国府宮 はだか祭り | 間杉手延製麺所

間杉手延製麺所

愛知県安城市和泉の自慢の逸品 長そうめんを
造る間杉手延製麺所
お中元・御歳暮・ご贈答にどうぞ。


テーマ:
今日は旧暦の1月13日。

2018年では、2月28日。

愛知県稲沢市 国府宮(こうのみや)では

とても有名な祭事が行われました❗️

「国府宮はだか祭り」です。


神男(しんおとこ)と呼ばれる一人の

儺負人(なおいにん)に厄災などを負わせ、

それらを土餅(どべい)と呼ばれる餅

移して土に埋めることで厄落としをする

神事。(ウィキペディアより引用)


このお祭りを観に、父が出掛けていきました。

(私たちは、乾麺ひやむぎを

計量したりと作業日。)


毎年、十数万人の観衆が集まる中

神男を一目見ようと3時間も

待っていたそうです。



神男に触れられたら

厄災を落とせると信じられていて

1年をハッピーに過ごせるのだとか。


残念ながら、神男の姿は見えても

すごく大勢の人で触ることは

出来なかったようです。



なおい殿(本殿)でお祓いされた

「なおい布」をお土産にもらいました。

{7EDD5848-BAAE-4CC6-B366-B828470C52CA}


ご利益のある布なので

大切にこの一年しようと思います。


仕事場にも置かせてもらうことにしました(^^)








間杉手延製麺所さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス