水曜日の下北沢囲碁教室の記事の続きです にこ♪

 

 

この日の教材の予習ポイントは、盤面右下でできたシチョウにまつわる問題でした。

白が右下隅の地を取って、黒が碁盤の中央の広くて発展性がある方へ外壁を作り、

白石をひとつ抱えてアタリの状態になっています。

 

この白石が取られたくないよ、と次の手で逃げ出そうとしても、

遥か遠く離れているようにみえる左上隅の黒石がちょうど通せんぼする位置にあるので、

逃げ出すことが出来ない状態、これが 黒が白をシチョウに抱えた状態です。

 

もしもこの白が逃げ出して取られなければ、

下辺に配備されている黒軍と、右辺側に配備されている黒軍は分断されるので、

ふたつの小部隊がそれぞれ別個に戦わなければならないくなります。

 

この白石が逃げ出すことができないので、黒の下辺と右辺の軍隊はひとつの大部隊。

黒の外壁は頑丈というわけです。

 

ところが…

 

 

遥か離れた左上の星の黒に白がカカリを打ちました。

隅の星にカカった、ということはこの隅で新たな戦いをおっぱじめますよ、

と言ってるように見えるけど、そのココロはそうではない。

右下隅のシチョウに抱えられている白石が逃げ出すためのシチョウのアタリとして配備したわけです。

このシチョウのアタリがあれば、右下の白石は逃げ出すことが可能です。

 

油断も隙もありませんね 泣汗

 

で、ここで次は黒番、どう打ちますか?

 

というのが今週の予習ポイントでした。

 

 

こういう時は迷わずポンっとシチョウの石を取ってしまいましょう。

 

が正解 きゃぁ~♡

シチョウを抜くのが本手だそうです。

 

( りくのらは正解したけどね きゃぁ~♡♡星 )

 

次の一手で黒がシチョウを抜く、ということは、

白は左上のシチョウアタリを兼ねたカカリに続けて、

もう一手左上隅を攻撃できるという寸法です。

 

だけど左上隅はまだまだ空間が空いていて、

二手連打されたからといって壊滅的なダメージを被るわけではない。

 

それよりも、右下のシチョウがいついつまでも、

逃げるぞ、逃げるぞ、もうすぐ逃げるぞ、と雌伏している状態を抱えたままでは

黒は自在に戦うことができません。

 

ということは、左上隅のシチョウアタリが、二手連打されたらもう大変な厳しい手だったら ( ツケとか )

シチョウを抜かずに左上を受ける選択肢も当然あるということです。

そういう厳しいシチョウアタリは、受けられたらそっちで損なことが多いので、

そこはシチョウを逃げるのと比較してどっちにするか決めるわけだ。

 

ふうむ。

難しいですね。

だけどこのムズカシイところがおもしろいところなわけです きゃぁ~♡

 

 

実戦はシチョウアタリの白に対して、黒は抜かずにシチョウアタリのアタリを配備しました。

ここに黒石があれば、左下の白が逃げ出しても、カカリの白石の手前で通せんぼできます。

 

この、シチョウアタリに対してその効力を無効にする手を打つことは

シチョウにまつわる様々な応接のひとつとしてあるわけですが、

その手が良いか、良くないかを判断する一つの基準として

 

シチョウアタリ あるいは シチョウアタリのアタリ でなかったとして、

そもそもそこに打ちたいかどうか?

