『ネオ縄文の提唱者』

天才カリスマ講師の

澤野大樹さん2019ジャパンツアー後半、

いよいよスタートです!

 

まずは、9/8()名古屋から。

名古屋は毎回ほぼ満席です。

素晴らしい。

 

澤野大樹さんより
<名古屋講演会珠玉のメッセージ>

 

前回6月30日(日)から早いもので

70日が経とうとしています。

いよいよ9月8日(日)に

名古屋講演会「第7回」が行われます。

 

前回では

「登戸事件全解説」を行いました。

その後の70日間において、

NYで大停電が発生し、

京都アニメーションでの放火事件が発生し、

参院選挙があり、

米国ではジェフリー・エプスタインが

身柄拘束中に死亡という

巨大な事件がありました。

エプスタインが死亡した8月10日をもって、

地上世界は新たなパラダイムに突入した。

日本と世界、

特に日本とアメリカは

フラクタルな霊的関係にあり、

日本の芸能界女衒闇問題と、

米国のエプスタイン島から派生する巨大な現実は、

それはまるで生き物のように

相互に呼応しながら息をしている。

 

それらは時にこちらが小さくあちらが大きく、

時にこちらが大きくあちらが小さかったりして

繰り返し回転しながら

無限とも思える回廊を上昇している。

しかし

その行き着く先は意外にも早くそして近い。

 

これまで

「荒唐無稽な戯言」として

一笑に付されていた“噂”が、

まさにリアルガチであったことが

証明されつつある。

 

人々はそれを知り、

そこに至った己の状態を

「覚醒」と形容するかもしれないが、

早とちりしたら

本物の「覚醒」を味わうことはできない。

 

私がここ名古屋での講演会で

過去6回に亘って述べてきた膨大な内容、

そしてストーリーを理会し、

我が身のことのように

人に伝えることができるようになって初めて、

これから直面するであろう

クライマックスの意味がわかるというものだ。

私たちは早晩、

その華々しくも悲しいフィナーレを目撃することなるだろう。

 

人による奸計は、どれほど緻密に図ろうと、

ヤハウェによる神仕組によって

コード・シェアされていたのだ。

なぜならば、

「選ばれたはずのトップ・エリート」たちですら、

誰からも選ばれていないヤハウェの

手の内に包含されていたのだから。

その企みも、

その秘密もすべてヤハウェの掌中にあったのだ。

 

カリブ海の無人島に隠れても、

その思惑、言動のすべてが

ヤハウェの一局面に過ぎなかったのだ。

 

しかし、

彼らが求めている究極とは

私たちが求めるものとじつは同じだ。

表から行くか、裏から行くか。

――そう、ヤハウェには善も悪も、

白も黒も、

光も闇も存在しない。 

ならばこれから社会は、

世の中は、世界は、地球は

どうなっていくのか?

最高の結末と、最悪の結末は

コード・シェアされる。

宇宙究極の働きは、

まず目の前の足元に現れる。

 

――“Redeemer”は確実に存在し、

実際に機能し、作用している。

その知られざる機序について、

9月8日に詳しく述べたいと思います。

 

“Redeemer”の話しは非常に危険で、

聞いた者の98.75%は

勘違いか曲解をしてしまう。

それだけデリケートでセンシティブなものだ。

本来は

ヤハウェを口に出してはならないのと同様に、

“Redeemer”についてもやはり

口にしてはならないレベルのことなのでしょう。

人類根源に関しての情報は、

人の心を

良い意味でも悪い意味でも動かしてしまう。

創造へも破壊へも振れてしまう危うい吊り橋だ。

そのような

シリアスなお話しもできたらと思います。

もちろん、

最新時事情報の超次元解析も織り交ぜながら、

唯一無二のコンテンツを通常通り

ハイクオリティにてお送りします。

 

9月8日(日)、

世界でこの場だけの

特別な時間をぜひ共有してください。

これからの人類史の基底にある

先鋒のメカニズムを解説いたします。

 

ではみなさま、

会場でお会いしましょう!!澤野大樹

 

★名古屋講演会 第7回
タイトル

「世界再編アラハバキとその源泉 」


こちらの第7回は終了いたしました。

 

~次回名古屋予定~

★第8回 タイトル未定
【日時】
2019年11月9日(
開場13:00 開演13:30~17:30

【会場】
ごえんの広場
名古屋市東区葵3-4-4 サミクラウス車道5階

【参加費】 6,000円

(会場受付でお支払いください)

【募集人数】 25名
【懇親会】 参加希望の方は、ご予約時にお知らせください。

【主催者】 南部蔦江(なんぶ・つたえ)さん
【ご予約】

お名前、ご住所、TEL、参加人数、

懇親会の参加希望の有無をご明記の上、

tanpopo.0084@gmail.com

までメールでお送りください。


★第9回 

タイトル7時間耐久1dayセミナーin名古屋(仮)

初の7時間耐久1dayセミナーとなります!

