山口県 コーチングブログ 宝地図 コーチングスクール 

山口県 コーチングブログ 宝地図 コーチングスクール 

正しいことより、
あなたらしいことを!!

大好評の無料メールセミナーです!!】 ※リンク確認済


「こんな事を言ったら、叱られるかもしれない」
「こんなにお金を使ったら、夫が不機嫌になるかもしれない」
「誘いを断ったら、嫌われるかもしれない」
「私がおしゃれをするのは、だめだと思われているかもしれない」

あなたの本当にやりたい事って、あなたが無意識&意識的にしている我慢の中に大いに隠れています。

無料メールセミナーは以下のリンクからお読み頂けます。↓↓↓
自分の言いたいこと・やりたいことを我慢せずに幸せになるコツ


テーマ:

昨日の続き。

今度は、ありがとうをすぐに貰わない方がいい理由。

これも、まぁ、美しい理由ではないです笑

ありがとうを、すぐに貰ったらすごくもったいないんですよ。


昨日ブログに書いたように、自分が、誰かに向けて(特定の一人かもしれないし、グループ全体かもしれないし、もっと広い世界に向けたことかもしれません)発した言葉や行動はエネルギーとなって、自分に帰ってきます。

で、そのエネルギーをすぐに返して貰ったら、実は振り子と同じで等価交換でしかありません。
同じエネルギーがそのまま帰ってくる訳です。

感謝の言葉かもしれませんし、もっと違う物質的なものかもしれません。

ですが、あくまでも等価交換。



じゃあ、それをすぐに貰わなかったらどうなるか。。。

戻りたいエネルギーは、力を発揮出来ずに、力をため込み始めます。
戻りたいー、帰りたいー、と言いながらフツフツとたまっていきます。
そして、それが爆発した時、自分が発したエネルギーの何倍ものエネルギーとなって、自分へと戻ってくるんです。


え?分かりにくい?
ですよね笑


要するに、誰も見てないない所で誰かのためになることをしたり(誰も見てない所ですからもちろんすぐに「ありがとう」はもらえません)、例え誰かが見ていたとしてもあからさまな「感謝」を求めずに行動していたら、戻りたがる「ありがとう」のエネルギーは、自分が与えた些細な行いに対する対価だけでなくお土産をいっぱい引き連れて戻ってくるという訳なんです。



びっくりするようなお土産がきますよ。

どんなお土産かは、自分が求めるものなので、これ!ということをお伝えするのは難しいですが。

例えば私であれば。

大きな仕事が頂けたり。
反対に働いてないのに、お金になったり。
お金ばっかだな笑
他にも、
自分では思っても見ないような、評価を、自分の知らない所で頂いたり。
素敵な人と繋がったり。





最近は、すぐに「ありがとう」をもらったら、「くそっ、等価交換してしまった!!!!」と思うようになってしまいましたとさ。




何言ってんだ!と思うかもしれません。
ですが、自分のした事に感謝がないとひどくイライラしてしまうぐらいなら、こんな風に捉える事で、また違う世界が見えてきませんか?


あなたの中にある、「誰かのために何かしたい!」という純粋で素晴らしい気持ちを、目先の等価交換で失ってしまう前に、思い出してもらいたいのです。

本当のあなたは、感謝なんかなくたって、誰かに何かしてあげたい!という優しい心の持ち主だということを。

 


テーマ:

ありがとう という感謝の言葉をたくさん言った方が良いです。
ついでに言うと、自分がやってあげたことに対しては、ありがとうを求めない方がお得です。


もちろん、道徳的な意味もありますが、今日ここに書くことは、もっと自然の法則に従ったもので、更に言うと私の考え方は超ブラックです笑
とてつもなく、自己中心的。人としてどうなのって感じ笑
なので、道徳的な人は読まないで欲しいんです。

はい。

 

 



まずは、ありがとうをたくさん言った方が良い理由。



自分らしく自由に生きるのに、我慢ややりたくない事をするのは大敵だと常々言っておりますが、この感謝の言葉というのも、言いたくない時ってありますよね?
でも、言わないでいると人間じゃない!みたいな扱いを受けるというか、人格否定されるというか。。。