 

を考えると良い、と教わりました。

 

なるほど、それはわかりやすい。

 

さて、このように気になるアイツなシチョウですが、

いついかなる時でもポン!と抜くのが最善なわけではありません。

 

 

両側の黒軍が充分に強くて、ふたつの部隊に分かれたとしても、それぞれが充分に戦えるとしたら、

シチョウの石が逃げたからってどうってことはないわけです。

 

これまた判断が難しく、深い先のヨミが必要とされるところです。

その難しくてヨミが必要とされるところがまたおもしろいわけですね きゃぁ~♡

 

さてここで、長谷川喜弘先生が教えてくださったことは、

恐らく大部分の生徒さんが今まで思っていたのとは正反対の

眼からウロコな考え方でした。

 

もしもシチョウに抱えた石が、逃げても大したことはないな、と思ったら、

すぐにもシチョウアタリを打ってしまう。

 

そして相手に 

 

「 シチョウアタリを受けますか? それともシチョウを抜かせますか? 」 

 

と、問いかけるんだそうです。

 

シチョウを逃げても逃げなくてもどっちでもいいけど、という状態のうちに、

サッサとシチョウを抜いちゃって後くされを無くすのも良いし、

シチョウアタリから二手連打して良い思いをするのもまた良し、というわけです。

 

反対に、もしもシチョウに抱えた石が逃げ出したら大変なことになる場合には、

シチョウアタリは打たずに取っておきます。

そしてシチョウアタリが最も効果的に打てる局面が来るまでじっと待つ。

相手は、このシチョウが今逃げるか、次逃げるか、と気になりながら後を打たなければならない訳です。

 

 

そしていざシチョウアタリが打たれた時には、

受けるか抜くかの判断がもっともっと厳しい選択になっているという訳です。

 

なるほど、碁の戦略とはそういう風に立てるものですか、と感服しました え゛!!

 

お、も、し、ろ~い きゃぁ~星星

 

下北沢囲碁教室、水曜日は上級から高段者向けのテーマの講座です。

3級くらいの生徒さんから四段くらいの生徒さんまでいらっしゃいます。

 

午後の指導碁は、教室受講者さんがそのまま受けていかれることが多く、

1時10分からの前半コースは空席が少なくなっています。

前半の指導碁をお受けになりたい方は事前予約をお勧めします。

 

午後4時からの後半コースは比較的空いております。

当日のお申込みでもほぼ大丈夫ですが、電話でご確認いただく方が確実です。

 

 

下北沢囲碁会館の碁本棚に、またまた未読の読み物を発見しました。

三好徹、と言えば文壇碁界では知られた碁達者だったはず。

おもしろくないはずがありません。

 

さっそくアマゾンで…

 

 

 

 

長谷川喜弘の下北沢囲碁教室 ホームページ リンク

 

 

.....................................

 荒川区囲碁同好会 今月の活動カレンダー リンク

.....................................

 

 

 

 

....... えんぴつ りくのら朝学習プリント えんぴつ .......

 

今までのりくのら朝学習プリントをダウンロードできます。

 

No.1 ~ 60 はこちらのページからどうぞ リンク

 

 

No.61 記号を考えよう リンク ( H ってヘリコプター? )

No.62 夢を思い出す リンク ( 鉄錆色がかった血の色だってさ )

No.63 いくらぐらい? リンク ( まちがえたって大丈夫だよ! )

No.64 はんこの文字 リンク ( 鏡文字でもほめてくれた先生 )

No.65 なにで包みますか? リンク ( ぼえむはいいからさあ )

No.66 あたまにつく言葉 リンク ( 週末の朝寝の快適さ )

No.67 ひも通し リンク ( 紙製碁石の残りの紙 )

No.68 はかる道具 リンク ( はかれないものも考えよう )

No.69 筆記体に挑戦 リンク ( 実はあんまり使われてない? )

No.70 間取りを書こう リンク ( 不動産広告っておもしろいですね )

 

No.71 行きたい所 リンク ( あなた降る夢の奥さんが素敵 )

No.72 数の並び リンク ( 一を知って十を知る )

No.73 恐ろしい妖怪 リンク (宇宙最強にしてやることはそれ? )

No.74 好きなものはなに? リンク ( 学校の怪談 )

No.75 学名を覚えるぞ! リンク ( サイは投げられた )

