ROOTSのブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

食育セミナー!

いよいよ今週末に迫った食育セミナー。

基本的にKIDSクラスの保護者様を中心に行いますが、興味のある方はどなたでも大歓迎です。
なるべく多くの方に参加していただきたいですね。

今回の内容は栄養学の基本です。
難しい話ではありません。
ただ、基本を知っていなければ、その先には進めないんですね。
今回は基本という事にしているので、成長期の子供と保護者向けという感じにしていますが、今後はアスリート用の栄養学にも段階を踏んで進んで行くつもりです。
なので、基本を押さえておくためにもKIDSクラスの保護者以外の人達にも今回のセミナーは受けておいて欲しい。

キレイに痩せたいとか、強くなりたいとか、ROOTSに通う会員の皆さんの目的や目標は人それぞれだと思います。
それがどんな目的だとしても、食事に対する意識や、栄養に関する知識があるのと無いのとでは、全然結果が違います。

ただ体重が落ちただけで、やつれて見えたり、老けて見えたりするなら美しくはないですよね?
偏った食事で体重を減らしたとしても、試合では力が入らず、スタミナも無く、良いところ無く負けてしまったら、なんの為の減量だったのか意味が分からないですよね?
それが望んだ結果なんですか?
しかも、リバウンドなんかしてたら最悪じゃないですか。
食べたい物を我慢していたあのストレスは何だったのか?って思いません?

しっかり食事をしてキレイに見える方が素敵だし、ちゃんと食事を取って練習をすれば体重は落ちるし、その結果、試合で良いパフォーマンスを発揮できるという方が理想的だと思います。

その為にも栄養学の基本を押さえて欲しいんです!

今回来てくれる管理栄養士の先生は、普段は大学のアメフト部の栄養指導を行っています。
そして、来年開催される東京オリンピックでは、食事の面でオリンピックをサポートすることが決まっています。

セミナーの後半には質問タイムを設けるので、栄養に関する質問等があれば、その時に何でも聞いてみてください。

こういった機会はなかなか無いので、是非皆さんに参加していただきたいと思います。


~栄養コンディショニング講話~
【スポーツキッズのための食育】

スポーツを頑張る成長期のお子さんの「食生活と栄養学の基本」を簡単に説明いたします。

日時:7月27日(土)
10時30分~12時

場所:当ジムにて

料金:500円

持ち物:筆記用具





よもぎ蒸し

28日(日)に行う月に一度の「よもぎ蒸しサロン・アンジョン」様による出張よもぎ蒸し。

好評につき、毎回満席で、今回も予約が埋まっております。

…が、しかし、急遽キャンセルが1件出ましたあせる

チャンスですよ!?

興味のある方はこの機会に是非よもぎ蒸しの効果を体感してください!

【出張よもぎ蒸し】

◇日時:7月28日(日)
 
①10時00分  ※予約済
②11時30分 ※予約済
③13時00分  ※予約済
④14時30分   1件空き
 
 ※キャンセル待ち受付中
 
◇料金:4500円/ペア割8000円
 
 申し込みはお早めに!!



ハンドラップ

1週間前の出来事なのですが「ハンドラップ講習会」というのに参加してきました。


既にインスタやfacebookには投稿しましたが、ハンドラップとは何かというと、試合用のバンテージの事です。


もう何年も第一線の現場からは離れているので、最新の情報を知っておきたかったんです。

個人的にバンテージの巻き方は「タイ式」と「ラスベガス式」という感じで、大きく2つに分けて考えていました。
※勝手に自分の中で付けていた名称のなので、正式名ではありません。

この講習会でやったのは、拳の保護を目的とした「ラスベガス式」の方でした。


KrushやK-1などはこの巻き方です。
現在のルールでは、攻撃性を重視した「タイ式」の巻き方は反則になってしまう団体が多いんです。

新しく入った会員さんに、バンテージの巻き方を教えながら巻いてあげることはあるけれど、こんなに本気でバンテージを巻いたのは久しぶりでした。
でも、講師の方に「上手ですね!」と、褒めてもらえましたよ爆笑
しばらく巻いてなくても、手は覚えていてくれたようです。

まぁ、試合用のバンテージは、数え切れない程選手達に巻いてきましたからね。

自分の巻き方の確認にはなったので、この講習会は参加して良かったなと思っています。

ただ、個人的には「タイ式」の方が巻き甲斐があるんですよね。
以前は、どうやって巻けばもっと硬くできるかを工夫していました。
グローブが昔よりも小さくなったり、ルールが変わったりして、もうタイ式を巻く機会は無いのかなと思うと少し寂しくなります。

でも、もし、そんな機会があった時には、ちゃんと出来るように、腕は錆び付かせないようにしておこうと思います。








1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>