スピリチュアルな日々

スピリチュアルな日々

いま世界が変わる、全てが変わる。

このところウクライナ戦争はロシアの攻勢が続き、ウクライナは退却して被害を抑え、ロシアの大攻勢に備えているようすです。

西側から戦車の供与が話題になっています。

戦車は詳しくないのでありますが、装甲は鋼鉄だけではなく、熱に強いセラミックなど挟んでいるくらいは存じています。

アメリカ軍のⅯ1エイブラムスは加えて劣化ウランが装甲されていると、今回の騒ぎで知りました。

 

ウランの核分裂反応を用いて膨大なエネルギーを兵器に使います。

核分裂を起こしやすいのはウランの中でも陽子と中性子の数が235個のもので、ウランを遠心分離器にかけて0.72%だけ抽出できるのであります。

残りの99.28%は陽子と中性子の数が328個の安定したもので、劣化ウランと呼ばれています。

安定とはいえもう一つ中性子をぶつければ不安定になります。

熱に強いので装甲に使用しているのでしょうが‥‥。

ウクライナに供与するには劣化ウランの装甲を違うものに変更する必要があるので時間がかかるらしい。

 

そういえば先日高浜原発の中性子が急減して停止したようですが、何があったのでしょうね。

 

90式戦車。西側の戦車は大きな砲塔の中に砲弾を格納して装甲しています

ロシアの戦車は車体後部に格納しています、だから砲塔が小さい。上から砲弾が落ちてくるとエンジンなどあるので装甲が薄く貫いてしまい、格納してある砲弾の誘爆を招いてしまいます。そのとき小さな砲塔を高々と吹き飛ばすのであります。

それを西側戦車兵は「びっくり箱」と呼ぶそうです。

 

色々な方のお話を伺ううちにあることに気が付きました。

極度の発達障害。 rockwellの母親は強度のアスペルガーでありますが、同じような症状の人間が思いのほか多いのです。

 

いま目に入っているものしか概念にない。横を向いてしまうと概念から外れてしまう。

rockwellの母親など、巣から落ちた雛への概念が消滅しまう親鳥のようなものであります。

おまけに想像力も欠落しているので、判断を求められるとフリーズして拒否反応しかできない。

雛ではなく人間の場合、まだ助かる可能性はありますが、それでも食べるものも着る物なく、病になっても放置されるのでかなり生存に厳しい。

まともなコミュニケーションなど存在できません。

 

太古の昔、こんな能力で生存できたのだろうか。たぶん鳥の雛並みなのでしょう。

何らかの保護が無ければDNAの拡大は困難だったのではなかろうか。

人間には「社会」という集団生存システムが機能しています。

そのシステムは多くの生存を助けたのでした。

そして新たにカサブランカ症候群が生まれるのであります。

 

 

 

アメリカの海兵隊がグァムに新基地を発足させたニュースがありました。

もともと沖縄にあった海兵隊を県外に移したものですから、ずいぶん以前に計画されたものです。

沖縄の負担を減少させるべく、少しづつでも縮小と移動をアメリカと話し合い、アメリカは中国の脅威からの負担を減らすべく、軍事資産を後方に移す作業のニーズが一致したものですが、ある首相が「沖縄からアメリカ軍をなくす」と言い出したことから物事が面倒な方向にいってしまいました。

見えないところで中国の意向が具現化しているのでしょうが、あくまで表面にはでてまいりません。

 

ところで数年ぶりにグァム島をGooglemapで見ると、南部の山にあった打ち捨てられた大規模な地対空ミサイルサイトがきれいに地下化されている。

中国もグァムを潰す訓練を頻繁におこなっていますが、対応する地対空ミサイルや、おそらく長射程ミサイルも地下基地化しているのでしょう。

ウクライナばかりに気を捉われていると、足元の動きに気が付きません。

 

同じ日に同じ苗字の人が訪ねてくることは、お客を迎える仕事なら珍しくないでしょう。

ただあまり世間に多くない苗字の方が訪ねてくれば、お身内かご親戚と考えてしまいます。

 

カミサンのスピリチュアルカウンセリングでは時々あるのです。

まるで関係がない同じ苗字の方が、同じ日に別々に予約をいれてくることが。

そのなかでもあまりに聞いたことのない苗字の方が同日予約なさったことがありました。

風流な苗字なので覚えていますが、そうなるとどうして関係がないのか不思議なくらいです。当然ご本人たちも、「何を言っているのか理解不能」なわけです。

 