No.76 どんなものを入れる? リンク ( 本棚の上の桐箱の中には

No.77 気持ちを想像する リンク ( 黙って見ていてあげる能力 )

No.78 星座の記号 リンク ( 日本人は占いが好き? )

No.79 早口言葉リンク ( 彼女が海岸で掘ったのは )

No.80 今までで一番 リンク ( 忘れられないもぎたてライチ )

 

No.81 ヒエログリフ リンク ( メジェド様 )

No.82 あなたが知っている… リンク ( おかんアートができたわけ )

No.83 略語の元は? リンク ( たまごかけごはん )

No.84 □を並べよう リンク ( テトリスと五目中手 )

No.85 ふたをしめる リンク ( マヨネーズのふたは二段式 )

No.86 本の綴じ方 リンク ( 教科書の向きが揃いません )

No.87 あみだくじを作ろう リンク ( ゴールも考えて )

No.88 ふえていくしりとり リンク ( 先生、それ前からあるやつ )

No.89 立方体の数 リンク ( りっぽくんを積もう )

No.90 世界のあいさつ リンク ( 世界に平謝り? )

 

No.91 粉と豆はすごい リンク (焼きたてスコーンが食べたい )

No.92 おとこ、おんな、そのた リンク ( いちばんえらいめんどりは )

No.93 先生を困らせよう リンク ( よい子への道 )

No.94 鳴らしてみたい楽器 リンク ( トロンボーンには短すぎ )

No.95 くりかえしの言葉 リンク ( 自分の脳みその好みを知ろう )

No.96 お買い得はどれ? リンク ( 白い玉が入っていたらアタリ )

No.97 アルファベットの略語 リンク ( ピンクレディーが流行ってた )

No.98 枝分かれ リンク ( 薬物乱用教室 )

No.99 種の入り方 リンク ( 箱から取り出せない本 )

 

No.100 中には何が入ってる? リンク ( シューベルトの鱒 )

No.101 何回折れた? リンク ( 本のページを折っちゃだめ? )

No.102 何に使う道具? リンク  ( の記事 )

No.103 コントロールボックス リンク ( アキハバ~ラ、オモシロ~イ )

NO.104 色を塗ろう リンク ( 教科書が読めない子どもたち? )

No.105 飾り文字に挑戦 リンク ( 褒めることの功罪 )

No.106 高さを想像しよう リンク ( ある日窓からスカイツリーが )

No.107 思い出せる? リンク ( 実は今もかなり時間が迫っているんです )

No.108 お風呂で洗う順番 リンク ( 銭湯の作法 )

No.109 もっと思い出せるかな? リンク ( ぼへ~だって )

No.110 名前をつけてね リンク ( 子ども言葉を記録しておこう! )

No.111 小さい順に リンク (スーパーボールの大きさは

No.112 10になる計算 リンク ( 一番にできる、すごいのができる )

 

 

No.1 ~ 60 はこちらのページからどうぞ リンク

 

 

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ
にほんブログ村  ← これクリックしていただけると、他のサイトの囲碁好きな方にも知ってもらえるみたいです。

 


囲碁ランキング ← こっちもです。 何卒よろしくお願い申し上げます。

たった今、20行くらい書いたところでブラウザが落ちて、書いた分が消えてしまいました。

悲しくてたまりません。

 

すっごい名文だったのになあ 泣汗

 

逃がした魚は大きく、失われたブログ記事は美しい…

 

気を取り直します。

どうせ駄文だったろうし、記憶が少しでも残っているうちに書かないと

それこそ最初っからひねり出すことになるから…

 

 

 

水曜日の下北沢囲碁教室のお手伝いに行って参りました きゃぁ~♡

 

この日の教材は、教室内でも最強位に位置するおふたりの熱戦譜でした。

熱く ( 厚く、の変換ミスではない ) 力強く、十九路の盤面狭しと暴れまわり、

戦わずして何が碁ぞ、な棋風のEさんと、

最新棋戦の棋譜研究も怠りない理論派で、冷静に石の筋を見極める棋風のYさんです。

 

おふたりの棋風の分析は、もしご自身がこれをお読みになたら、

え~何言ってんの、全然違うでしょう、りくのらさん目ん玉どこにつけてんのかい?

