こんにちは、りんご塾いなえ校です。

 

先日稲枝地区にチラシを入れたんですがご覧いただけましたか?

 

 

りんご塾いなえ校を始めた頃の生徒が今中学1年生になりましたが、自学自習をして本人たちが納得いく成績を取ってきています。

 

納得と書いたのは満足とは違うからです。

 

本人たちはもっと取りたいと思っているんでしょうが、僕が中学生の頃のことを考えると十分じゃないのかなぁと感じるほど底力を小学生のうちに身につけています。

 

小学校の頃の勉強って本当に大切です。

 

 

りんご塾いなえ校のそろばんは、りんご塾の算数と同じ教室で行っています。

 

フラッシュ暗算もたくさんの子たちにしてもらいたいのでパソコンも数台準備しております。

 

無料体験は随時行なっておりますので気軽にご連絡ください。

 

 

 

◆お問い合わせはこちらから◆

 

 

◆ HP

ブリッジ・りんご塾いなえ校

◆ メールアドレス

ringojukuinae@gmail.com

◆ 電話番号

0749-20-5392

◆ 住所

・りんご塾いなえ校(塾・そろばん)

 彦根市稲枝町311-5

・受付時間・14:00〜22:00)

 

 

2年ぶりにふるやまんと会いました。

ふるやまんとは毎日話しているので久しぶり感が全くなかったんですが2年ぶりやったんですね。

お互い二人の娘を持つお父さんです。

家族構成も同じです。(だから2人でよく喋る)

ふるやまんの記事は必見なので是非御一読下さい。

先日ふるやまんが僕に「中学生の頃どんな中学生やった?」と訊いてくれはったことを記事にしてくれはったのでそのご紹介です。

 

 

ふるやまんのマスラボも僕も賢こかったり努力出来る生徒に恵まれているので「先生もそうやったんですよね??」みたいなことを言われることもあるんですが2人とも至って普通の中学生でした。

 

 

ふるやまんも僕も普通に地元の公立中学から公立高校に進学していたので、正直、今僕たちが持たせてもらっている生徒たちのことを「すげぇー!」と話すことも少なくありません。

 

 

それでもまあ2人ともがどんな中学生だったのか、どんな生活を送っていたのか気になる保護者さん(というより子どもたちの方が気になっているかもしれんなぁ)に何か参考になることがあればいいなと思ったのでご紹介させていただきますm(_ _)m

 

 

 

是非ご一読くださいm(_ _)m

 

一点だけ言うのを忘れていたのは、部活を引退してからの勉強時間は平日で6〜7時間でした。

 

 

基本6時間で、その時間内にできなかったことを残りの1時間でするようにしていました。なので土日は大体10時間〜12時間ですね。

 

 

僕は理科が得意ではなかったので、塾の先生にお願いして理科のテキストを準備してもらいそれをせっせこせっせこしていたのを覚えています。

 

 

 

で、ふるやまんも書いてはりますが、トップ校に行く人たちって多分これくらいの勉強時間を普通にする人たちやと思います。

 

 

僕の場合だと自分が賢くないのは自覚していたので勉強時間くらいはしっかりせんとと思っていました。

 

 

あと「勉強と部活の両立はしんどく無いですか?」ということをよく聞かれるんですが、実を言うと当時そう言うことは全く考えたことがありませんでした💦

 

 

なぜかと言うと、それをするのが当たり前やと思いすぎてたのでどちらか一方しか頑張らないという考えが本当に0だったんですよね。

 

 

県大会で上位に行けば行くほどそういう連中が多くて、僕が一番仲が良かった他の中学の安◯という友達(超弱小中学だったのに、めちゃくちゃ強かった)と2年生から3年生になる春休みの強化練習会で話していた時、

 

 

 

安「田中〜、お前はどこの高校目指してる??」

 

僕「俺は東高かなぁ〜?安◯は?」

 

安「俺は膳所かなぁ〜?勉強もしたいしなぁ〜」

 

僕「ほな高校入ってからも対戦することあるな〜!」

 

 

 

と2人で話していたのをすごくよく覚えています。

 

思い返すと多分2人ともがお互いにシンパシーのようなものを感じていてよく話していたんだと思いますね。

 

