明日の教室の教材の準備から逃避するためにブログを書きまくっております。

 

楽しい囲碁教室長谷川喜弘先生がおっしゃった言葉で、

すっぽりと腑に落ちたのがありました。

 

できあがった陣地の大きさが大事なんじゃない、

その地を作るのにどれだけ石を使ったかが大事なんです。

 

あっ、なるほど え゛!!

 

と思いました。

 

たくさん石を使えば大きな陣地ができるのは当然です。

盤上に大きな相手の陣地ができそうになると、

焦りのココロが生ずるものですが、

その陣地を作るために相手が使った石の数を勘定して、

その数に対してその陣地の広さはどうかな、と考えることが大事なわけです。

 

勘定した結果、更なる焦りが生ずる場合も多々あるわけでございますが 泣汗

 

 

 

もうひとつ、ああ、あるよそういうこと、と思ったお話もありました。

 

自分の陣地を大きくしたいから、広めに開きたい。

( 開く、というのは先に打ってある自分の石から碁盤の縁に平行の方向へ距離を開けて石を置くことです。 )

だけどあんまり広く開き過ぎると、相手にその間に打ち込まれて怖いからほどほどにしておきたい。

 

という二つの欲求がせめぎ合った結果、

狭くもなく、広くもない、中途半端な距離にヒラキを打ってしまう。

 

すると案の定打ち込まれて、地にならないどころか、開いた石同士が分断されて泣き別れ、

どちらも困ったことになっちゃう。

 

ああ~、あるある。

 

しっかりと固く打ちたいんだったら、変に欲張らずに打ち込みの余地がない距離に開いてしっかりした石にする。

( 三線だったら二間ビラキ )

広く開いて模様にするなら、むしろ相手に打ち込ませて、

打ち込まれたらその石を攻めて、

開いた石の内側じゃなくて、その外側で利益を上げる作戦で行く。

 

よぉし、わかりました !

 

さて、そろそろ大分切羽が詰まってきたので教材作りに取りかかります。

 

ラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインライン

 aya 荒川区囲碁同好会 今月の活動カレンダーリンク

ラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインライン

にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ
にほんブログ村  ← これクリックしていただけると、他のサイトの囲碁好きな方にも知ってもらえるみたいです。

 


囲碁ランキング ← こっちもです。 どうぞ宜しゅう。

よみうりカルチャー町屋の楽しい囲碁教室では、

講義の教材は生徒同士の実戦棋譜や、長谷川喜弘先生の指導碁の棋譜が使われます。

 

自分自身や、普段対局している人が打った手なのでとても参考になります。

対局中に 「 う~ん、この手はどうかなあ、こっちの方がいいかなあ。 」 と迷った手が

疑問手や悪手として指摘されるケースは多いようです。

多いようですが、それは至って当たり前のことだそうです。

 

しかし本当に役に立つのは、

対局中に 「 お、これはいい手じゃないの? 」 と自信を持って打ったり、

なんの疑問も抱かずに当然ここだね、と思って打った手が、悪手・疑問手として指摘されるときです。

 

あたり前のように打ってしまっている悪手・疑問手は実戦では気がつきにくい。

 

直後に石を取られたり、裂かれ形になったり、封鎖されたり、とものすごくイケない事態が発生すれば、

ああ、あの手はよくない手なんだなあ、と気がついて、次から打たなくなるものですが、

多少互角より悪い仕上がりになる、程度の疑問手だと、

気づかずそのまま進んで行ってしまうことがほとんどです。

 

そういうちょっとだけ不利、ちょっとだけ不満足な手を何度も繰り返していると、

最終的には大きな差が生ずることに。

だけど石を取られもせず、あからさまに悪い形になるわけでもないから、

どの手が原因で大差になったのがわからない。

 

意識しない悪手・疑問手のせいでちょっとだけ嫌な形に仕上がってしまった、

そのせいで後々の戦いで非常な不利が発生しても、

その手を打ったのははるか遠い過去のことなので、

悪手・疑問手だったことに思い至らないこともよくあります。

 

て言うか、大抵思い至りません。

だから次も同じように打ってしまいます。

 

というわけで、講義で自分が打った碁の棋譜を添削解説してもらえることは非常に役に立つ きゃぁ~ハート

はず 泣!