あ、そういう気持ちにならないのであれば、(感謝の言葉を口にしたくないという気持ち)それはとても素晴らしい事なので、以下の記事は必要ないんですけどね。




私は、ほんとに俗世界に生きていますので、まー分かってても感謝とか言いたくなかったんですよね。
親とかね笑
他にも、こちらからすれば、全然嬉しくない迷惑な親切の押し売りされた時とかも、余計はお世話じゃ、感謝なんかしたくない!という気持ちになる事があったんです。


ですが、今。
もう、もったいなくてどんな事があっても、「すぐにありがとう♡」って伝えます。



なぜなら。
「ありがとう」という感謝の言葉のエネルギーは、すごい速度で循環していることに気がついたからです。


これは、感謝の言葉が回り回って、自分に帰ってくる!という、美しい話だけではありません。
あ、もちろん根本はそうなんですが。
私みたいに、俗世界に生きている人間には、美しい話だけでは響きません笑



ちょっと話は変わりますが。
コミニケーションはキャッチボールです。
投げたボールは、みんな投げ返してほしい訳です。
挨拶したら、挨拶し返して欲しいと思います。
また、コミニケーションと同じように、
何か行動したことへの見返り(特に誰かを助けるような行動)というものも、人は皆、無意識に求めてしまいます。
(感謝の言葉とかね)
そして、それは、すべての人に起こっています。

あえて例えるならば、これは、言葉のエネルギーの話です。
振り子の法則と同じように、一度対極に向かったエネルギーは(振り子が右に振れたら)、戻りたいエネルギー(振り子は左に戻りたい)に変わります。



同じように、私という人間に向けられたエネルギーは、言葉でも行動でも、放った人へ帰ろうとする訳です。
例外なく、帰ろうとします。



それをですね、返さないでいると(感謝の言葉を伝えないでいると)、返してくれー、返してくれーという力がどんどん大きくなって、やってもらった事以上のことを要求されてしまう訳ですよ。
それは、金銭を要求されるということではなくて(笑)、あ、そういう場合もあるかもしれませんけど。
もっと、無意識的なものです。


例えば、その相手が愚痴っぽくなったりして、ケアに時間がかかったり、例えば上司部下なら仕事の能率が下がったり、親子ならあらぬ攻撃をされたり、夫婦も同じかもしれませんね。


とにかく、時間かお金か心か分からないけれど、何かしらを吸い取られる笑
これは、お互いの意識の問題と考えるより(もちろん意識の問題で説明できるけれど)、もっと無意識レベルの地球という自然の法則だと捉えた方が分かりやすくないですか?



だって、放たれたエネルギーは、戻りたいんですよ。
振り子に心はないけど、物質だって戻りたいんですよ。
心も、言葉も、戻りたいんです。放った本人に。


というわけで。

私は、何か私のために動いてくれたり、チームの為に動いてくれたり、世の中のために動いてる人に気づいたら、すぐに「いつもありがとうございます」と伝えるようにしています。

もはや、それは、スピードが命!!!!
気づいてあげて、すぐに感謝を伝える!!


それが、相手にも自分にも、一番エコです笑
もはや、感謝といいながら、自分のためでしかない笑
貰ったものは、すぐに返す。
レンタルビデオみたいに、返却が遅くなったら利子取られるんだもん笑


どうでしょう。
自分のために感謝の言葉を伝えるんだって考えると、やりたくならないですか?
打算的だけど、誰も傷つかないし、むしろ、喜ばれると思います。


えー、それって、心がこもってないんじゃないですか?
そういう風に思う人もいるでしょう。
お叱りは、ごもっともです。






ですが、これをやっているとね。
もっと大きなものに、ちゃんと気づく事ができるんです。



自分の為とはいえ、感謝を伝えようとすると、ひとは、感謝できることを探すようになります。

そうやって、感謝できることを探していたら、ふと気づくのです。


どういう形であれ、人はみんな誰かの力になろうとしてくれている、そして、私の力になろうとしてくれていることに。
毎日、毎日、誰かが私のために動いてくれていることに、愕然とします。


そしたら。

本当の意味で、感謝できるようになります。
心から感謝できる事が、人が、言葉が「ある」ことに気づくんです。
私は今のままで良いんだ、に気づく事ができるんです。
今のままでも、愛されていることに気づくのです。

どういう形であれ、私のために何かをしてくれようとしてる事が、すでに愛されていたという証拠を集める作業であり、すでに持っていた事に(あったものに)、心から「ありがとう」と感謝できるようになるんです。








最後まで分からなくても良いと思っています。
まずは、自分を守る意味で、感謝を伝えて見ては?と思います。


そして、次は、ありがとうを求めない方がお得な意味です。
②に続きます。




 


テーマ:

龍の神様については、全くの初心者なので、まずは教科書から。

 

じゃん!!

