園原健弘 アドベンチアーズ!



             取材などのお問い合わせはこちらまで
マスコミやリーダーが悲壮感を演出しすぎ。
人間、正負の情報があれば負の方に過敏に反応する。
生存するためには当然のこと。危機を早目に察知して回避して生き延びてきたのでしょう。
 
しかしゼロリスクを求めすぎると他の部分で大きく負けます。国民の為というよりはポジショントークがしないような情報発信ならまえむきになれるのですが。。
160万もある病床の2%しか民間は出さず、病床も増やさないで気合で乗り切れと規制だけ強化。
 
そんな雰囲気に押しつぶされないように「スリーグッドシングス」
「スリー・グッド・シングス」と呼ばれるストレス対処法
夜、寝る前に、その日に起きた良いことを3つ思い出して書き出すようにする。
・・・・・・(日経新聞)
 
 
日曜日、久々の練習会。
私は散歩でテクテク。
早朝の街が動いてない時間を散歩。気持ち良いです。

 
 
 
丁度2年前のブログで「100分で名著」に関連する内容をアップしました。→こちら
 
日本人の考え方が狭く、浅くなっているように感じますね。これはまた別ブログでアップしたいと思います。
マスコミの情報の出し方にだいぶ偏りがある。英語を理解できないことなど。世界を視点にしてないことなど。などなど、感じることがあります。
 
昨日競走部の部長の中川先生と話していて、大学入試の話しになり。
 
「今年の明治の受験者数はどうなんでしょうか?」
「10万人いかないくらいかな~!」
「じゃあ、例年並みですか?こんな時代だから哲学とか学ぶ学生増えますかね~!文学部とか人気じゃないですか?」
「おっ!実は!」
などと。
「生死を身近に感じたり、混乱してたり、自分たちの在り方が問われているような時代は哲学的になりますね。」
 
なんて話しを。
 
今年一年、競走部の在り方や、日々の生活を見直したり、コロナ禍で仕事はないのになんか豊かに感じたり、地域に密着して散歩して快適だったり。実は例年以上に旅行したり。GDPが伸びなくても株が上がったり、このコロナ禍でも企業業績は過去最高だったり。
 
なに?この世の世の中?
 
そんな時にTVで「100分で名著 カール・マルクス資本論」第1話がビデオ撮れてないかったのでテキストを。
このコロナの状況だからこそ。是非ご一読ください。資本論はとても読めませんがこのテキストは読みやすい。
今風に面白おかしく解説してくれています。
(共産主義のような独裁国家を求めているのではなく、資本主義とは・・みたいな本なので。お勧め、哲学書ですね。)
本当の「価値」とは、「使用価値」とは、「コモン=誰もがアクセスできる潤沢な富」とは。マルクスは天才ですね。
 
「明治の学生も頑張って、新しい経済の仕組みとか作ってほしいですね。東大生もクイズ番組ばっかり出てないで。いまだにマルクスとケインズですから。それにしても資本論ってすごいですね。」
から、中川部長が
「あの斎藤幸平凄いんですよ。最終章の<コモン>の再生は私のテーマです。」と。
 
中川部長に研究してることこれだったのか!素晴らしいじゃん(今までも思っていましたけど、より一層)。
 
コモンの再生。なるほど。
 
未来を明るくするためにも読んでみてください。
 

 
「しお」
猫を飼うのは初めて、地域猫だった「しお」ともやっと仲良くなれました。半年くらいかかったかなー!

リモートワーク中の息子の部屋のベランダに遊びに来ていた猫ちゃん。仕事だけの毎日を励ましてくれたんだろう。岩合光昭ばりに野良猫ちゃんを探したり、写真撮ったりしてましたからね。息子はずっと猫が好きだった。

「ぎん」
コストコのイタグレホイホイ
ほいほい入ってます。

ぎんとしおが仲良く遊べるようになるのが、今は楽しみ。

森さんの問題に絡めてビートたけしが「会議で話をうまくまとめられない者がしゃべると長くなるもので、対象を女性に限定するからいけない」と持論を述べた。その通り。男性、女性関係なく会議で、何がいいたいのかわからない話をしたり、おなじ趣旨の話を3回転くらいしたり、脱線したり、議題と相当違う事を話し出したり、人の話しを奪ったり、登場人物や出来事が出てくると、自分との関連性を挟み込んできたり「はいはい、凄い凄い!」、早く本筋に戻したいのに。議事の進行が上手いと、すぐ本筋に戻してくれて助かります。

 

サラリーマン時代の会社の会議は長くて建設的ではなかったような、営業のストレス発散会みたいな感じだったな~!