ちゃんと聞いてれば 泣!!

 

 

今週、りくのらは昇段したばかりのノヤロウさんと対局しました。

2子でな 泣イライラ

 

来週の教材に使われるそうです。

楽しみです ふ

 

( と、こう書いているあたりから結果は推測してみていただきたい ふ )

 

対局が早く済んだので、熱く対局中の生徒仲間さんたちの様子を撮影致しました。

皆さん、それぞれいろんな対局ポーズや癖をお持ちです。

 

 

はんなり京都弁様のこの碁笥の縁に手を掛けて肘をはるポーズは多分癖。

いつもこういう形です。

手前ご婦人の頬に手を当てて考える姿勢も。

 

 

対局中、頻繁に深いため息をつく水彩画伯。

しかしそれは形勢が悪い時ばかりとは限らないところが要注意。

 

手前の紳士は教室で一番棋力が高い方ですが、

腕組みして背を反らして盤面を眺める癖がおありです。

なるほど、ああやって盤面全体を見渡しているわけですか。

今度真似してみよう。

 

 

自称猫背のねこ丸さんと、こちらも高段の折り紙師匠様。

折り紙師匠様の対局中の口癖は

「 う~ん、どっちにしようかなあ。 」

 

どっち?

どっちってどのどっち?

 

整地する頃になると長谷川喜弘先生が総評をくださいます。

勝ち負けには関わらず、大抵どちらもよく打てたところや考え方を褒められます。

 

 

 

 

ラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインライン

 aya 荒川区囲碁同好会 今月の活動カレンダーリンク

ラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインライン

にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ
にほんブログ村  ← これクリックしていただけると、他のサイトの囲碁好きな方にも知ってもらえるみたいです。

 


囲碁ランキング ← こっちもです。 どうぞ宜しゅう。

楽しい囲碁教室 に行って参りました。

 

これ ↑ は教室の名前です。

うん、囲碁の教室であるということ以外は何も伝えてこない… 気もするけど、

実のところ、町屋文化センターで毎週月曜日の午前中に開講しているこの囲碁教室は

とっても楽しいです きゃぁ~♡

 

教室は9時45分から始まります。

まずは詰碁で頭の体操。

 

このところの詰碁の問題は橋本宇太郎先生の 「 詰碁・太平記 」 から出題されているようです。

ふうむ、そんならちょっくらアマゾンで注文して答えを覚えておけば全問正解できるんじゃないか ふ

と思って調べてみたら、

囲碁の神様はりくのらの悪だくみをお許しにはならないみたいで欠品でした ぶ~ため息

 

ふむふむ、だけどアカシヤ書店にはあるみたいだね… ふ ( 諦めが悪い性格 )

 

 

大盤に問題図を並べた後、教室内を巡回して生徒たちの碁盤の上を覗き込む長谷川喜弘先生

検閲されている気持ちになり、一気に緊張する生徒たち ( え、りくのらだけですか? )

 

そして、頭を抱えて詰碁と戦っていたら、先生に図が一路ずれていることを指摘されたノヤロウさん にこ♡

 

最近、先生は詰碁を出題した後、5分ばかり席を外されるようになりました。

これはカンニングを推奨なさっているにちがいありません え゛!!

 

り コスミは?

水 すぐアタリになっちゃうからダメ。

り あっそうか、じゃあ…

水 サガリだとどう?

り オイオトシじゃん!

水 だよねえ、下アテは?

り 白は絶対ツグから…

水 その後がわからないんだよね。

り 取られてもいいんじゃないの?

水 あ、そうか! それじゃあ…

り ええっと、でも渡れないと取られてお終いだけど…

 

水 なんかかっこ良くない? 囲碁用語で会話できるのかっこ良くない?

り かっこいい きゃぁ~! かっこいい きゃぁ~!!

 

と、なぜか途中から意識が詰碁から離れて行ってしまい、

正解にたどり着く前に先生が戻ってきてしまいました 泣!