 

ちょっと話が逸れてしまいましたが、多分、当たり前のことを当たり前にするだけでいいんだと思います。

 

今の自分を振り返って、提出物が疎かだったり、家庭学習の時間が短かったりしたり、スマホをいじっている時間が勉強時間を超えたりしていたりすると、それは当たり前のことができていない証拠になるのかなぁ?なんて思います。

 

 

 

中間テストも返ってきましたし、うちの塾はなんか以前にもましてピリッといい雰囲気を生徒たちが出していてくれています。

 

点数も上げてくれた生徒が多かったので期末テストはもう少し上げていきたいなと思っています。

 

 

◆お問い合わせはこちらからお願い致します◆

 

 

◆ HP

ブリッジ・りんご塾いなえ校

◆ メールアドレス

ringojukuinae@gmail.com

◆ 電話番号

0749-20-5392

◆ 住所

・りんご塾いなえ校(塾・そろばん)

 彦根市稲枝町311-5

・担当:田中(受付時間・14:00〜22:00)

 

 

2年前、タイトルのようなことを言って入塾してきてくれた生徒がいました。

 

 

やっぱり運動は出来るので稲枝では有名な子だったんですが、それまでサボっていた勉強のツケが来ていて成績的には本当に厳しかったんです。

 

 

学校の先生からも

 

 

「志望校へはかなり厳しい…」

 

 

と言われていました。

 

 

ただ持ってくる質問とか、勉強をしている姿を見ていると「あ、この子は周囲から受けている評価よりも勉強に向いているな。」と感じていました。

 

 

そしてその子の持っている人間性というか根性というか、素直さ・努力が出来る才能を見ていると、必ず志望校へ合格してくれるんやろなと思っていました。

 

 

体験授業から高校の入試の日までで、休んだのはご家族の予定があった1日だけ。

 

うちは来たい放題の塾ではありますが、ここまで休まず通塾していた子は今まででこの子だけです。

 

 

合格した後も、テスト前になったら塾に来て勉強をする頑張り屋さんなんですが、今日その子の学校が秋季大会で優勝し、近畿大会への出場を決めてくれました!(近畿大会出場は昨日の時点で決まっていたんですが、1位通過と2位通過ではやはり違います)

 

Yahooニュースより引用。

 

 

高校野球ファンの方なら、近江山田くんがスーパー2年生ということで注目されていることはご存知だと思うんですが、そういった私学相手にしっかり勝ち切っての優勝です。

 

 

私学を倒し滋賀県を制する練習をしながら、テスト前には自分の目標であるもののために塾に勉強しにくるこの生徒。

 

 

こういう生徒が育っていってくれるのは本当に嬉しいことですね^^

 

 

 

 

◆お問い合わせはこちらから◆

 

 

◆ HP

ブリッジ・りんご塾いなえ校

◆ メールアドレス

ringojukuinae@gmail.com

◆ 電話番号

0749-20-5392

◆ 住所

・りんご塾いなえ校(塾・そろばん)

 彦根市稲枝町311-5

・担当:田中(受付時間・14:00〜22:00)

 

 

今日の記事は登場してくる本人に許可を得て書いています。

 

稲枝は本当に田舎なので誰かと特定出来てしまうんですが、本人に確認をとったところ

 

「ブログに書いてもらっても大丈夫ですよ。自分も高校受験の時からの思い出を書きます。」

 

と言ってくれたので、この子への感謝、自分への戒め、色んな感情を込めてこの記事を書くことを決意しました。

 

 

 

 

2年半前、僕は今回この生徒を第一志望不合格にしてしまいました。

 

 

僕は自分の人生に後悔はないと言って生きてきたんですが、2年半前の受験に関しては後悔に似た感情を抱いています。

 

この受験に関わったみんなが本当に悲しくていっぱいいっぱい泣きました。

 

この生徒や保護者さんは僕が知らないところでも泣いていたことでしょう。

 

僕は生まれて初めて「自分はとんでもないことをしてしまった。」「これから贖罪の数年が始まる」と感じたのを覚えています。

 

 

それなのに僕はこの生徒や保護者さんにずっと救われてばかりの数年を過ごすことになっていきます。

 