 

分かりやすく物欲まみれな感じで笑

これにしてみました。

 

 

ふむふむ。

第6章に、龍神+神様 ダブルのパワーでもっとハッピーになる!!となっ!!

 

著書の小野寺S一貫さんによると、龍神の上司は神様。

神様の眷属が龍神ってことね(一部の龍神を除く)

 

龍神が人間の願いを神様に届けたり、反対に神様からの命を受けて、人間の願いを叶えたりしてる。。。

まさしく、中間管理職の鏡ですね←いつか、龍神様に怒られるかもしれません。

 

 

 

そんでもって、人間が神様のことをもっと知れば、神社の神様も後押ししやすくなるっそうです。

 

なるほどー。

 

そりゃそうよね。

自分のこと知りもしない人に、助けてくれって言われても、なかなか助けたくならんわな、私なら。。。

と言うより、私の助け方で良いのかどうか、迷ってしまいます。

 

歯が痛いなら歯医者に行こう。

私は眼科ですよ。知ってる?

って、感じでしょうかね笑

 

 

人間も神様も龍も、同じだ

多分。分からんけど。

 

 

で、とにかく神社には行きたいときに行った方が良いと書いて合ったので、最近お気に入りの神社へ行ってきました。

(ちなみに、昔読んだ神社の本で「やみくもに神社に行くもんじゃない!!」と書いてあったことは、とりあえず記憶から抹消。自分の神様を信じることにする)

 

 

 

 

 

さいきん、遠石八幡宮の龍さんがお気に入り。

ただ、近づくと突然に水が流れ出すので、いつもびくっってなる私。

 

!(◎_◎;)

しまった、本殿の写真を撮り忘れた。

龍神様の実験、2日目から失態。

それが、私。

受け入れよう笑

 

 

摂社、末社も参拝した方が、神社の神様に覚えてもらえるよ!とのことなので、(全て本の受けうり)全て回ることに🎶

 

 

天神様系には必ずある牛さんだけど、ここもその系統何ですかねぇ。

今度調べてみよう。

 

 

 

更に、稲荷神社もあるんです。

 

 

 

 

更にさらに、七福神的な??

 

 

 

 

 

 

子供の頃から慣れ親しんでいる神社でも、詳しく知らない奥の奥があるってことですよね?

 

なんで、天神様じゃないのに牛?とか。

七福神なんなの?とか。

 

 

こう言うことをちゃんと調べられるだけ調べてみようと思いました。

ただ、いつか調べよう。。。ぐらいの気持ちでいたのですが、そんな私の心を見透かされたようで(汗)

 

 

↓↓おみくじしたら。

 

 

 

 

【パッと明るく消え行くような、花火信仰じゃ頼りない】

 

私の覚悟が足りなかったようで、叱られました笑

 

 

 


テーマ:

そもそも、私がスピリチュアルな事(というより、お化けとか七不思議とか霊感体質とか笑)が大好きなのは知っている人も多いと思います。(知らんがな)

 

ただ、「コーチング」や「人の人生に向き合う仕事」ということに関して言えば、スピリチュアルな言葉で説明するのが大嫌いなので、限りなく理論、限りなくコミュニケーションであると、10年このブログを書き続けて来たつもりです。

 

 

 

ここ数年の龍神ブームも、「あー今はそこが流行ってるのね!」ぐらいであまり気にしていませんでした。

いや、気にしないようにしていたのかな?