同じ県の方ばかりの日や、子連ればかりの日、男性ばかりの日、ジェンダーばかりの日、そんな日があるのですよ。

 

 

 

座敷わらしホセ君たちの勉強が変化してきたようです。

むずかしい問題をグループ全員で考え、皆で理解するやりかたになってきました。

 

今回具体的には二点から星の位置を計測して距離を計算する。

三角測量だと思いますが、これを全員が理解するのであります。

 

ホセ君は補修だの落第などないので助かるのですが、理解段階で‥‥となってしまう。

仕方がない。

 

 

森元総理がまた余計な言葉を吐いてしまいました。

「ロシアが負けるわけない」だから「ウクライナにあまり入れ込むな」

勝馬に乗れと言うにしては、ボケたお言葉であります。

 

ロシアの侵略は専制主義対民主主義の構図になっており、ロシアが領土拡大に成功すれば専制主義国家が勢いづいて、あちらこちらで侵略が始まること請け合い。

日本の近くでは中国が台湾を武力攻撃する可能性を高める状態に陥るのです。

 

森氏は鈴木宗男氏と同様にロシア新派、つまりロシアから利益を得ているわけであります。その立場を利用して案外反対意見を展開させて世論を動かすような手段を用いっているのかもしれませんが、それにしてもボケかたが大きなリスクを抱えすぎてしまう。

 

もうお年寄りには退場してもらったほうがよろしいかと‥‥。

 

 

 

座敷わらしのホセ君が学校に行きました。

直前までサッカーの練習をしていました、かなり熱が入っています。

 

最近サラダを「草」と呼び、食べるのが遅いホセ君。

どうやらグループ仲間男子みんなで「草」と呼んで箸が遅いらしい。(欧米は箸じゃありませんが)

学校でもそれをやるものだから先生に怒られている。

最近態度が悪くなっている連中ですから少し怒られればいいのであります。

 

 

とうとうドイツがレオパルト戦車をウクライナに供与することに合意しました。

これに合わせて?アメリカもⅯ1エイブラムス戦車を供与を決定。

中立国スイスが弾薬など供与を決定。

 

なんだか風雲急を告げているようです。

ロシアの大々的な攻撃が近づいているのかもしれません。

ロシアは脅しますが、これまで自らエスカレートさせてきたので効き目がありません。

前に申し上げましたが、ロシアの終わりの始まりかもしれません。

その後は草刈り場になってしまう可能性が高い。

 

 

 

 

ロシアの軍事企業ワグネルが、残虐な戦闘でウクライナ軍を圧している状況の中、アメリカは新規機材とその訓練が終了するまでウクライナ軍に反抗はしないよう抑えているらしい。

そんな話がでるようなら、既に訓練も終わっているのかもしれません。

 

ところでNATOではドイツの戦車レオパルト2のウクライナ供出を促がす運動が盛んです。

ドイツはどうしてもロシアに忖度する立場ですから、強力な武器をウクライナに渡すことは避けているのです。周囲としてはいい加減ロシアと切れろと言っているのですが、簡単にはいかないようです。

 

ところでレオパルト2は世界一の戦車としてみられていますが、どうなのかと戦車に詳しくないrockwellですがちょっと興味を持ちました。

1500馬力ディーゼルエンジンに120㎜滑空砲装備は、昨今の戦車の標準ですが強力です。

アメリカのⅯ1戦車も強力ですが、動力がガスタービン、つまりジェットエンジンで1500馬力。空を飛ぶわけではありませんが強力です。しかし燃料の種類が違う上に燃費が悪いく、ウクライナでは整備がむずかしいといわれています。

70tもあるレオパルト2。

120㎜滑空砲と強力な装甲ですから重たくなってしまうのですが、時速70㎞で走ります。同じ120㎜滑空砲を搭載した日本の10式戦車は45tくらいですからどうなっているのかと思ちゃいます。

今の戦車はデジタルですし分からないですね。

戦車の時代は終わったなどといわれていましたが、まだ有効ですね。

日本の90式も120㎜滑空砲搭載で50tです。

 

 

 

5回目のコロナワクチンを打ってまいりました。

座敷わらしのホセが嬉しそうについてくる。

人が注射を痛がるのがこの上ない喜びらしい。

変な奴だ。

 

そういえばそろそろ学校に行く頃です。

今回スポーツリーダーはサッカーを取り上げるようです、ワールドカップの盛り上がりで

反対の声が上がりにくいのがよい点であります。