 

 

 

これは2年前に夏期講習の募集のために作ったチラシの裏面です。

 

ウチの塾のことを知ってもらうためには「この子に体験記を書いてもらうしかない。」「本当に酷なことを自分はしている。」という葛藤を抱きながらこの子にお願いしたんですが、快諾してくれ次の日にはこの文章を送ってきてくれました。

 

普通なら「合格体験記」を書いてもらうのに「不合格体験記」を書いてくれたんです。

 

この子はどんな人間性の持ち主なんや?と当時も驚かされていました。

 

今居ててくれる生徒たちはこの体験記を読んで入会してきてくれた人も少なくありません。

 

 

 

 

そして2年半が経った今、見事ICU(国際基督教大学)の合格を決めて来てくれました。

 

今回も体験記を書いてくれたので、どうか色んな方にご覧頂きたいと思います。

とてつもない挫折をした15歳の子が、その後どのような生き方をしていたか。

それではどうぞ。

 

 

 

 

 私は3年前の高校受験で、公立高校に落ちて滑り止めの私立高校に通うことになりました。受験に失敗した、と思っていました。でも、今ではあの時落ちてよかったのだと思います。

 

 

 高校に入学したころから、高校受験で落ちたことが悔しくて悔しくて、絶対賢くなってやる、と意気込んでいました。毎日朝一番のバスに乗って学校に行き、1番遅いバスに乗って家に帰りました。広々とした教室を1人で満喫しながら勉強していました。それが至福の時間でもありました。私の高校は勉強を頑張る人が少なめだったからできたことです。だから先生も独占できたし、私にとってはとても良い環境が揃っていたと思います。

 

 

 私は入学してから3年生の初めまでずっと国公立大学に進学するつもりでいました。

 

 

 今度こそ自分の実力で受験の競争を勝ち抜きたいと考えていました。ただ、私には将来の夢ができました。その夢を叶えるには、大学はある程度の知名度と充実した研究施設、企業や他大学とのつながりや共同研究が必要でした。出願ギリギリになって、私は自分の将来のために指定校推薦で私立の大学を受験することに決めました。

 

 

 指定校推薦は、高校から出願できる定員が決まっており、他の人たちは前々から推薦枠を勝ち取るための対策をしていたため私は出遅れた形になりました。指定校推薦は成績がとても大切です。私はずっと一般受験のつもりだったのであまり成績は気にしていませんでした。でも、今まで手を抜かずに勉強してきた甲斐もあり、成績はそこそこ良かったと思います。難関私立大学に出願し、推薦枠を勝ちとることができた。

 

 

 結果はどうなるかわからないから、その時その時自分にできる精一杯のことをするのが大切だということを改めて実感しました。今頑張っていることが将来どのようなことで役に立つのかはわからないけど、無駄なことなど一つもないのだと思います。

 

 私は大学が決まっても気が抜けないと感じています。私が行くことになるであろう大学は今の自分のレベルよりもさらに1段どころか2段3段くらい高いレベルだからです。勉強はもちろん、志望理由書を書いたり奨学金を得るための論文を書いたり、学校の行事に参加したり、さらには運転免許を取ったり…。私にはまだまだ足りないことがあって、しなければならないことがたくさんあります。このままでは大学へはいけません。「人事を尽くして天命を待つ」。私の好きな言葉です。将来何が起こるのかはわからないけど、私は目の前のことを一生懸命真面目に取り組みつづけたいと思います。

 

 

 最後に、私はたくさんの人に支えられてここまで来れました。家族をはじめ友達や先輩、先生方が私にたくさんのいい影響を与え、支えてくれました。立派な人になって胸を張って生きていくことで、もらったものをいつか返せるようになりたいと思います。

 

※原文ママ

 

 

この体験記を昨晩送ってきてくれた時、やっぱり泣けてきました。

 

「あぁ、また僕はこの子に救われてしまった…」

 

と。

 

 

この体験記に対して僕の余計な感想は必要ではないと考えています。

 

ただ、この子が言っている通り

 

 

