ROOTSのブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ヨガでした!

昨日は月に一度のヨガの日でした。


昨日はBASICヨガだったので、基本的なポーズをゆっくり行いました。


チャレンジポーズも1つ入ります。


男性陣にはこのポーズはキツイですねあせる


初参加の方もいましたが、初めてヨガをやる方や、まだ慣れていない方にも入りやすい内容だったと思います。


強度や難度はその都度調節してくれるので、どなたでも無理なく行えます。


1時間のクラスは、あっという間に終了です。


最後は恒例の記念撮影。
今月も良い画が撮れました!

インストラクターの谷澤さんが考えてくれます。

先月のも評判良かったです↓


最後に谷澤さんから嬉しい報告がありました。
来月か、再来月で谷澤さんは産休に入ることになったんです。

谷澤さんが来れなくなるのは残念ですが、良いニュースを聞けました。

産休に入る前に、是非谷澤さんのレッスンを受けに来てください。

次回は「やさしいフローヨガ」です。
昨日のBASICヨガよりも立位のポーズが少ないので、初心者や未経験者、体の硬い人でも参加しやすくなっています。


匹見便り215

 
 
【 おこぼれ 】
 
 
先日、家に帰ると荷物が届いていた。
 
宛名を見みると、奄美にいる友人(以前、匹見便りにも書いたが、匹見の元地域おこし協力隊員)からだった。
 
妻が
 
「コウジ君達から荷物届いとるよ~。バナナらしいよ~。」
 
と言った。
 
バナナ?
 
スーパーに売っているようなバナナかと思っていたが、開けてみるとまぁ~ビックリ!!
 


 
THE・バナナ!!
 
 
こんなの初めて見た。
 
なにやら、庭にバナナの木があり移住して初めて実をつけたらしい。
 
 
黄色くなるまで、しばらくのあいだ吊るしておけとの事。
 


早く黄色くなれなれ!黄色くなれ!!
 


 湟川満正

ROOTS CUPを振り返ります②

引き続き先日開催されたROOTSCUP2021を振り返ります。

 
第四試合は佐々木vs稜麻。
 
 
大学受験に専念する為にジムに来ていなかった稜麻ですが、今回のROOTS CUPで久々の登場です。
練習には来れていませんでしたが、このルールならトーナメントの優勝候補最有力だと思っていました。
しかし、参加人数が少なく、トーナメントが組めなかったため、急きょエントリーしていなかった佐々木に相手をお願いしてワンマッチを組みました。

緊急参戦してくれた佐々木は、前回のROOTSCUPで一晴を破った実績を持つ誰もが認める実力者です。
この試合を組めたことが、今回の収穫だと思っていました。

二人とも、もう少し練習に来れていれば顔面パンチ有りのルールでやらせたかったところです。
 
 
 しかし、試合はお互いが警戒しすぎていたせいか、あまり噛み合わずあせる

 
年末に第一子が産まれ、父親になったばかりの佐々木が、このルールでも盤石の強さを見せて勝利。

稜麻は、一度も練習に来れなくて、ぶっつけ本番で試合に挑んだということもあり、動きに精彩を欠いた印象です。

稜麻も佐々木も本来の動きが出来ていなかったので、またいつか、顔面パンチ有りのルールで再戦させたいなと思っています。

 
そして、メインの赤松vs相馬の一戦。

この二人の為にROOTSCUPを開催したと言っても過言ではありません。

 
この試合のみ、顔面パンチ有りのルールで行いました。

この日の為に、栄養士の指導を受け減量をしてきた赤松。
計量ではリミットの70kgジャストでした。
これには驚きました。

こんなに上手に減量をした人は見たことがない。
しっかりと食べて空腹感もなく、身体はエネルギー満タンなのに体重は落ちているという、まさに理想的な「強くなる減量」です。

試合ではコンディションの良さを感じさせる動きを見せていました。

 
赤松と相馬は、この試合に向けて3回スパーリングを行いましたが、3回のうち2回は相馬が赤松をKOしていました。
1回はパンチの連打で、もう1回はハイキックでした。

相性というのもあると思いますが、相馬は当て勘が良いのと、力まずにスムーズにコンビネーションを出せるんです。
だから、パンチでもキックでも倒せるんですね。

赤松は相馬への苦手意識もあったのではないかなと想像しています。


試合は開始直後からお互いに一歩も譲らない熱い打ち合いとなりました。

二人とも動きにキレがあり、勝ちたいという気持ちが前面に出ていて、とても良い試合です。

激しく攻防が入れ替わるスリリングな展開で、試合時間の2分間はあっという間に終わりました。

2ラウンドか、3ラウンド制にすれば良かったと後悔したほどです。

もっと観ていたかった。


判定を待つ二人の表情が良いですね。

 
判定は2ー1で相馬に軍杯が上がりました。

事前にジャッジの3名には、ドローは無しでマストで付けてくれと伝えてあったんです。
たぶん、それが無ければ全員ドローにしていたと思います。
それくらい難しい判定でした。

 
この日は、何度も涙腺が崩壊しそうになるのを堪えていました。

特に、このメインの試合はヤバかったですね。
ヤバいとか、そんな言葉を使うと語彙力が無いのがバレてしまうので、極力使いたくないのですがあせる

この試合はヤバかった!
もう、他の言葉が出てこない。

緊急事態宣言下ということもあり、世の中心が暗くなるようなニュースばかりですが、年明けからこの試合迄の日々は、ROOTSCUPに参戦する選手達が中心となりROOTSは活気に溢れていました。
お陰で充実した毎日を送れました。

様々な想いが胸の中で交錯して、涙が溢れるのを堪えるので必死でした。

今後の成長が楽しみな人や、着実に成長している姿を見せてくれた人、そしてROOTSを盛り上げる為に身体を張ってくれた人達。

この感動は忘れないよ。


ありがとう。





1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>