まー、よく分かりませんが、とにかく、深く関わらない方が良いかな?と思っていました。

本当に、なんでか分からないんですけどね。

 

 

 

なんですが、とうとう一昨日、夢の中で呼ばれたんです。

いや、頭がおかしくなったのかも知れません。笑

もう、それでも良いやってぐらい、リアルな世界。

 

 

良いの良いの、こじつけで。

世の中しょせん勘違いの連続なのだから。

 

と、ヤケクソになれるくらいにリアルだったので、「龍神がいるとしたら。。。」以前の私に、どんなメッセージがあっただろうか?【いる】という前提で、自分を振り返ってみることにしました。

 

 

 

 

・そういえば、スピリチュアルな人が10年前ぐらいに、あなたには龍がついているのね、と言われたことがある(雨女で可愛そうと思われただけかも知れないが)

 

・伊勢神宮より、出雲大社より、鹿児島の霧島神宮が気持ち良くて好きだと数年前から友人に豪語していたが、調べたら、霧島神宮って龍神系の神社なんだそうだ。

 

・6年前、自分のラッキー番号を決めたら良いよって言われたので、8にした。

昨日、本屋で龍神の本を立ち読み(あとで買ったけど笑)したら、8は龍を表す数字なんだそうだ。ほほー。

 

・一昨日の夢は、パラレルワールドに行く夢でして笑

で、行った先は未来(夢見てる次の日)の熊本県の竜のいずみがあるところ笑

 

朝起きて、「熊本県 竜の泉」で調べたら、泉じゃなくてお酒の銘柄が出て来たけど

なんだよ、違うじゃーーーーーんって思いながら、スマホ画面をスクロールしたら、あった。

 

龍神八大龍王神社

 

これだ!!と思ってしまった。

ただの、勘違い野郎でいいのです。

 

 

 

まだ、他にもあるんですけど、今日も知人と仕事の話をしていたら、「里佳さんの眉間のホクロは、そういうものが見える人の証ですよー」と言われたんですね。

 

いや、前からこの黒子あるよ笑

あるけど、誰もそんなこと言ってくれなかったけど?

 

 

 

という訳で、私たちの脳は、一個のことしか考えられないようになっています。(急にコーチング)

何にフォーカスするかがとっても大事で。

 

私は今、龍神がいる証拠を集め始めたから、その証拠は次々と集まって来る。

その世界は、私にとってあるからです。

あるという証拠を集めたら、あるんですよね。

 

それは、お金などの物質的なものも同じように作用しています。

物質で言うなら、スピリチュアルなことではなくて本当に何にフォーカスしているか?だけだったりします。

 

1つしか考えられないと言うことは、『ある』を探せばあるし、『ない』を探せば、いくらでもない証拠が集まると言うのが、この世の中の仕組みなのです。

 

 

 

さて。

今日から、(正確には昨日から)、龍神がいる証拠を集め始めましたので、久しぶりに楽しい実験が始まります。

どんな実験結果が出ますかねー?

まー、龍のことなんも知らないので、まず勉強からだね。。。

 

まずは、龍神八大龍王神社参拝計画中。

 

 

私がこう言うことを書くってことは(スピリチュアルなことを書かない事で有名)、よっぽど世の中が見えない力に動かされて行く時代になっていく証拠なんでしょうね。

宇宙ってすごいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:
お金がない。
お金が欲しい。


コーチングセッションでもよく取り上げられるテーマです。



お金があったら離婚できるのに。
お金があったら旅行できるのに。
お金があったら働かなくてすむのに。



分かる分かる。
私もそうだったから。



不安になるよね。
怖いよね。
未来の支払いに怯えるよね。



でも、今日、コーチング料金払えたよね。
けっこうするよね、私のセッション。
でも、払えたよね。
ってことは、お金があったよね。


多分、私がこういうこと書くより、いい本がいっぱい出てる。

心屋さんも書いてる。
さとうみつろうさんも。
本田建さんも。
シークレットも。
古くはマーフィーの法則も多分そうだ(若者は知らんかもしれんが)

他にもいっぱい、良い本が出てる。
読んでみよう。
怖がらず。
分からなかったら一緒に考えよう。




一応、コーチング的に言うなら。

人間は1つの思考しか出来ない。
あなたは、「ある」という証拠を集めているのか、「ない」という証拠を集めているのか。。。

私たちは、一瞬一瞬に生きていてその瞬間は、「ない」と「ある」を同時には考えられない。

あなたは今、この瞬間に、どっちの証拠集めをしていますか? 