『結果はどうなるかわからないから、その時その時自分にできる精一杯のことをするのが大切だということを改めて実感しました。今頑張っていることが将来どのようなことで役に立つのかはわからないけど、無駄なことなど一つもないのだと思います。』

 

 

と言うことが真実であるということだけお子さんに伝えてあげて頂ければ、僕やこの子・この子保護者さんたちは嬉しいなと思います。

 

 

 

 

◆お問い合わせはこちらから◆

 

 

◆ HP

ブリッジ・りんご塾いなえ校

◆ メールアドレス

ringojukuinae@gmail.com

◆ 電話番号

0749-20-5392

◆ 住所

・りんご塾いなえ校(塾・そろばん)

 彦根市稲枝町311-5

・担当:田中(受付時間・14:00〜22:00)

 

 


以前上の記事でご紹介していた講座ですが、定員となりましたのでお申し込みを締め切らせて頂きます。

お申し込み有難うございます。


単発の講座の予定ですが、アンケートの結果次第ではまた開講したいと思いますので、今回お申し込みに間に合わなかった方がもしいらっしゃればその時によろしくお願いします。

こんばんは、久しぶりの更新となります。

 

コロナ禍において保護者さんのあらゆる面の不安が大きくなっているのを感じています。

 

僕も中学生の娘がおりますので、学習面の漏れがないようにするのはもちろんですが、それ以上にメンタルの部分のケアを心がけなければいけないなと感じて生活しております。

 

 

 

 

さて、保護者さん・生徒からよく質問されるものの中に

 

 

「国語が分からない。」

「国語の勉強の仕方がわからない」

 

 

という似て非なるものがあります。

本当に似ていますが全く違うものです。

 

 

前者の場合の生徒は漢字の読み書きが不十分なケースが多いですね。

 

中学生であれば

 

「国語と数学と英語を同じ割合くらいで調整しながら勉強してる?」

 

と訊き返します。

 

 

まぁほぼ100%していないです。

なのでとりあえずは同じくらい勉強時間をとって、自分で疑問を持ち、それを僕に質問できるようになるまで待ちます。

 

 

 

後者の場合だと基礎的な知識こそあれど、どのようにして国語のテストの点数を上げたら良いのか分からないという状態が多いです。

解答のテクニックを伝えれば解けるようになるのは分かってはいるんですが、それは自分たちの経験からある程度は学んでほしいと考えているので僕は解答テクニックは入試直前になるまで指導しません。

 

 

 

 

その理由は母国語を学んでいるというのはどういう意味なのか?と考えてもらいたいからですね。

 

 

 

こういったブログのようにテキスト(文字)で書かれたもので、全ての人にこちらの伝えたいことを100%伝えることというのは難しいですし、同じく誰かと話していても自分の思いとは裏腹な伝わり方をすることは人間関係の中で少なくありません。

 

 

 

なので国語が超得意な塾長が一つ講座を作ります。

 

題して、

 

「国語は母国語だ、何も怖くない。これを身につければ読書も解答も楽しくなる!」

 

講座です。

 

 

○ 期間:お申し込み頂いた日〜10月末日までで4回
○ 対象:字が読める子たち〜中3生まで。(内部生・外部生・オンライン問いません。)

○ 内容 : 塾長とともに読書をしながら生徒に応じて必要な会話をして指導していきます。 

○ 教材 : こちらで用意致します。その後、授業で気がついた点などを参考にオリジナルのテストを作成致します。

○ 授業料:55,000円(税込)(全4回分)

○ 授業日時 : 各週土曜日 10:00 ~ 10:50 / 11:00 ~ 11:50 (各回1名ずつ。振替無し)
○ 申込方法:直接塾へお越しいただくか
こちらのメールからお申し込み下さい。

 

 

国語が苦手だと勘違いしている子どもたちと出会えたら嬉しいなと思っています。

 

それではお問い合わせお待ちしております。

 

 

 

◆ HP

ブリッジ・りんご塾いなえ校

◆ メールアドレス

ringojukuinae@gmail.com

◆ 電話番号

0749-20-5392

◆ 住所

・りんご塾いなえ校(塾・そろばん)

 彦根市稲枝町311-5

・受付時間・14:00〜22:00

 

