Rick Springfield / リック スプリングフィールド

Rick Springfield / リック スプリングフィールド

今も大活躍のリック・スプリングフィールドの最新ニュースサイト 


テーマ:

1月24日に遂に発売になったアルバム「The Snake King」。聴きましたか?個人的な好みはあると思いますが、リックらしくポップなブルースなサウンドで、内容は、彼の苦悩や世の中に対しての不安や宗教観など深く、でも正直な気持ちを表してます。

 
アメリカ/ヨーロッパでは26日発売になり、最初のシングルでもある、「The Land of The Blind」のミュージックヴィデオもリリースされました。ウエブサイトへ掲載しました。

http://rickspringfield.jp

 

その当日、アルバムリリースのプライベートパーティが行われ下記の曲が、バンドと共に、下記の楽曲を初ライブ披露。Facebookでもライヴストリームされました。ライブの音は、CDよりかなりハード。
 
 
{2CB6B28B-1FA8-4946-934D-3DD1BD8A3BBA}
 
{CB9B592A-DDC8-492E-AF2C-0EAD35052738}

 

テーマ:

もうすぐですねぇ〜、待ちどうしい!

 

下の映像は、リックバンドのリードギターリストのジョージナストスとのアコーステイックライブの模様です。新アルバムから、「Jesus was an Atheist」、「Little Damon」と「In the Land of Blind」の3曲をアコースティック盤で披露しています。音楽はもちろん、インタビューも興味があります。後日、インタビューは日本語に要約したのを、Facebookのサイトの方へ、載せておきますのでよろしく。(https://www.facebook.com/rickspringfield.jp

 

それから、ちなみに、ウエブサイトも更新したのでよろしくお願いします。

(http://rickspringfield.jp)

 

リックの曲は、実は、深く引き下げるとどれも曲の意味するメッセージがあるのですが、今回も同様で、曲はギターが主で、スライドギターもかなり使ったブルースですが、歌詞も、それらしいメッセージが込められているように思います。「Little Damon」あたりは、かなり、セクシュアリティの強い曲ですが、最後の「In the Land of Blind」は、政治色が強い曲かも。特にとある国の大統領のことでしょうか、、、?

 

 

 


テーマ:

すでに、iTuneなどのダウンロードサイトでは、通常のアメリカ盤「The Snake King」の曲目が発表されていますが、日本盤のリリース先、Avalonのサイトに日本盤の曲目が載っています。予想通り、日本盤だけのボーナストラックが追加されています。「Goodbye St. Paul」ってどんな曲でしょうか?アコースティックヴァージョンとありますが、そうでないヴァージョンも米盤にはないので、、、?。

 

http://www.marquee.co.jp/avalon/

 

1. IN THE LAND OF THE BLIND 
2. THE DEVIL THAT YOU KNOW 
3. LITTLE DEMON (PARTS 1 AND 2) 
4. JUDAS FREE 
5. JESUS WAS AN ATHEIST 
6. THE SNAKE KING 
7. GOD DON'T CARE 
8. THE VOODOO HOUSE 
9. SUICIDE MANIFESTO 
10. BLUES FOR THE DISILLUSIONED 
11. SANTA IS AN ANAGRAM 
12. ORPHEUS IN THE UNDERWORLD 
13. GOODBYE ST. PAUL (ACOUSTIC VERSION) * 
* Bonus Track


テーマ:
嬉しいお知らせです。

米盤よりも2日早く(時差を入れると実質3日)日本盤がマーキーインコポーレッテッドのアヴァロンレーベルから、1月24日に発売されます。日本盤に限っての特別なトラックが入るのかは現時点で不明ですが、こちらは、既に、アマゾンで予約可能です。
アマゾン先行予約先リンク

CDリリースの発表情報はこちら。
直接リンクのアドレスは、コピーできませんでしたが、上のタブの「New Release 」をクリックし、次のスクリーンで右側の「1/24 -2/14 発売」をクリックして下さい。

Avalon サイトより:
「THE SNAKE KING」 RICK SPRINGFIELD MICP-11401 1/24 ON SALE 
1981年に“ジェシーズ・ガール”でグラミー賞を獲得する他、“ドント・トーク・トゥ・ストレンジャーズ”等多数のヒット曲を持ち、俳優としても活躍。いつまでも変わらぬ若さを保ちファンを魅了するリック・スプリングフィールド。ソロ・デビューから45年を超えてなお精力的な活動を続けるリックの2年ぶりのニュー・アルバムが完成。 


テーマ:

今回、元Zootのメンバー、Beeb BirtlesとDarryl Cotton が、南オーストラリアの音楽の殿堂入りを果たし、その主催者、AMC SA Music Hall Of Fame のフェイスブックサイトに、Zootの1969年当時のライヴ映像が掲載されています。白黒テレビのスタジオライヴ(音源はレコード)の映像はよく目にしますが、当時の生の映像は珍しいのでは?

 

Zoot「Eleanor Rigby」1969年シドニーライヴ

 


テーマ:

日本のアマゾンに「The Snake King」が登場してますが、「現在、在庫切れで再入荷予定が立っていない」とあります。予約できた方はおめでとうございます。もしまだなら、一応、「欲しいものリストに追加する」のタブがあるので、それをクリックした人が多ければ再入荷の可能性もあると信じ、是非やってみてください。

アマゾン「The Snake King」


テーマ:

新アルバムに備え、サイトを一新しました。まだ未完成ですが、これから少しずつ足していこうと思ってます。よろしくお願いします。

http://rickspringfield.jp/

 

「The Snake King」のサウンドクリップ聴きましたか?もっと聴きたいような、まだまだとっておきたいような(笑)。聞くところによりと、アルバムからの最初のシングルは、「Little Demon」というタイトルという噂が、、、。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。