jijiの発達障害人生♪

jijiの発達障害人生♪

ASD・ADHDである私が、躓いたり試行錯誤しながら「どうすれば楽に生きられるのか」自分や家族の経験をお話します。
誰かのお役に立てたらいいな。

人はエネルギーそのもの。

 

流れ方で、今の状態が分かります。

 

綺麗に循環している人

 

あちこちエネルギーを放出している人

 

流れがつまってしまっている人

 

自分の中に溜め込んでいる人

 

流れを整えれば

 

自分自身も整い

 

周りへの影響も変わります。

 

エネルギーの流れは

 

それだけ強くて大切。

 

男性と女性では

 

圧倒的に女性のエネルギーの方が強大です。

 

今まで男性で

 

女性のような強いエネルギーを感じた人は

 

1人もいません。

 

女性ってすごいですね。

 

2年前に書いた

 

”巨大なエネルギー”の記事です。

 

参考にどうぞ!

 

 

2年ぶりに福井県あわら市教育委員会から

講演会講師の依頼をいただきました爆  笑

当初はあわら市へ伺っての講演予定でしたが、

福井県は県独自基準の

コロナ感染拡大警報が発令され

あわら市でも

イベントの中止

参集型の会議や研修会を行わないなど

感染防止対策を徹底し、

警戒を強めていくことになったため

オンライン研修会に変更となりましたパー

期日は5月10日(月)午後14時から、

研修内容は

「気がかりな子どもへの効果的な支援について」ビックリマーク

あわら市の学校関係者の皆様

 

直接お会いすることは出来ませんが

Zoomでお会いするのを楽しみにしていますニコニコ

「線の上をまっすぐに歩いてみましょう」

と言ってもフラフラして上手に歩けない。

線からはみ出してしまってまっすぐに歩けない。

 

感覚統合が原因かも知れませんね。

簡単な方法を試してみましょう。

水の入ったペットボトルや

厚めの本数冊(子どもにはちょっと重いと感じる物)を持って

同じように線の上を歩いてみる。

足の裏に重さを感じることで

まっすぐに歩くことが出来るかもしれません。

それが出来る子どもには

子ども用の足低板(インソール)を

作ってあげる方法もあります。

病院でお医者さんに処方してもらえば

保険適応で作れます。

まっすぐ歩けないのは

子どもにとってもストレスです。

ストレスは少しでも減らしてあげたいですね。

発達に課題のある子どもには

 

運動神経だけでなく

目で物を追う力も大切です。

 

風船バレーで目のトレーニング。


風船なら当たっても平気!

楽しく遊べます。


ゆっくり落ちてくる風船なら

目も追いつき手も触れられます。

時々強く打ってあげて

早い風船に慣れるように練習しましょう。

 

悩みや問題は誰にでもあります。

 

でも、それをどう捉えるかで解決方法も変わりますね。

 

悩み解決のスタンスを身に付けましょう。

 

Facebookに動画をあげました。

 

良かったら見てください。