テーマ:

おはようございます。
すみません、2年ぐらい更新してなかったですね笑
ま、不定期更新ということで、楽しみにしておいてください。



女性クライアント様から。


「欲しいものは全部手に入れる!」と、
周囲に発言したら、

【それってジャイアンじゃない?賛同できないなー・・・」
という返事が帰ってきて、ショックを受けてる・・・
それは、私の努力の賜物なのに・・・(涙)


というメールが来ました。

ううん。
ココでいうジャイアンとは・・・「ひとり占め」という意味なんでしょうかね~。
それによって、解釈も変わるんですが、ま、そういう意味で解釈して解説しましょうか。



きっと、あなただけ欲しいもの全部手に入れるなんて、独り占めっ!!ずるいっ!!
ってことなんでしょうね。

これは、典型的な奪い合いの考え方ですなぁ。

周囲の人の脳内はこんな感じ。
↓↓↓↓↓
全てのものに限りがあるから、皆で分け合うのが平等であって、あなただけが全てを手に入れるということは、誰かから奪っているに違いない!そんな独り占めずるい!一個ぐらい我慢しなさいよ、皆も我慢しているんだから・・・


こんなイメージだと思う。


欲しいものを全部手に入れる = 搾取 = 愛がない人 = 優しくない・自分勝手な人
欲しいものを我慢する  = 分け合いの人 = 愛のある人 = 優しい人・平和の人


周囲の人には、こんな等号式になってるはず。


まー、正しいような気がするよね。
美しいよね。
見た感じは。

でも、この考え方こそが、奪い合いの気持ちを生んでいるというか、奪い合いの概念そのものなんだよなー。

なんでもかんでも、平等!平等!って言ってる人って、実際は、本当は欲しくないものや必要ないものまで欲しい!欲しい!って言ってるだけで、クレクレ星人でしかないんですよ。本当は。

クレクレ星人で欲しい欲しい病だから、誰かが欲しいもの全部手に入れた!と聞くと、奪われた!と思って反応して、「そういうやり方はフェアじゃない・美しくない」って正論のように責めてくる訳です。



でも、私たちは自分自身を満たすのに、この世の中の全てが必要な訳じゃないよね。

例えば私なら、自分の好きなアーティスト以外興味がないので、他のアーティストのライブチケットなんていらないし、嫌いな食材が入っていたら、ン万円のご馳走でも食べたくないし、誰かの彼氏や旦那様も自分の好みじゃないからホントにいらない笑

スポーツや学業の才能だって、自分に全部必要とは思わないでしょ?
すごい数学の問題が解ける人って素晴らしいし尊敬するけど、その能力が欲しい!ずるい!とは思わない訳です。(いや、尊敬は本気でしますよ、もちろん。私には絶対に出来ない!)


モノも能力も才能も、欲しい人・活かしてくれる人が持っているのが、一番有効活用できるんです。
それが一番、世界のためなんです。
仮に、仮にですが人から何かを奪えるとして、そんでもって、私には必要もないのにあなたが独り占めしているのはずるいから数学の能力を半分分けてくれっ!って奪い取ったとしても、私には有効活用できんのです。。
好きじゃない、楽しくなれば、使わんのです。
使わないのに、「欲しい!」と言う・・・それ、一番もったいないでしょ。



だから、今日、今。
あなたが欲しいと思ったものは全て手に入れてきたはずです。
自分が欲しいと思ったものは全て手に入っているはずなんです。
みんなそうです。
だから、多分。
全て、あるんだと思います。
準備されているんだと思います。
なんでもかんでも分けなければダメということではなくて、ちゃんと欲しい人にとって、欲しい分量だけちゃんとあるんだと思います。
全員が同じものが欲しい訳じゃないんです。


いや、私は子どもの頃から我慢ばかりしてきた!
欲しいもの手に入ったことがない!
と言うかもしれません。



うん、我慢したから入ってこないよね?
いらないって言ったら、いらないんだろうなぁって誰でも思うよね。
要らないって言ってるのに、押し付けたら普通、嫌がる(嫌がられる)でしょ?
だから、要らないって言われたら「そうか・・・」って引き下がるよね?
そんでもって、自分で「そんなに欲しかった訳じゃない」って言い聞かしたよね?