 

石を置かないでも囲碁用語で会話できるの、かっこいい きゃぁ~♡

なんかかっこいい きゃぁ~♡ハート♡♡

強い人っぽい きゃぁ~♡ハート♡♡♡

 

ええっと、詰碁は途中まで合ってました。

3子取らせてるところまで。

そして1線に飛んで渡る 「 ねこ丸渡り 」 が正解でした。

 

 

ねこ丸さんが発明した手です。

うそです。

常用の渡りの手筋ですが、碁盤の縁の1線を使って低空飛行で渡るので、ちょっと気がつきにくいんです。

前回この手筋が使われる詰碁の問題が出された時に、ねこ丸さんが正解して褒められたので

りくのらの脳内ではこの手筋は 「 ねこ丸渡り 」 と命名されています。

 

詰碁の問題を解くことと、実戦でそれを活かすことについてのお話を聞きました。

 

その1

詰碁の形は実戦にしばしば現われる。

 

詰碁をアタマの体操、パズル、実際にはできない形の創作、と思っていると実はそうでもない。

頻出する定石や手筋から詰碁の形が表れることは意外に多い。

 

と長谷川喜弘先生はおっしゃって、

まさにこの日の講義の教材棋譜、先週ねこ丸さんと詰碁名人水彩画伯が打った対局の右上隅に

本日の詰碁の形が生ずる可能性があったことを並べて見せてくれました。

 

おおう…

 

その2

だけど詰碁と実戦はちがう。

 

詰碁の問題だったら黒先白死とか、黒先活きとか、答えがひとつに定まっているので、

その正解を目指して考えればいいわけですが、

実戦の盤面上に同じ形が現われた時には、

詰碁問題の正解を出すことが実戦の正解とは限りません。

 

詰碁的に正しく急所を見つけて相手の陣地の中で見事活きたとしても、

ジタバタとたくさん石を使って、数目ばかしの地しかできなくて、

むしろその周囲にがっちりと相手の石が置かれてしまって、

隣近所の自分の仲間たちに大迷惑 泣汗 ってこともあります。

 

あんまり詰碁が大好き過ぎると、

盤上で相手を殺す手、活きる手が見えるや否や、

周囲の状況に眼を配るのも忘れて詰碁的な打ち方に夢中になってしまい、

詰碁的には正解しても盤上の形勢はちっともよくならない、みたいなことがあり得ますそうです。

 

ま、そうは申しましても、死活がわからないよりはわかる方がいいに決まってますけどな え゛!!

 

その3 

詰碁の能力は死活問題が浮上する前にこそ。

 

詰碁の力が本当に実戦で活かされるのは、

盤上に詰碁の形が出現するその前の段階だそうです。

 

現時点では活きている石だけど、隣近所で諍いが発生して、

その流れでこの辺りに黒石が ( 白石が ) 来たら、利きというものが生じる。

 

するとさっきまでは余裕で活きていた石が 「 黒先白死 」 ( 「 白先黒死 」 ) の詰碁に変身。

 

ということは、真に詰碁の能力は、詰碁の答えがわかるだけじゃなくって、

周囲のこの辺に石が来たら死活の問題が生ずる、ってことを把握しておいて、

その理解を周囲の石の持って行きようを決める時に役立てられる能力、ということになります。

 

相手の石が近くに来たらこの隅は最悪コウになるから、

右辺では戦いを起こさないようにしよう、とか、

自分の石が1線まで下がれば、相手は手を入れる必要があるんだから、

逆側の打ち込みに対しては結構強く戦えるはず、と作戦を立てる、とか。

 

というお話を聞いていて、

う~ん、易々とはできなさそうな話だが、

そういうことができたらさぞかし囲碁という遊びの面白さは増すことだろうなあ、と思いました きゃぁ~ハート

 

それを目指してやってみるよ きゃぁ~ハート♡♡

 

 

 

ラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインライン

 aya 荒川区囲碁同好会 今月の活動カレンダーリンク

ラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインライン

にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ
にほんブログ村  ← これクリックしていただけると、他のサイトの囲碁好きな方にも知ってもらえるみたいです。

 


囲碁ランキング ← こっちもです。 どうぞ宜しゅう。