と笑われてしまうかもしれませんが、

りくのらにはこんな風に見えておりますということで、ご勘弁を願うとして… ふ

 

「 棋風 」 って、専門棋士の紹介では必ず言いますね。

世界一厚い碁 とか、 宇宙流 とか、武闘派 とか、戦わずに勝つ とか、

地に辛い とか、 足早 とか。

 

そして自分自身の棋風に合った棋士の棋譜を並べると参考になりますよ、とか、

棋風に合った定石を選ぶといいですよ、とか言いますね。

 

だけど自分がどんな棋風かなんて、分かるようになるのは少なくとも段位者、

はっきりと自覚できるようになるのは高段者になってからの話だと思います。

 

初級者のほとんどは、地はもちろんたくさん欲しいし、相手には地を作らせたくないし、

模様は大きくしたいし ( そしてできたら全部自分の陣地にしたいし ) 

隅にも地を作りたいし、だけど死活はわからないから避けたいし、

戦いは好きじゃないのに、いつの間にか戦いになっちゃうし、

どういう碁が好きだからそういう碁にしたい、なんて考えてる余裕はありません。

 

局面局面でやりたいことがフラフラと定まらず、

そもそも今この局面で自分が何をどうしたいのかも、はっきりとはわかりません。

 

そんな時代に 「 あなたの棋風は? 」 と尋ねられてもわかりませんよね。

あんまり気にしないで、その時に打ちたいように打つのが宜しいと思います。

 

いやその、どう打ちたいかがわからないんですよ、と言われると堂々巡りになりそうだけど ふ

 

斯く申すりくのらの棋風は… りくのらの棋風は…

う~ん、よくわからないなあ。

模様を広げて入らせて戦う碁が多いような気がしないでもないが…

序盤は大抵優勢なのに、緩んで最後に大幅に足りなくなる…のは棋風じゃないか ぶ~イライラ

 

長谷川喜弘先生、りくのらの棋風はなんですか?

 

 

講義と指導碁の合間の小休憩にベランダの喫煙スペースにお籠りになる長谷川先生。

すごく美味しそうに煙草を吸ってるなあ…

 

りくのらは自分では喫煙いたしませんが、

子どもの頃両親が吸っていたので、煙草の葉が燃える香りは大好きです にこ♡

 

正反対の棋風のおふたりの熱戦譜については、次の記事でご紹介いたします。

 

 

下北沢囲碁会館に掲げられている 

手厚くじっくりとした棋風、と言われる高尾紳路先生の色紙。

 

 

 

 

長谷川喜弘の下北沢囲碁教室 ホームページ リンク

 

 

.....................................

 荒川区囲碁同好会 今月の活動カレンダー リンク

.....................................

 

 

 

 

....... えんぴつ りくのら朝学習プリント えんぴつ .......

 

今までのりくのら朝学習プリントをダウンロードできます。

 

No.1 ~ 60 はこちらのページからどうぞ リンク

 

 

No.61 記号を考えよう リンク ( H ってヘリコプター? )

No.62 夢を思い出す リンク ( 鉄錆色がかった血の色だってさ )

No.63 いくらぐらい? リンク ( まちがえたって大丈夫だよ! )

No.64 はんこの文字 リンク ( 鏡文字でもほめてくれた先生 )

No.65 なにで包みますか? リンク ( ぼえむはいいからさあ )

No.66 あたまにつく言葉 リンク ( 週末の朝寝の快適さ )

No.67 ひも通し リンク ( 紙製碁石の残りの紙 )

No.68 はかる道具 リンク ( はかれないものも考えよう )