コミニケーションって本当に怖いですよ。
それが、相手にも言葉のまま伝わるし。
自己との対話でも、自分自身に伝えているんです。


欲しいものは欲しい。
欲しくないものは欲しくない。
自分が本当に欲しいもの、自分で理解しておきたいですね。
意外と少ないもんですよ。
(少なくしろって話ではなく、全てではないって話です)




という訳で、最初のくだりの女性クライアントさん。

こんな究極の返事はいかが?


私って、欲しいものは全て手に入っちゃうんですよねー。
でも、欲しいもの以外には興味がないんで、皆さんでどうぞw


こんな風に伝えたら、かっこ良かったのかもね。
意地悪って思うだろうなー笑




 


テーマ:
仕事としてではなく、プライベートでも、「人間関係の困った!」について相談に乗ることがあります。



多くの人の悩みを聞きながら、その人の閉じ込められた幼き頃の心の傷を癒したり、今という時間をその方と共に向き合ったりする時間が私はとても好きです。


そんな私ですが、毎日毎日。

自分の無力さを目の当たりにして凹んだり、
コーチングが全然上手くいかなったり、
ふがいない行動しか取れない日があったり。

そんな風に壁にぶつかりながら人と向き合っていると・・・




なんで私は、こんな面倒くさい仕事をしているんだろう?




と、思ってしまう日もあります(笑)(笑)(笑)












「なんで私は、こんな面倒くさい仕事をしているんだろう?」











その答えはいつも同じです。





自分を好きになってもらいたいから・・・
人が好き!って感じてもらいたいから・・・




それが私のミッションなのです。







私たち人間は、孤独を恐れる動物です。
孤独を感じるのを本能的に嫌がるのは、もう組み込まれたDNAなので仕方がありません。

もちろん、孤独感が好き!という人もいると思います。

しかし、孤独とは、他人から疎外された感覚であり、結局、他人がいないと孤独を感じることはできません。
残念ながら、孤独感でさえ、他人の存在が必要なんです。



なんらかの理由で、

人を信じられなくなったり、
他人を攻撃したり卑屈になったり、
他人から隠れるように生きたり、
他人の眼を気にしながら生きたり、


人のことを嫌いになる瞬間はいくつもあるでしょう。
それと共に、自分のことも嫌いになってしまう日もあるでしょう。


私も、その辺りは十分に分かっています。
現代社会を生きているのだから、誰だって嫌いな人の1人や2人はいるものです。
自分のことを責めてしまう日だって、何度も体験するはずです。






それでも。


人は好きでいて欲しい。
嫌いな人がいても良い、だけど。
人間という括りで、人間を好きでいて欲しいのです。


自分を好きでいて欲しい。
失敗もするし、怠け者になっちゃう日もあるけど。
でも総じて、「こんなもんだ!私」と自分を好きでいてあげて欲しいのです。






私には、助けてあげられなかった人がいます。
助けるという言葉を使うのはおこがましいのですが、今日はあえて使います。
もう、20年も前の話です。


私が異変に気づいたところで、結局は何の力にもなれなかっただろうけれど。。。
それでも、何か出来たのではないか?という思いが、今も私の心の中にくすぶっています。



そして、今だからこそ、こう考えてしまうのです。




弱音を吐ける人が周囲に一人でもいれば・・・命とひきかえという手段を選ばなかったのではないか。
もしかしたら、それが可能だったのではないか?
私にも、話を聞くぐらいできたのではないか?