陸連の強化委員会、当時は短距離のMティーチャーがいつも司会進行していて、本当に上手い。メリハリが効いていて短時間に何が決まったか明確でみんなが共有していた。

 

会議が終わって意思統一できてないのが問題ですね。日本の場合は、言葉を濁して合意した感じにするので、実は認識がバラバラの事が多い。

 

最近は、ZOOMの会議が多いので、だいたい短時間に終わるので本当に有難い。

 

ただ、話の上手い下手が顕著に出ます。「あの~」「え~」「うー」「えーと!」「そうですね!」みたいな繋ぎ言葉が多くテンポがない話はは疲れます。まあ、私もそうですが。

 

アシックス時代に商品企画で新商品説明をした時に、私の商品説明を聞いていた若手営業マンから「園原さん、あの~が多すぎです。今○○回あの~を言いました。」と苦言を呈されたことがあります。「あの~」を言ったら1回¥1000罰金というセミナーに参加したこともありました。

 

コロナ問題でお医者さんがコメンテーターででると、本当に会話に無駄がなく適切。ラジオのアナウンサーも凄い。TV東京の、モーサテの佐々木さんも最高。早口くらいでちょうど良いです。

 

ZOOM時代では、しゃべる力は大切です。相当早口くらいの方が情報が伝わります。

 

家族からは、「知識ひけらかしてそれで終わり。の落ちのないパパの話し最悪」といつも言われていますが。

 

 

2020年8月8日生まれの『ぎん』
もうすぐ半年ですが、しつけに混乱して、『なんで?もー!』が多くなったので、ドッグトレーナーの方に来てもらって、トレーニングしてもらってます。チョコの時はこんなことなかったのに、ぎんはスイッチが入ると暴走が激しいので、家族や家具は傷だらけ。

もちろんトレーニングしてもらってるのは、私。ですが。

ぎんが、傍若無人なふるまいをするのは、完璧にこちらの混乱のせい。

同じ場面でも、この時はこうした対応、この時はこうした対応。この人はこうした対応と。こちらの対応が変われば、「この間はこうだったのに??、ちょっと強行突破してみるか!」と欲望を先行させてしまう。

きっと人間も同じ。もっと賢い対応をするんだろうな。と改めて認識。

さすがプロのトレーナーは凄い。短時間で期待した以上の成果。そして、こちらの混乱をきちんと整理してくれる。
それにしてもトレーナー費用が安すぎ。もっととってもいいのに。私もソフトサービスを売ることを仕事にしているので、この辺りの適正な価格設定にみんなご苦労するんでしょうね。と言いつつ、パピー期間(生後半年まで)はお安いので、パピー期間に沢山予約を入れてます。


トイレ&生活環境 
・トイレ、この月齢で目を離しても粗相しない、優秀です。
・サークルはお仕置き部屋というのが少し残念ですが、入れられたら出して出してと不満を漏らさない子なら良
いです。自由が当たり前になる事で、囲まれる、自分のタイミングで出れない事が大騒ぎになってしまう子もい
ます。サークルに入れたら休息できる子にしていきましょう。
・サークルに入れられると、要求鳴き(出して!と)する事がありますか?そのタイミングで出すと〝鳴けば出し
てくれる”と学習します。鳴かれてもこちらの対応としては見向きせず諦めるのを待つようにしましょう。
甘噛み・ダメの伝え方 
・何でも噛みたい時期です。オモチャで噛みたい欲求は発散するように仕向けたいので、オモチャでたくさん遊
んであげましょう。人が大好きなので警戒することなくフレンドリーなのは良いですが、傍若無人な振る舞いは
良くありません。弾けると勢いだけで突破しようとするぎん君。人もその勢いに負けて圧倒されがちですが、節
度をもった行動をさせるように。
・手や足を噛みに来た時は、手や足を逃げまどわすと逆に面白く映ったり、興奮させてしまいます。ロックオン
された手や足はなるべく動かさないようにして、“コラコラ、止めなさい”という感じで「ノー」や「舌打ち」
でまず警告します。それでも噛んでくる場合は、ハウスリードを引きます。応じるために必要な強度、回数は微
調整して塩梅を知る必要がありますが、効かない事を何度もするより、リードを引かれたらすぐぎん君が理解で
きるのが望ましいです。
まずは舌打ちの警告。警告も無視の場合はハウスリード。“○○してはいけない”事を伝えますが、“○○しては
いけない”はなるべくシンプルに。複数の要求を同時に伝えるとフラストレーションの方が上回り、かえって時
間が掛かります。シンプルとは、跳びつかない事だったり、噛まない事だったり、ここから動かない事など。跳
びついた時だけリードを引く要領で、その状況下で一つに絞ると良いです。
・ぎん君が“人は噛んでも良い”と思ったり、人が嫌と主張しないと自分で勝手にルールを作り上げてしまった
りする事もあるので、注意したら応じるように、聞き流しをさせないようにしたいです。時にはしつこいですが、
根気よく、イライラしないで伝えましょう。
人がやる事に協力的に応じてくれるように 
・抱っこすると、拘束を嫌がり、唸ったり暴れたりする事がありますが、そのタイミングで降ろすと、“暴れれ
ば解放される事”を学習させてしまいます。暴れている時は降ろさない、落ち着いている時に降ろすように。
・散歩はぎん君が止まってしまった時に、歩くよう促す押しが弱く、途方に暮れて、抱いたり行きたい方向に付
き合ってあげたので、‟踏ん張れば進まなくて済む”というマイルールをぎん君が決めたようです。‟「行くよ」
と警告したら進まないといけません”というルールに書き換え、ぎん君には人に合わせてもらいましょう。