No.69 筆記体に挑戦 リンク ( 実はあんまり使われてない? )

No.70 間取りを書こう リンク ( 不動産広告っておもしろいですね )

 

No.71 行きたい所 リンク ( あなた降る夢の奥さんが素敵 )

No.72 数の並び リンク ( 一を知って十を知る )

No.73 恐ろしい妖怪 リンク (宇宙最強にしてやることはそれ? )

No.74 好きなものはなに? リンク ( 学校の怪談 )

No.75 学名を覚えるぞ! リンク ( サイは投げられた )

No.76 どんなものを入れる? リンク ( 本棚の上の桐箱の中には

No.77 気持ちを想像する リンク ( 黙って見ていてあげる能力 )

No.78 星座の記号 リンク ( 日本人は占いが好き? )

No.79 早口言葉リンク ( 彼女が海岸で掘ったのは )

No.80 今までで一番 リンク ( 忘れられないもぎたてライチ )

 

No.81 ヒエログリフ リンク ( メジェド様 )

No.82 あなたが知っている… リンク ( おかんアートができたわけ )

No.83 略語の元は? リンク ( たまごかけごはん )

No.84 □を並べよう リンク ( テトリスと五目中手 )

No.85 ふたをしめる リンク ( マヨネーズのふたは二段式 )

No.86 本の綴じ方 リンク ( 教科書の向きが揃いません )

No.87 あみだくじを作ろう リンク ( ゴールも考えて )

No.88 ふえていくしりとり リンク ( 先生、それ前からあるやつ )

No.89 立方体の数 リンク ( りっぽくんを積もう )

No.90 世界のあいさつ リンク ( 世界に平謝り? )

 

No.91 粉と豆はすごい リンク (焼きたてスコーンが食べたい )

No.92 おとこ、おんな、そのた リンク ( いちばんえらいめんどりは )

No.93 先生を困らせよう リンク ( よい子への道 )

No.94 鳴らしてみたい楽器 リンク ( トロンボーンには短すぎ )

No.95 くりかえしの言葉 リンク ( 自分の脳みその好みを知ろう )

No.96 お買い得はどれ? リンク ( 白い玉が入っていたらアタリ )

No.97 アルファベットの略語 リンク ( ピンクレディーが流行ってた )

No.98 枝分かれ リンク ( 薬物乱用教室 )

No.99 種の入り方 リンク ( 箱から取り出せない本 )

 

No.100 中には何が入ってる? リンク ( シューベルトの鱒 )

No.101 何回折れた? リンク ( 本のページを折っちゃだめ? )

No.102 何に使う道具? リンク  ( の記事 )

No.103 コントロールボックス リンク ( アキハバ~ラ、オモシロ~イ )

NO.104 色を塗ろう リンク ( 教科書が読めない子どもたち? )

No.105 飾り文字に挑戦 リンク ( 褒めることの功罪 )

No.106 高さを想像しよう リンク ( ある日窓からスカイツリーが )

No.107 思い出せる? リンク ( 実は今もかなり時間が迫っているんです )

No.108 お風呂で洗う順番 リンク ( 銭湯の作法 )

No.109 もっと思い出せるかな? リンク ( ぼへ~だって )

No.110 名前をつけてね リンク ( 子ども言葉を記録しておこう! )

No.111 小さい順に リンク (スーパーボールの大きさは

No.112 10になる計算 リンク ( 一番にできる、すごいのができる )

 

 

No.1 ~ 60 はこちらのページからどうぞ リンク

 

 

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ
にほんブログ村  ← これクリックしていただけると、他のサイトの囲碁好きな方にも知ってもらえるみたいです。

 


囲碁ランキング ← こっちもです。 何卒よろしくお願い申し上げます。

季節限定

おはようございます きゃぁ~ おひさま

 

ただ今、朝ごはん用に玉子を茹でている際中です。

ちょうどよく茹であがるまでガス台のそばで見張らずに、

こっちにきてブログを書いている、ということは、

玉子は黄身の周りが灰色に変わるくらい固く茹でたハードボイルドになること確定だな え゛!!