もちろん、今だから思うだけで、実際にはもうこの世にはいない方なので、わかりませんけれど。












私が教えているのは、コーチングやコミニケーションスキルではなく、人を好きになる方法と自分を好きになる方法なんだと改めて実感します。














テーマ:

40代、女性経営者Mさんのコーチングセッション中の出来事です。

仲間や部下を育てる立場であり、また育てるスキルが必要な職についていらっしゃるMさん。
いつも、多くの人のことを考えて、「あ~でもない。こ~でもない。」と頭でっかちに考えすぎるのが癖になっていました。

一生懸命に相手を思って言葉をかけたり行動したりしているけれど、なかなか上手くいかない。
ついには、一生懸命になりすぎて、相手から、

 

「いつも上から目線の言葉ばかり。聞きたくない。」

 

と言われてしまう・・・という話から始まりました。


彼女自身には全く心あたりがないらしく、
優しく聞いているし、
頭ごなしに否定もしていないし、
怒った口調になったこともない・・・
笑顔も忘れてないし、との事。

私も何が原因で上目線の発言だと相手に感じさせてしまうのか、この時点では気が付きませんでした。

しかも、「上から目線だ」と言われたことが、1回ではなく、二度三度・・・という事なので、受け取る側だけの問題でもなさそうでした。

確かに、どちらかと言うと頑固な性格な彼女。
しかし、経営者としてはむしろ強みと言えますから、他に原因はありそうです。




少し話しはずれますが、女性の話は、アチコチに飛びます(笑)
女性経営者にとって、ぐちゃぐちゃになった頭の中の情報を整理をするためのコーチングでもありますから、とにかく話がアチコチに飛びますが気にせず全部出してもらい、最後に整理していきます。


そうした中。
彼女が言いました。

「あ、先生!○月○日にうちの会社のチーム作りの先生が▲▲▲(場所)に講演会に来られるのですが、一緒にいかがですか?」

それは、講演会そのものの誘いというより、Mさんの会社に興味を持ってもらう為のイベントでした。
正直、全く興味のない話だったのですが(笑)、大切な人からのお誘いは基本「YES」と答えるようにしていますから、

「日にち的には大丈夫そうですけど、どんなお話が聞けるんですか?」
と、聞いてみました。


すると、
「当社で働くにあたって、どのようにチームを作れば良いか?という体験談です。」
といいます。

「え?それは、Mさんの会社で働きたい人が聞く話じゃないんですか?」

「はい。確かに直接的には関係ないかもしれませんが、きっと先生のお仕事に必要だと思います。絶対に先生の為になる話が聞けますから。」


正論です。
どこでどんな話を聞いても、役に立たない話なんてありません。
子供のおしゃべりだって、得られるものを探しながら聞くことが自分の勉強になりますから。

それでも、あえて言います。
この話し方は、私が思うに最悪です。
もちろん、悪気はないでしょう。

しかし、役に立つかどうか、自分の為になるかどうかは、受け取る側が決めることです。

だから、「あなたのため、あなたのため」と言いながら、「話し手側の自分の為」が見え隠れするのです。

どう考えても、これは自分の為です。

本当に「あなたのため」を思っているなら、「あなた」の心を置き去りにした言葉を使うはずがありません。



私は正直に言いました。

「Mさん。本当は、会場にお連れする何人かノルマがあるんじゃないですか?

どちらにせよ、私を動かしたいのなら、

「3人のノルマがあるから、お願いできませんか?」
と正直に言ってくだされば、必ず出席します。
人とはそういうものです。
あなたの為になる役に立つ話がある・・・と言われても、(もちろんそこに興味があれば人は動きますが)、人は動きませんよ。
反対に、

あなたの為だから・・・なんて言われたら、私なら、「どうぞご心配なく。それよりご自分の為に生きてください。」と言い返したくなります。

あなたの為にやっている・・・その言葉遣いが、上から目線に感じてしまうのです。

本当にあなたの為に言っているのかどうか、もう一度、考えてみてください。

今回の件は、自分の為でもありますよね?

私の為に誘ったとおっしゃるなら、私は行きません。欲し情報は自分で選びます。
でも、Mさんが、「この人の話を聞いて欲しいから誘った」とおっしゃるなら、私は喜んで伺います。

言葉の力を甘く見ないでくださいね。」





人を動かすのは簡単なようで難しいのです。

ほんの少しの言葉の違いが、相手の心を頑なにしてしまう。


まあ、とりあえず。

再来週の木曜日。


いかにも「彼女の会社に入社したい!」という顔をしながら、彼女のノルマ達成に協力してきます(笑)





 


テーマ:
私の近くに、なぜだか応援したくなる子がいます。

容姿という意味ではなく可愛い子がいます。(あ、容姿ももちろん可愛いですが(笑))





どうやら、私だけではなく、会う人会う人が応援したくなってしまうようです。


なぜだろう?
この子の魅力はなんだろう?



