「ライブハウスはミュージシャンを育てない...」という拡散しているブログに対しての見解 | ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

ベーシストの活動と平行して名古屋スクールオブミュージック&ダンス専門学校の教務部長も務める


テーマ:
ここ最近、フェイスブックのタイムラインで拡散している記事がある。

その記事を僕の知り合いやスタッフまでもシェアしているということで、気になって読んでみた。
http://ugayaclipping.blog.so-net.ne.jp/2009-07-23-10

あ~このブログは数年前にも拡散したことがあるやつじゃん。
若いバンドマンが短絡的に捉えて話題にするには面白い記事ではある。

僕自身もライブハウスを経営する以前に流し読みした時は「なるほど~」と納得した面もある。

そして、プロミュージシャンとして活動、サラリーマン→ライブハウス経営者というキャリアを通してこのブログを再度読むと.....
かなり捻れた分析だということがわかった。

この記事を結構頑張ってるベテランのミュージシャンがシェアしていたのを見て、僕は大変ショックを受けた。


ライブハウス経営者がこの記事に対する見解を書くことは非常に稀。

というか、大抵は相手にもしていないだろうけど、僕は自分のスタッフや常連の若い子がこういう記事に振り回されるのは気の毒なので、あえて見解を書きたいと思います。

文中に「バンドには「ノルマ」が課せられる。「チケット20枚売れ」=「客を呼ぶ努力はバンドが負担せよ」=「客の多寡にかかわらずバンドあたり4万円は店がいただく」。つまり身もフタもなく言ってしまえば「店がミュージシャンからカネを取る」って仕組みですね。」

まずこのブログには大きな前提が抜けている。

この話題はプロミュージシャン or アマチュアミュージシャンのどちらの視点だということである。

プロだったら、大抵のライブハウスが指定するチケットノルマの枚数は普通に売れると思うのです。
チケットノルマ100枚とかなく、大抵は15~20枚位でしょ。

それがプロとして動員の最低人数だと思っていれば、別になんの問題もないのだ。
そもそも、動員出来るバンドはこんなレベルの低いことは気にしない。
少なくとも俺はしたことない。

うちのライブハウスはノルマという形態は廃止した。
今は大抵はエントリーフィー15,000円でチケット1000円を20枚お渡しという感じ。
大体は4バンドの対バンで企画する。

ノルマといおうがエントリーフィーと言おうが、当店としては15,000円を保証してほしいということである。それの何が悪い。

次にアマチュアの場合に会場を使用してもらうのに、お金を取って何が悪いという話である。
こちらはボランティ団体ではありません。

場所・機材と時間、スタッフがそのバンドのために動くのであれば、その対価を頂くのは当然。
カラオケ屋がタダで貸してくれますか?

機材を買った値段、改装費、光熱費、人件費、家賃

僕は経営者ですから、経営にどんだけお金が掛かるか知っています。

アマチュアにノー・ノルマで出演させて、その日の動員が10人だけだったら、ドリンク入れても15,000~20,000円位しか売上ありません。
その中でエンジニアやバイトに報酬を払った時点で僕にも何も利益残りません。

そんなんで経営なんて無理です。

ニューヨークでも「bar」(日本のライブハウスに相当)で何度か演奏しましたが、お店が出演者に「出演料」を払いこそすれ、出演者からカネを取るなんてありえない。まったく逆です。

これもノルマ方式を否定する場合によく使う比喩です。
僕も海外(多分彼よりも)で沢山演奏をしてきましたが、文化が違うのだから仕方ないのです。

僕自身もライブハウスを欧米のような音楽文化にして行きたいとは思っています。


しかし、それはショップレベルでどうこう出来るレベルではなく、文化レベルの話なので、そう簡単に欧米のような仕組みにはなりません。
ですので、この例えを使って、ミュージシャンがノルマを課せられるのがおかしいといういうのは賛成できません。


