読み聞かせ

こんにちは!

インフルエンザが猛威をふるっていますが、お元気ですか?

先週、3年生の読み聞かせに行ってきました。



最初は、こんどうりょうへい 作、かきのきはらまさひろ 構成、やまもとなおあき 写真「ひともじえほん」です。
{4F123A6D-E217-4621-84A8-40642C43D094:01}
NHKからだであそぼにも出演していたダンサーの近藤良平さんが作っています。かっこいいです~ラブ題名の通り、ひともじの絵本です。1人でできるものから、どんどん人数を増やして平仮名を作っていきます!休み時間に子どもたちが真似してたりして~と想像しながら読みましたウシシちなみに50音全部できてます‼️



お次はのぶみ ・ ひすいこたろう 作「きょうりゅうといぬどっちがつよい?」です。
{5E64CDE4-9DFE-471B-8623-830C5E220983:01}
のぶみさんの恐竜の絵に惹かれて借りたのですが、とても深い良い本でしたほっこり一言に「強い」と言っても「何が」に寄って勝者は異なります。正解は1つでは無い事や、自分の得意なもので勝てばいい。子どもに分かりやすく書いてありますよウインクひすいさんのあとがきも良かったです。




エクトル・シエラ 作、高畠 純 絵「じゅっぴきでござる」です。
{90C05168-1B81-467F-A630-1AB1548CC425:01}
猿がどんどん去っていきます。去るたびに理由があるのですが、「去る」と「猿」を引っ掛けていることに徐々に子どもたちが気付いてざわついていいたのが面白かったですウシシ





ふくべあきひろ 作、かわしまななえ 絵「いちにちおばけ」です。
{DA4CDAF1-AE0E-467B-BC8D-1E03D8F54FFF:01}
ご存知、「いちにちシリーズ」です。この本は、毎度お決まりの「…ってたいへんなんだなー」というセリフではなく、「…ってたのしいかも。」となっていますにやりかなり、おどろおどろしいタッチでお化けが描かれているので怖がってる子もいましたアセアセ


今年度最後だったので、季節には関係無く好きなものを読ませて頂きましたニコ今年度も楽しかったなぁー。

どうぞ、参考にしてくださいね!楽しい絵本ライフをニコ