こんばんは、田中です。


本日、数学検定の合格発表がありました。



今回受検したのは小学生の頃からりんごの算数をしていてくれた3名の中学1年生。



ウチの塾はそれぞれのペースで学習を進めていますのでみんな勉強している単元もバラバラです。



今回の3人は小学生の頃からりんごの算数をしていてくれたので、中学生になってからの数学も非常に進めやすいです。



本来なら公立中学校に通う中学1年生なので、夏休み前の一学期だったら中学1年相当の5級に合格すればまぁOKなのですが、今回受検したのは3人とも中学2年相当の4級です。



一次は7割、二次は6割で合格なんですが、全員がどちらも8割以上取っていたので良かったです。



今のペースなら秋には3級合格が目指せるかなと思っています。


ただ、僕からは無理はさせずに、それぞれの習熟度に合わせて受検していってくれたら良いなと思っています。

 

 

 

◆お問い合わせはこちらから◆

 

 

◆ HP

ブリッジ・りんご塾いなえ校

◆ メールアドレス

ringojukuinae@gmail.com

◆ 電話番号

0749-20-5392

◆ 住所

・りんご塾いなえ校(塾・そろばん)

 彦根市稲枝町311-5

・担当:田中(受付時間・14:00〜22:00)

 

 

先日の記事にも書きましたが、皆さん「普通の生活」が送れていますか?

 

なぜなんでしょうか、普通の生活を送っていないと言う声をよく聞きます。

 

別に勉強だけが全てではありませんし僕もそうは思っていませんが、学力も他の力もこういった縛りのない生活の中で自分の自己管理能力を育てないとつかないと思っています。

 

 

こういう時期にこそ自己管理能力をつけてもらいたいと思っています。

 

 

 

◆お問い合わせはこちらから◆

 

 

◆ HP

ブリッジ・りんご塾いなえ校

◆ メールアドレス

ringojukuinae@gmail.com

◆ 電話番号

0749-20-5392

◆ 住所

・りんご塾いなえ校(塾・そろばん)

 彦根市稲枝町311-5

・担当:田中(受付時間・14:00〜22:00)

 

 

こんにちは、田中です。

 

こちらは本日から夏休みに入ったので、夏休みに成績を上げる方法をお伝えしようと思います。

 

非常に単純なことですし、めちゃくちゃ簡単なことなので是非実行してください。

 

ではいきます。

 

 

1、学校がある時と同じ時間に起き、寝てください。

 

 

何も特別ではありませんね。

当然のことです。

呼吸するかの如く当然に生活してください。

 

 

 

2、普段の授業時間は勉強してください。

 

 

これも当たり前すぎることですね。

普段できていることができないはずがありません。

 

 

3、普段塾へ行っている時間は塾へ行って勉強してください。

 

 

これも当然。

当たり前のことです。

 

 

 

以上の3点だけなんですが、どうも「夏休み」という言葉の「休み」というところだけに注目して、この期間のことを誤解している子どもたちが多いように感じます。

 

 

なぜか普段通り生活しない子達が増える時期なんですよね。

本当に不思議なことです。

いつも通りでいいのにいつも通り生活しないってどういうことなんやろなぁ?って思います。

 

 

なんだったら普段学校があるときには決められた時間で動かないといけませんが、向上心のある子たちは時間に縛られない分、普段よりも頑張って生活しています。

 

 

 

 

うちの塾は何も特別なことはしていませんので、普段の土曜のように朝から晩まで開けているので普段通りの生活が送れるようにしています。

 

なので本日も朝9時から夜22時まで開いていて勉強したい放題です。

 

 

もし自宅で自己管理が難しければ利用して頂ければ良いかなと思います。

成績を伸ばす子たちの何が優れているのかって、その子たちの自己管理能力ですから、それを伸ばすための授業をしています。

 

 

 

◆お問い合わせはこちらから◆

 

 

◆ HP

ブリッジ・りんご塾いなえ校

◆ メールアドレス

ringojukuinae@gmail.com

◆ 電話番号

0749-20-5392

◆ 住所

・りんご塾いなえ校(塾・そろばん)

 彦根市稲枝町311-5

・担当:田中(受付時間・14:00〜22:00)