ワクワクと圧倒的な特別感・夫のオーダージャケット | Sサイズこそバランスがたいせつ。大人女子Shiの夢を叶える道のり。

Sサイズこそバランスがたいせつ。大人女子Shiの夢を叶える道のり。

40代大人女子Shiが、一発奮起!!
大人の女性のためのSサイズショップ「Ruby」を開店。アパレル、洋裁経験なしの私の日々の奮闘を正直に綴ります。

皆様、応援、よろしくお願いいたします。

数あるブログの中からご訪問いただきありがとうございます。

3月22日にリニューアルOPENしました! 「40歳からのSサイズワンピース専門店Ruby」の店主Shiです。

「歳をとってからでもやりたいことはできる!」

「後悔しない人生を送りたい!」をモット-にチャレンジしていくワタシを発信しています。
最近はオトシゴロで、体力、気力の波がありますが、それでも少しずつ進んでいます。

のプロフィールはこちら

 

 

 

こんばんは。

ただいま、リフレッシュ中のRubyの店主です。(まもなく、販売再開します)

以前から、「オーダーでジャケットを作りたい!」と言っていた夫が、とうとう動きました(笑)

先日、「一緒に行って」と頼まれたので行ってきました。

 

 

やっぱりなんかいいですねー。

ザワザワしていない空間で、その道のプロに指南してもらいながら、自分のための1着を作る。

サンプルのジャケットを何枚か着て、基本のサイズを決める。基本はこのサイズでいいけれど、袖に皺がよっているので、ここを直して、肩幅も調整して・・・とたくさんの箇所をチェックしてもらい、少しでも良くなるよう細かく修正。

イージーオーダーとオーダーの中間みたいな感じかな。

 

 

ボタンは水牛、前にいくつつけるか、袖のボタンはいくつにするか、縫い方はどうするか。

ジャケットの袖のボタンにもいろいろなつけ方があることを知りました。重ねボタンとかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

夫、計測中。

 

 

今回は、オールシーズン対応のものと、ツイードのジャケットを作りました。

こっちは、こういう風にしたので、もう片方は別のつけ方にしましょうか?などの提案もあり、元々オーダーとか大好きな私も興味津々でした。

 

ジャケットもソフトに見せたいか、きっちり見せたいか、少しラフに見せたいか・・それによって、生地はもちろんボタンや、縫い方も異なる。ボタンホールの色だって変えられる。もちろん選ぶものによってオプション、オプションと金額は上がっていくんですけど、せっかく作るので気にせず気に入ったものをセレクトしました。

 

 

 

私も勉強になりました。1日お店にいて色々教えてもらいたいぐらいでした。

 

 

 

オーダーって自分のためのこだわりの1着。

これって圧倒的な特別感。

市販のお店では味わえません。

 

 

私も、デザインやポケット、持ち手がカスタマイズできるようなバッグ屋さんとかが大好き。

 

 

うちのお店もリニューアル前の2015年のオープンから、フルオーダーではありませんが、オリジナルの洋服をなるべくお客様のサイズに合わせて製作することに拘ってきたのはこの「自分のための服」という特別感を味わっていただきたいので、今も続けています。

 

 

お買い物をする時、価格はもちろん重要です。

オーダーになるとやはり販売価格が上がります。

 

 

でも、市販服には感じられない「自分のためだけの一枚」という特別感を感じてもらうことができます。そして、その洋服を大切に扱うようになります。

 

オーダーで注文される方は「待ってる時間も楽しいです」と言ってくださる方が多いです。私もそれすっごくわかります。

 

今回の夫のジャケットも仕上がりが楽しみです。

 

 

 

そろそろ、リフレッシュ期間を終え、秋冬物のワンピース、刺繍ブローチの再販をスタートさせようと思っています。

またご案内しますね。どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

ワンピース気になる~!情報をいち早く欲しい!というお客様はご登録をお願いします。

Rubyリニューアル概要とLINE@配信内容はこちら。

お気軽にどうぞ。
 

友だち追加

 

instagram  shi8818  インスタ強化中。ご登録よろしくお願いします。

 

 

下記をぽちっと押して「Ruby」と「店主Shiのブログ」の応援をお願いいたします。ラブラブ 

 

  
ファッション(小さいサイズ) ブログランキング

にほんブログ村 ファッションブログ 小さいサイズへ
にほんブログ村