フライドチキンの羽

フライドチキンの羽

糀や発酵生活や、寝ている時にみた夢の記録、子どもの温かくなる言葉など書いています。キャリアコンサルタント(国家資格)としても活動中!

今年2月に仕込んだ、蕎麦麹で仕込んだ蕎麦味噌がようやく6か月となり、どんな状態か恐る恐る見てみた!

こちらが2月に仕込んだ味噌三種

 

小さい容器なので天地がえしも普段なら不要ですが、今回はテストもかねているので、状態を見ると同時にまぜなおしもしてみました。

左から

①蕎麦麹に大豆の味噌

②蕎麦麹にそばの実と大豆の味噌

③蕎麦麹と蕎麦の実の味噌

一番右はそば粉麹のみの味噌

①をあけた状態

カビもなく、産膜酵母の少なく安定した色合いと匂い。普段の味噌となんらかわりません。

中もいい感じの色合いです。

②番目も色つやよく、中もいい色合いで、香りもさわやかな感じ。

そして一番気になっていた、

③!

たまりが一番多く、少しいただきましたが、とっても濃厚でした。

そして驚いたのは、マスカットの香りがしました。

たまりもそうですが、蕎麦の味噌を口に含むと味噌のなかからマスカットの芳醇な香りがして、今まで味噌を仕込んでも

こんな香りは初めてです。

 

そして、最後は、そば粉に麹かびをつけた蕎麦麹を塩水で仕込んだもの。

……正直、ちょっとこれは香りもよくなく、塩っ気が強いだけのような。。。

いやいや、もう少し寝かせて変化をまってみようと思います。

 

先日、あまりにも生々しい夢をみた。

 

家のリビングの窓に大津波が、遠くから押し寄せ6階のリビングの窓ガラスをしならす。

さながら、家が急に水族館になったように。

次の波がきたら、絶対もたないだろう。

次の波がきたとき、外から避難する人たちの声。

外は、なぜか多摩川が、浸水し、馬たちが緊急のため、放たれていて、人々がちらばっている。

逃げなきゃ!と逃げる準備をしなくちゃ。

 

と部屋をふりむこと波がなく、下をみると澄んだ海がひろがり、マンションのへりの部分に子だくさんの母猫がみゃーと泣いている。

息子が、「ママ遊ぼう!」ぬれた服はもう干してるから。

と廊下の外に息子が乱雑にほした洗濯物が。

 

という夢をみて、二度寝したら、その夢をみている私がいて、「なんだ夢か」と思ったら、津波が!

正夢!??

息子に「逃げて!」と叫んだとき、地球の地平線が太陽より明るく輝いたと思ったら、

爆発だった。

終わりか!これで終わる? 息子と会えなくなる!嫌だ!最期は息子を守りたい!

息子をしっかりと抱いて、湯舟に入る。「愛してる愛してる愛してる」何度も言って、その「時」を待ったけど

何もおきない。

あれ?と思ったら目が覚める。

 

そして今日は、

ランドマークタワーのほうにある建物が激しく燃えている。何度も炎をあげて燃え盛り、崩れて落ちていく。。

まさか?あんな大火事が。

と思って目が覚めて、トイレに行き、再び寝る。

するとまた、同じ夢で、同じく燃えているけど、さらに火事が拡がってとなりのビルにも。そしてそのビルも崩れ落ちた。

激しい炎をあげて。

怖かった。

家の裏が、なぜか山林のふおとにあり、山をみあげるようにベランダがあり、住宅街が上に並んでいる。

すると、山の頂上付近が細かく振動しはじてくずれていく。。げ!

こっちにこなければいいな、と思っていたら、その振動は、徐々にしたにさがり、うえのほうにある住宅街の一軒家が、まるでおもちゃみたいに、ころんと。

リビングにいたおじさんが、窓がらすのほうへ、転がっている姿が見える。

まずい!これは逃げないと!

 

何もって逃げる?権利書?通帳?財布?

だめ!パジャマだ!着替えなくちゃ!

息子にもきがえるように言い、逃げるよ!と叫んでいると

「緊急警報、緊急警報!至急避難してください」というアナウンスが外から響く。

 

という夢でした。

連日、同じような夢が続いて、いい夢なのか悪い夢なのか。