することが大事です。ラグビーパークは、怪我人にも声をかけ、トレーニングへのサポートもしますが、無理にトレーニングをさせることはしません。怪我人で練習に参加する人は、ただ、ぼーっと練習のスペースにいても、風邪を引いてしまいますので、コーチにメニューの相談をするか、何か自分にできるメニューを考えるようにしましょう。

1、クリアリングパスゲーム
2、タバタ⇔3対2パス
3、ワイドタッチ
4、ストレッチ

メインコーチ 川合
アシスタントコーチ ロイ 

RugbyParkJapanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります