こんにちは。梓みきおです。今回は「自律ビーチフラッグ競技」を紹介します。

 ビーチフラッグって、ご存じですか?

 後ろ向き&うつぶせに寝た状態から合図と共に立ち上がり、振り返って離れたところにある人数より少ない旗を獲り合う競技です。元々はライフセーバーの方が鍛錬として行っていた競技で、近年はスポーツ選手がテレビ番組でチャレンジしていたりもします。

 コレをモチーフにした競技を、ロボットで、しかも「自律」で行います。

 


 おっと。「自律」ってナニ? という説明をしないとわかりにくいですね。ざっくり簡単にロボット競技で「自律」と言うのは、「ロボットが自分で判断して動いている」ことを表しています。つまり「人が操縦していないのに動く」!

 オモチャでも操縦していないのに動くものがありますが、「自律ロボット」はロボットに取り付けられた様々なセンサーを駆使してまわりの情報を知り、ロボット自身が判断して動きを変えられるのです。この競技では、ロボットは旗の代わりに立っているパイロンを見つけて近づき、先に触れた方が勝ちなのですが、旗に触れる前に「旗を見つけた!」という合図をしなくちゃいけません。スタートから一か八かで旗を目指して動くオモチャではできない競技なんですね。

 

 

 そして、ビーチフラッグ競技には「二足歩行クラス」と「多脚クラス」があるのも特徴です。前回までの記事でも解説しましたが、二足歩行ロボットって、歩くだけでも大変なんです。そのうえ大変に「自律」まで課題にしちゃったら、できる人は限られちゃう、ということで、足が3本以上のロボットによる「多脚クラス」も設けています。足が増えると、転ぶ確率が格段に減りますからね。

 人間の目から見ればパイロンははっきり見えていますし、どれくらいの距離なのかもわかりますから、はたで見ているともどかしい気持ちになることも多々あります。制作者もスタートの合図をロボットに送ったあとは、見守ることしかできません。

 だからこそ、うまく行ったときの喜びや観客の皆さんの盛り上がりは抜群の競技ですね。自律ロボットの競技会は意外と限られているので、その意味でもロボット制作者の方におすすめしたい競技です。

 予選はタイム競技、決勝は1on1の対戦競技となるので、大会ごとに勝負のあやが生まれるのも見どころ。

 ロボット・アスリートCUPは11月25・26の2日間で開催されます。25日が「多脚クラス」、26日が「二足歩行クラス」です。小田急線本厚木駅から徒歩5分の「アミューあつぎ」で開かれるので、参加・観戦をお待ちしています。詳細はホームページで!

ロボット・アスリートCUPホームページ
http://www.robotyuenchi.com/athlete-cup2017_2.html

 

AD

府中テクノフェアご報告

テーマ:

こんにちは。

ロボットゆうえんちの薬師寺です。

 

本日は府中テクノフェアのご報告を。

14日に府中市市民会館にて行われました府中テクノフェアに参加してまいりました。

ロボットゆうえんちはサッカーとジャンピングスーモ、バトルの体験操縦、ステージ、工作教室を行ってまいりました。

 

 

こちらは工作教室の会場の様子です。

当日はあいにくの雨・・・でしたが工作教室は満員御礼でした。

 

 

また、体験操縦やステージも、雨の中にも関わらず沢山のお客様にお越しいただき、体験して頂きました。

 

次は晴れの日にやれるといいですね~。

 

それではまた

 

薬師寺

AD

 こんにちは。梓みきおです。今回からロボット・アスリートCUPで行われる競技を紹介していきます。

 まず紹介するのは、ロボット・アスリートCUPの中でも最もシンプルな競技「無線5m走」です。

 

 

 読んでそのまま、パンチカーペット上に設定された直線5mを二足歩行ロボットで走って、いちばん早く走った人が優勝、というものです。タイトルに「走れ?!」と書きましたが、ロボットを「走らせる」のは……ちょっと大変なので、「徒競走」のイメージですね。

 「ただまっすぐの徒競走? 簡単だよ」と思いました?
 確かに簡単です! ロボット・アスリートCUPは市販ロボットによる競技会なので、買ってきた二足歩行ロボットを組み立てて、無線操縦のコントローラーを付ければすぐに出場できるくらいの、簡単な競技です。競技会が初めてという人でも、ぜひ気軽に参加して欲しいですね。

 では、この競技は簡単だから、つまらない?
 いえいえ。これがまた、奥が深いのです。

 たいてい、市販ロボットに付属しているプログラムは、さまざまな環境で安定した歩行をするために、ゆっくりとした歩き方になっています。競技会に出場するなら、ちょっとでも速く歩くために、ロボットの改造やプログラムの改良を行いたくなりますよね。でも、速く歩けるのに、何度も転んでしまってはタイムが伸びません。ゆっくり確実に歩いた方が速くゴールできるかも……。
 安定して速く歩けるロボットを作るために、ロボットの改造やプログラムの改良に頭をひねるのが、二足歩行ロボットの楽しいところであると同時に、難しいところ。「ウデの見せドコロ」であり、「見ドコロ」なんです! 
 ロボット・アスリートCUPではプログラムの改良はもちろん、機体の改造も比較的自由になっています。もし手元に市販の二足歩行ロボットがある人は、ぜひ参加してください! また、二足歩行ロボットの“運動会”っぽいロボット・アスリートCUPに興味を持ってくださったら、一度お越し頂いても目の前で見ていただけると、より魅力が伝わるかと思います。お待ちしています。
 開催する私たちのほうも、どんなロボットが出てくるのか、どんな走り方をしてくれるのかが楽しみでしょうがありません。ロボット・アスリートCUPの日程は11月25・26の2日間ですが、5m走は26日のみの開催なのでご注意を。会場は小田急線本厚木駅から徒歩5分の「アミューあつぎ」です。詳細はホームページで!



ロボット・アスリートCUPホームページ
http://www.robotyuenchi.com/athlete-cup2017_2.html

AD

ロボフェスあつぎ2017ご報告

テーマ:

こんにちは。

ロボットゆうえんちの薬師寺です。

 

今日は昨日開催されましたロボフェスあつぎ2017のご報告を。

 

とりあえずまずはROBO-ONE認定大会のご報告を。

まずは第三位

芝浦工業大学SRDC様製作 閃電

 

第二位

森永 英一郎様製作 Metallic Fighter

 

そして第一位は・・・・

 

くまま様製作 ガルー

 

おめでとうございます。

ガルーには2月に日本科学未来館で開催されますROBO-ONEの決勝出場権がプレゼントされます。

 

認定大会のトーナメントですが、お客様に分かりやすくするため、横攻撃アリ、攻撃中工作してのスリップはスリップダウンとカウントしないといったかなり分かりやすいルールだったので、横攻撃持ってるロボットが有利かな~と思いながら審判をしていたのですが、なんと横攻撃を持たないMetallicFighterが果敢に投げ技を決めて準優勝を決めました。

 

 

準決勝の一幕。写真で見ると本当にきれいに決まってます。

 

全体としては他の競技も含め、かなり色々な事が楽しめた日だったかと思います。

ロボット相撲もマイクロマウスも多くの参加者にお越しいただき、会場内は大盛り上がりでした。

 

来年もまた同様の大会ができると良いですね~。

 

それではまた。

 

薬師寺

 

 

本日から行われている

東京工芸大学/ロボフェスあつぎ2017の様子を

ご報告させていただきます!!

 

ロボットゆうえんちは展示・ステージ・工作教室

それにROBO-ONE認定大会の運営で参加してます。

 

この写真は展示&動画放映のコーナー。

ロボフェスあつぎ2017ではROBO-ONE認定大会だけじゃなく

マイクロマウス&ロボット相撲の関東地区大会の

ナント!ロボット競技会3種同時開催!!なんですヨ~

 

全国的にも初めて!のコトらしいです。

 

ROBO-ONE認定大会に参加する選手の皆さんが

当然!気になっているのが会場のレイアウト。

今は、こんな状況になっています。

 

正式には公開練習走行の時間なんですが

現時点で、まだ誰も来ていません。。。。。

 

ロボット相撲&マイクロマウス共に

多くはありませんが、練習している選手がチラホラ。

う~ん、ROBO-ONEだけ完全にゼロです。

 

ROBO-ONEの予選は障害物走!

練習は有効だと思うんですけどネ~

 

まあ、考えてみればROBO-ONEの場合

予選は決勝ト-ナメントの対戦相手を決めるのが目的なので

他の競技に比べて予選の重要度が低いからでしょうネ。

※基本的に認定大会で予選落ちは今まで無いです。

 

障害物走のレイアウトは、上の写真の感じです。

スズメバチとカマキリがコース場に設置されてるのは

ノリ!?と言いましょうか

明日の来場者ははお子さんが多そうなので

お子さん受けを狙って!デス。

※工作教室の事前申し込みは定員の3倍!

 

そして、さらにコース場に敷いてあるのが

韓国のロボットパークさんにもらったタオル!

よけても、乗り越えて最短距離を行ってもらってもOK!

選手の皆さんには、このコースを攻略してもらう予定です。

 

若い方はご存じないかもしれませんが

10年くらい前のROBO-ONE予選で

R-BLUE/吉村さんが、タオルの上を歩いたという

あの伝説を!皆さんにも再現してもらおう!という企画です。

 

この写真はロボット相撲の公認コース。

 

いやぁ~相変わらず大がかりですよネェ~

ROBO-ONEも地区予選で、ここまでお金をかけられる

そんなレベルに早く到達したい!です。。。。。

 

そして、こちらはマイクロマウス。

東京工芸大さんの常設コースをお借りしてます。

 

マイクロマウスも、今はモノ凄い!スピードなんで

こんな迷路も、あっ!といまに完走しちゃいますから

明日は、どんなドラマが生まれるか

今から、とっても楽しみデス。

 

さ~て、明日は認定大会本番デス!

お近くの方は、ぜひ東京工芸大厚木キャンパスへ!!

入場無料で、競技会が見られるだけじゃなく

ロボット体験などなど

たっくさんの企画が皆さんをお待ちしてヨ~♪

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

ではまた。

 

 byロボットプロデューサーOkamoto