ミュージシャンが客呼ぶように努力すりゃあいいじゃねえかって?馬鹿かねあんた。ミュージシャンの仕事はいい音楽を作ることであって、客を動員するのは仕事じゃない。そんなことは店の仕事だろうが。サボってモウケようとしなさんな、ライブハウス経営者のおっちゃんどもよ。  考えてもみてよ。どこの世界に「客を呼ぶことはウチの仕事じゃない」なんてぬかすレストランや食堂がありますかね。

これもミュージシャンサイドからすると非常に都合がよく聞こえて賛同したくなるのだと思いますが、僕もプロミュージシャンだった立場からすると、「ミュージシャンの仕事はいい音楽を作ること」でもあり、「客を動員する仕事でもある」のです。

確かにライブハウスも動員を一緒に協力します。
僕自身もそうだと思いますが、ミュージシャンは良い音楽を作ることに傾注して集客をしなくてもいいというのは大変乱暴な意見ではないでしょうか。

ミュージシャンというのは様々な側面があります。

アートを追求している。

商業的な成功を目指している。

ライブハウスに出演される人は大抵は「趣味」か「商業的な成功を目指している人」でしょう。

商業的な成功を求めていて、自分達は良い音楽を作っていればいいのだという考え方は非常に危険です。

いや、そう考えてもいいけど、そういう人達は残念ながら商業的に成功出来ないだけです。

僕はこのブログの書いてあることも、ある人の考え方なので、こういう考え方もあるという風に納得はします。

ただ、僕自身とは全く考え方が違います。

僕自身は結局「勝ち組」「負け組」のどちらかしかなく、人の考え方は自由なので色々な理由を探してライブハウスを否定したり、音楽業界を否定してもいいと思います。

しかし世の中には成功している人と不成功な人が存在します。

こういう世の中であっても、ライブハウスがもしも否があったとしても、結局勝ち組の人はそんなこと関係なく、ライブハウスを踏み台にして登っていくし、負け組は何時の時代も欧米はこうだ! ライブハウスの仕込みが悪い! 業界がわかっていないと言い訳を探すのです。


僕自身はライブハウスに育てられたミュージシャンではありません。

むしろライブハウスで対バンもしたくないし、ワンマンで楽屋もゆったりと使ったアーティストになりたい一心でどうやって自分のアーティストの価値をつくるか考えつづけました。


そんな自分が理想とするライブハウスを作りたいと思って、毎日勉強を続けています。


ライブハウス オクトパスはボランティア団体ではないので、ビジネスを追求します。
資本主義で利益を追求して何が悪い。

だけど、僕は生きたお金を頂きたいので、お客様からお金を頂く為に日々それに見合う仕事をしよう、環境を提供しようと思って仕事をしています。

はっきりいって、こういう記事を拡散して、あーだこーだと言っても全く意味がない。

このブログの作者がライブハウスのアドバイザーでも経営コンサルタントでもすればいいのです。そうすれば、もっと良い音楽環境になるのでは?? 
やってみればと思う。ぜひっ! 
どこかライブハウスをコンサルティングをして成功事例を作ってほしい。


僕はネットであーでもないこーでもないという机上の空論は語りません。
自分でライブハウス経営をしているし、実際にそれで生きています。

だから書く権利もいるし、僕の考えに賛同出来なくて、このブログの内容に賛同するならば、自分達でライブハウスに出なくていい活動を考えてください。

オクトパスに出てくれなくてもいいです。

活動するフィールドや方法論を自分達で作ってください。

こういうのを拡散して喜んで、結局ライブハウスに出ているのでは性根が座っていないと思います。

これを拡散する人はそれを覚悟で活動をすればいいと思います。

僕はライブハウスを経営することに誇りを持っていますし、お客様やアーティストに感動をしてもらって、その対価を頂いてこれからも生きていきます。

こういう記事は頑張っているミュージシャンは書かないし、気にも留めないでしょう。

こういう記事に心が動かされたり、動揺をしてしまう心のなかにこそ問題の本質があると思います。

若いミュージシャン達はこんな文章に心を動揺させてはいけません。
そんな暇があったら練習すべきですし、プロモーションに傾注したほうがいいです。

皆さんはどうお考えでしょうか。

Keisuke Nishimotoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