【日時】
2019年12月21日(
開場10:00 開演10:30~17:30(ランチ休憩有)

【会場】
ごえんの広場
名古屋市東区葵3-4-4 サミクラウス車道5階

【参加費】 8,000円

(会場受付でお支払いください)

【募集人数】25名
【懇親会】  参加希望の方は、ご予約時にお知らせください。

【主催者】 南部蔦江(なんぶ・つたえ)

【ご予約】

お名前、ご住所、TEL、参加人数、

懇親会の参加希望の有無をご明記の上、

tanpopo.0084@gmail.com

までメールでお送りください。

――――――――――――――――――――

 

仙台講演会 第24章
タイトル
「世界再編アラハバキとその源泉」


【日時】

 2019年9月16日(・敬老の日)

開場15:00 開演15:30~19:00
【会場】
あわの里 天命塾
仙台市青葉区国分町3-9-32 仙台ATOWAビル 5階
【参加費】
5,000円(仙台テンメイ会員以外&当日参加5,500円)

※会場受付でお支払いください。

【お申込み】
氏名・TEL・人数・懇親会参加有無を

Email でお申込み下さい。(FAX、電話でも可)
【FAX】022-279-1024 【TEL】090-8786-7300

仙台天命塾(大久保)

【E-mail】 atowa999@gmail.com

 

※詳細・お問い合わせはコチラ↓↓↓
【主催】仙台天命塾 http://genkiup.net/

【次回】2019年11月17日()開催
 

――――――――――――――――――――

 

そして、

青森のみなさま!

お待たせいたしました。

 

image

(弘前会場にて講演される澤野氏2019.7.14)

 

青森講演会第二弾は、

大好評につき、
みなさまのリクエストにお応えいたしまして、

下記日程で決定しました。
 

※予約制です。

お申込みは、下記『こくちーず』へ

必要事項をご明記くださいませ。


タイトル
封印された青森の秘密を解く」

※内容は、青森会場も八戸会場もほぼ一緒です。

※青森講演会は、二会場とも障がい者手帳を
お持ちの方の介添人お一人様無料。


★青森会場

 

【日時】
2019年10月13日(

13:00 開場・受付 

13:30 開演~17:30終了

 

【会場】
青森公立大学 教育研究棟422教室

 

【場所】
青森市大字合子沢字山崎153-4

    (無料駐車場有)

 

【参加費】
5,000円(当日 5,500円)
(※会場受付でお支払いください)

 

【懇親会】
事前申込み必要。定員10名。

(講演会ご予約時にお申込下さい。会費5,000円)

【青森会場お申込み】 こくちーず

 

――――――――――――――――――――

 

★八戸会場


【日時】

2019年10月14日(・体育の日)

13:00 開場・受付 

13:30 開演~17:30終了

 

【会場】
八戸市総合福祉会館 5F研修室
(はちふくプラザねじょう) 

 

【場所】
青森県八戸市根城八丁目8-155

     (無料駐車場有150台可)

 

【参加費】
5,000円(当日 5,500円)
     (※会場受付でお支払いください)

 

【懇親会】 事前申込み必要。定員10名。

(講演会ご予約時にお申込下さい。会費5,000円)

 

【八戸会場お申込み】 こくちーず

 

 

 

【主催者】 小野裕美子

※青森講演会お問合わせはコチラ
青森縄文歴史研究所

taijuaomori@gmail.com


 

―――――――――――――――――


さらに!!!

福島初です。

タイトル

未定(決定次第intuitionトップページにて発表)

 

★福島二本松講演会

『“神の火”を御すことができるのはキミたちしかいないのだ!!』

 

【日時】 2019年10月26日(
     開場14:00 開演14:30~18:00頃まで

 

【場所】 福島県男女共生センター研修室
      福島県二本松市郭内一丁目196-1(無料駐車場有)

 

【参加費】5,000円(当日参加5,500円)

      (※会場受付でお支払いください)

【懇親会】 講演会ご予約時にお申込下さい。

 

【主催】 福島ご縁をむすぶ会

 

【お申込】 主催者よっこさんのブログより
https://ameblo.jp/rurukarin11/entry-12525260807.html



image

 

さあ、みなさん。

わたしたちの意図を超えた、

「今世紀最大のレボリューション」ですよ。

前回、

青森講演会のキャッチコピーでもありました。

ひとりの意識は世界を変えられるのです。

 

澤野さんが語る「ヤハウェ」、

そして「Redeemer」(レディーマー)。

 

初めて目にする人も、

コアな澤野ファンも、

ライトな澤野ファンも!