それは多分。

コミニケーションの上手さもあるでしょう。
笑顔もあるでしょう。
仕事の完璧さもあるかもしれません。
相手を想って動けるという事も関係しているのかも・・・。




ですが、一番大きいのは。

「自分が今どこにいて、どこに向かいたいのか?」

を明確に相手に伝えられるからだと感じています。





彼女は、営業職ですので、多くの人に会います。

そこでこう言うそうです。



「私は今、○○の大会で○位です。1位になれるように頑張りますね♪」

勘違しないで欲しいのは、彼女がそう言った言葉の意味です。

彼女は、自分の欲ではなくお客様のために1位になろうとして言っています。
紹介してくれた人、関わった人、応援してくれている人に対して恥ずかしくない自分でいる為に頑張っているのです。



最終的に彼女は、全国1位の成績を修めました。




自分が今どこにいて、どこへ向かっているのか。

例では数字が明確なので簡単に見えるかもしれませんが、実はすごく難しいことなのです。



人が迷ったり、悩んだり、モヤモヤした気分になる時、必ずと言っていいほど、今自分がどんな状態なのか分からなくなった時です。



そして、自分が何を目指しているのか?が分からなくなって、やる気がなくなり、好きなことが分からなくなり、自信がなくなり、行動しなくなります。







今自分がどこにいて、どこへ向かっているのか?




これが正しく(自分にとって正確にという意味)伝えられたら、私たちは周囲の人から応援スイッチを押してもらえるのです。



以下は、集客コンサルタントの今泉先生に最初に教えて頂いた事です。
今泉先生のブログはコチラ

どんなに魅力的な人でも、どんなに素晴らしい仕事したり素晴らしい技術を持っていても、あなたの為に何かしたい!応援したい!思われる人になったとしても。。。

応援・協力できる物・事・が明確でないと周りの人は何をして良いのか分からない。






そりゃそうだ!と思う反面、目からウロコでもありました。


例えば私なら、どんなコーチングのメニューがあって、どんなお客様を望んでいるのかが伝えられなければ、周囲の人が私を応援したいと思ってくれたとしても、協力のしようがないのです。





さあ。

今、あなたはどこにいて、どこに向かっていますか?





追伸*
どうして応援されるのか?については、上記の表部分が大半ですが、ブラックな裏の心の動きも実はあったりして・・・(笑)
裏側について興味のある方は、直接聞きにきてください(笑)

テーマ:
何か「集まり」に呼ばれた時に、連れて行くと必ず喜ばれる知人がいます。



出席者が男性であれ女性であれ、会が終わる頃には「また、彼女を連れてきて欲しい」と言われます。
一緒にいる私も、嬉しくなる言葉です。




彼女がここまで、人を惹きつける理由はひとつ。


ちゃんと聴くこと。



これにつきます。







相手が自分に伝えたいことは何なのか?

一生懸命に聞くのです。



もちろん全ての人が、自分の思っていることを、饒舌に、誰にでも分かるように、話せる訳ではありません。


そんな時。



「もう一度言って?」

ではなく、

「ちょっと、意味が分からないんですけど・・・」

でもなく。




「あなたの話をもっと聴きたいです!」


と彼女は言います。




どんな人も例外なく、自分にとって一番大切で重要なことを話したがります。
本当に、例外なく。



だから、その人にとって一番大事な事柄を、自分のことのように丁寧に聴いてくれる人を好きにならない訳がない。







ちゃんと聴いている彼女には分かるんです。





笑ってもらいたい話なんだな。

とか。

共感してもらいたい話なんだな。

とか。

励ましてもらいたいんだな。

とか。





そういう言葉にならない想いをちゃんと汲み取るには、「ちゃんと聴く」ことが出来ないと、とんちんかんなコミニケーションになってしまうから。





KY(空気が読めない)と言われて困っている人の8割は、空気が読めないんじゃないんです。


人のはなしをちゃんと聴こうとしていないだけなんです。






Ameba人気のブログ

Amebaトピックス