 

固茹で玉子、美味しいですよ。

遠足のお弁当に、小さく切った銀紙に包んだ少量の塩と一緒に持って行った茹で卵は、

いつもすごく固く茹でてあった…

 

黄身がトロトロの半熟卵を茹でる時には、

「 3月のライオン 」 のあかりおねいちゃんとひなちゃんの実験結果をちょうだいして、

沸騰したお湯に冷蔵庫から出したての玉子を投入してぴったり6分、でやっています。

ほぼ成功します。

ほぼ、というのは、玉子のサイズのばらつきや、りくのらのうっかりによる差異が生ずるものです。

 

いやいや、玉子の茹で方の話を書こうとしていたんじゃありませんでした。

 

最近、季節限定 !! とうたっている品物がよく売られていますよね。

あれ、あの、季節限定に弱いです。

コンビニスイーツとか、地方のお土産物が一時的に東京のデパートに出店したとか。

創ったり売ったりする人たちの思惑にぴったりと乗っかっているなあ、とは思うんですけど。

コンビニの店頭なんてもう、季節限定!限定商品!のラベルや立て札が

ついていないのを探す方がむずかしいくらいですけど ( 大袈裟ですけど )。

やっぱり気になってちょっと試してみたくなるんだよなあ 泣!

 

無駄遣いばかりしてごめんね ドキドキ><汗  → りくのら夫

 

お気に入りの、丁寧に作られた少しだけ上等な道具を

それを手に入れた時の思い出と一緒に、大切に長く愛用する

 

みたいな暮らしには憧れますけど、

そうもいかないんだよなあ、現実は。

 

たいして気に入っているわけでもない間に合わせで調達したものが、

なぜかいつまでも壊れないで、

そういえばこれウン十年も使っているなあ状態になっていたり、

気に入って揃えたはずのお皿がだんだん壊れて食卓がちぐはぐになったり、

お店で素敵と思って買ってきても、そもそもの好みや趣旨が気まぐれなので

棚に並べて見るとなんだかアンバランスだったりするものです。

 

無駄遣いばかりしてごめんね、ごめんね ドキドキ><汗汗 → りくのら夫

 

そうは言っても、ちぐはぐやアンバランスも量が増えればそれなりに

不調和の調和、と申しますか、響き合う不協和音と申しますか、

乱雑さの中にもなにやらの落ち着きが出て参りまして、

雑多が散らかった中で戴く季節限定のお菓子はなかなか宜しきものなわけです にこ♪

 

秋は季節限定のお菓子が ( いつもより ) たくさんでるから嬉しいです きゃぁ~♡

 

 

画像を貼らないと、下の 「 画像付きの記事 」 って欄に

下北沢囲碁教室のロゴばかりが表れてしまうみたいなので、

いごいご で子どもたちが打った微笑ましい盤面の写真を張り付けておきます にこ♡

 

 

....... えんぴつ りくのら朝学習プリント えんぴつ .......

 

今までのりくのら朝学習プリントをダウンロードできます。

 

No.1 ~ 60 はこちらのページからどうぞ リンク

 

 

No.61 記号を考えよう リンク ( H ってヘリコプター? )

No.62 夢を思い出す リンク ( 鉄錆色がかった血の色だってさ )

No.63 いくらぐらい? リンク ( まちがえたって大丈夫だよ! )

No.64 はんこの文字 リンク ( 鏡文字でもほめてくれた先生 )

No.65 なにで包みますか? リンク ( ぼえむはいいからさあ )

No.66 あたまにつく言葉 リンク ( 週末の朝寝の快適さ )

No.67 ひも通し リンク ( 紙製碁石の残りの紙 )

No.68 はかる道具 リンク ( はかれないものも考えよう )