今一度、

名古屋講演会へのメッセージを

読み返してみてくださいませ。

 

ヤハウェとは、

Redeemer(レディーマー)とは!?

 

青森講演会で

「ヤハウェ」「Redeemer」を

振り返ることができます。

 

※前回の青森講演会の

内容をお知りになりたい方は、

この日のために

澤野さんが書き降ろした

世界でたった一つだけの

超貴重な活字版原稿をぜひ。

ご入用の方は、お譲りいたしますので、
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f78276bc630804

↑こちらへ、必要事項をご明記ください。
(3,000円+送料360円です)

 

私たちの既存の常識が覆される

驚愕の衝撃ストーリーが

展開されております。

 

世の中の真実を見抜くためには、

まずは、

真の歴史を学ばなければなりません。

私たちがこれまで知っていた

歴史や常識は、

じつは何者かによって

創作され制御された幻想だった!?

 

実際に

ご自身の目で見て、聞いて、

そして五感をフルに活用し、

直観を冴え渡らせてください。

そこには何かが見えてくるはず。

もはや「陰謀論」ではない、

本物の「陰謀」を発見するのです。

「都市伝説」ではないのです。

伝説じゃないんですよ。

 

このまま、

今のまま、

世界を知らずして

人生を終わらせたくないですよね。

 

私は

澤野さんの講演会を初めて聞いた時

度肝を抜かれ、

心臓が止まりそうになりました。

そんな体験をぜひ、みなさまにも

体験していただきたいのです。

 

▼第1回青森講演会レポート

※次回青森講演会澤野氏より 予告メッセージ!

(開催日:青森市 2019/10/13・八戸 10/14)

かつてこの“列島”で

理想郷とも言える縄文文化を誇った東北、そして青森。

精妙で高解像度の意識をもっていた縄文スピリットは、

ある時、とある「十部族」の一部を受容し迎え入れた。

十部族は、身を隠し、文字通り“失われた”存在となり

異能とともに東北の地に溶け込み消えた。

彼らは自らの意思で「消える」ことを望んだ。

――そう、霊力だけを残したまま。

しかし、その痕跡を辿り、

これまたある「二部族」が執拗に追いかけてきた。

こちらの二部族はモロクを崇拝し、

バビロンで70年間過ごしたまったくの“別物”だ。

彼らは何らかの意図をもって、

十部族の跡を追い続けた。

彼らは「大和朝廷」「大和王権」と姿を変え、

徹底的に東北を侵略し討伐した。

そして、

十部族の痕跡の上に、新たな歴史を上書きし、

さらに、

あろうことか彼らは

「我らこそが十部族なり」と叫んだ。


こうして東北の“重要地”は荒らされ、

後世の人々が混乱し区別がつかなくなり、

必ずや間違えるように

本物の上にニセモノを覆い被せ、

本物の隣にニセモノを配置し、

自分たちこそが東北のネイティブであるかのごとく偽装した。

その究極の根底にある彼らの

知られざるメンタリティとは一体何か?

なぜ“彼ら”はそれほどまでに

東北の地に固執し叩き封印しようとするのか?

そして、

その「東北封印」はなんと現在に至っても、

手を変え品を変え、

厳然と行われているのだ。

どうしてそのようなことが起こり、行われているのか?

その理由を知り、理会することによって、

東北、いや日本最大級の謎と秘密が解放されることとなる。

東北、そして青森の封印を解くことは、

日本、いや地球の封印を解くことである。

青森が「覚醒」すると、地球がひっくり返るのだ――!!

澤野大樹

 

ぜひ一度、澤野講演会へ

足をお運びになられてみてくださいませ。

共に、椅子から転げ落ちましょう。

あ、学びましょう!

 

 

❑澤野大樹さん全国講演会情報
intuitionトップページ

http://intuition.jp/  

 

❑講師blog(近況報告・メッセージ)     
http://intuition.jp/blog/

 

 


では、また!