音程という茨の道を脱出するコツ | バイオリンを人生の友に♪名古屋市のバイオリン教室 「RISAバイオリン教室」

バイオリンを人生の友に♪名古屋市のバイオリン教室 「RISAバイオリン教室」

ケルン音大卒ヴァイオリニスト。演奏家として活動しながら名古屋市にて「RISAバイオリン教室」を主宰。本場ドイツで学んだ技術と自分の想いを音に乗せる表現力のバランスを重視した本格派オーダーメイドレッスンです


テーマ:

現役バイオリニストRISA先生の

オーダーメイドバイオリン教室


「RISAバイオリン教室」の瀧澤理紗です

 

 

 

先日のレッスンで音程のお話をしました!

image

 

バイオリンはピアノのように音が固定されていません

 

また同じ弦楽器でもギターのようにフレットがあるわけでもありませんので音を作ることから始めます

 

この正しい音をとる、というのはバイオリンを弾く者であれば誰しも通る茨の道とでも言いましょうか

 

ピアノやチューナーを使って練習するのですが

なかなか身につきません・・・

 

わたしもとっても苦労したクチです

 

でも、音程を取るのにもコツがあるんです!!

 

 

このコツを知っているのと知らないのでは大違いですよ!

 

それは・・・

 

全音と半音を意識すること!

 

 

簡単にピアノで考えて言うと半音は 

白い鍵盤と白い鍵盤との間に黒い鍵盤がないこと

 

⇒一番音の距離が短い

 

{CA2892FE-910F-44CE-92A9-095B684D781D:01}


対して全音は 白い鍵盤と白い鍵盤との間に黒い鍵盤があることです

半音の2つ分になる

 

{98E742E9-0578-443A-942C-686B9F3B9FA8:01}

 

つまり

 

てん半音だと、一番距離が短い音の幅なので

押さえる指の幅も狭く

 

てん全音だと半音2つ分の幅なのでそれだけ

指の幅も離れるわけなんですよ

 

このコツを押さえて次に出す音を頭でイメージして指を運ぶと、

かなり正確になっていきます

 

もちろん、出た音が正しいかどうか聞くのも大事ですよ

名古屋市緑区のバイオリン教室
「RISAバイオリン教室」です

宝石ブルーホームページ
宝石ブルー体験レッスンについて
宝石ブルーレッスン案内
宝石ブルーお問い合わせ

本場ドイツで学んだ技術と自分の想いを音に乗せる表現力のバランスを重視したレッスンを、

ひとりひとりの個性や目標にあわせてオーダーメイドで行います

 

ご演奏依頼もお待ちしています♡

ご依頼はこちらクリックご演奏依頼


アクセス
電車地下鉄桜通線「神沢駅」から徒歩7分
車名二環「鳴海インター」から車で3分

 

 

 

ポチっと応援していただけたら嬉しいです!ダウン


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

にほんブログ村

「RISAバイオリン教室」には西区、北区、守山区、東区、中区、千種区、天白区、名東区、昭和区、瑞穂区、熱田区、西区、中村区、南区、緑区、中川区、港区、豊明市、大府市、日進市、東海市、みよし市、鳴海、大高、有松、左京山、東郷、神沢、徳重から生徒さんにお越しいただいています

 

 

 

 

 

 

名古屋市「RISAバイオリン教室」瀧澤理紗さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。