No.69 筆記体に挑戦 リンク ( 実はあんまり使われてない? )

No.70 間取りを書こう リンク ( 不動産広告っておもしろいですね )

 

No.71 行きたい所 リンク ( あなた降る夢の奥さんが素敵 )

No.72 数の並び リンク ( 一を知って十を知る )

No.73 恐ろしい妖怪 リンク (宇宙最強にしてやることはそれ? )

No.74 好きなものはなに? リンク ( 学校の怪談 )

No.75 学名を覚えるぞ! リンク ( サイは投げられた )

No.76 どんなものを入れる? リンク ( 本棚の上の桐箱の中には

No.77 気持ちを想像する リンク ( 黙って見ていてあげる能力 )

No.78 星座の記号 リンク ( 日本人は占いが好き? )

No.79 早口言葉リンク ( 彼女が海岸で掘ったのは )

No.80 今までで一番 リンク ( 忘れられないもぎたてライチ )

 

No.81 ヒエログリフ リンク ( メジェド様 )

No.82 あなたが知っている… リンク ( おかんアートができたわけ )

No.83 略語の元は? リンク ( たまごかけごはん )

No.84 □を並べよう リンク ( テトリスと五目中手 )

No.85 ふたをしめる リンク ( マヨネーズのふたは二段式 )

No.86 本の綴じ方 リンク ( 教科書の向きが揃いません )

No.87 あみだくじを作ろう リンク ( ゴールも考えて )

No.88 ふえていくしりとり リンク ( 先生、それ前からあるやつ )

No.89 立方体の数 リンク ( りっぽくんを積もう )

No.90 世界のあいさつ リンク ( 世界に平謝り? )

 

No.91 粉と豆はすごい リンク (焼きたてスコーンが食べたい )

No.92 おとこ、おんな、そのた リンク ( いちばんえらいめんどりは )

No.93 先生を困らせよう リンク ( よい子への道 )

No.94 鳴らしてみたい楽器 リンク ( トロンボーンには短すぎ )

No.95 くりかえしの言葉 リンク ( 自分の脳みその好みを知ろう )

No.96 お買い得はどれ? リンク ( 白い玉が入っていたらアタリ )

No.97 アルファベットの略語 リンク ( ピンクレディーが流行ってた )

No.98 枝分かれ リンク ( 薬物乱用教室 )

No.99 種の入り方 リンク ( 箱から取り出せない本 )

 

No.100 中には何が入ってる? リンク ( シューベルトの鱒 )

No.101 何回折れた? リンク ( 本のページを折っちゃだめ? )

No.102 何に使う道具? リンク  ( の記事 )

No.103 コントロールボックス リンク ( アキハバ~ラ、オモシロ~イ )

NO.104 色を塗ろう リンク ( 教科書が読めない子どもたち? )

No.105 飾り文字に挑戦 リンク ( 褒めることの功罪 )

No.106 高さを想像しよう リンク ( ある日窓からスカイツリーが )

No.107 思い出せる? リンク ( 実は今もかなり時間が迫っているんです )

No.108 お風呂で洗う順番 リンク ( 銭湯の作法 )

No.109 もっと思い出せるかな? リンク ( ぼへ~だって )

No.110 名前をつけてね リンク ( 子ども言葉を記録しておこう! )

No.111 小さい順に リンク (スーパーボールの大きさは

No.112 10になる計算 リンク ( 一番にできる、すごいのができる )

 

 

No.1 ~ 60 はこちらのページからどうぞ リンク

 

 

 

長谷川喜弘の下北沢囲碁教室 ホームページ リンク

 

.....................................

 荒川区囲碁同好会 今月の活動カレンダー リンク

.....................................

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ
にほんブログ村  ← これクリックしていただけると、他のサイトの囲碁好きな方にも知ってもらえるみたいです。

 


囲碁ランキング ← こっちもです。 何卒よろしくお願い申し上げます。