送信できてなかった。笑

京浜東北線なう。

明日も仕事なので雪で遅延しませんように。

まぁ、案の定ってか、最近ほぼ寝てなくて意識飛びそうだったので5センチくらいしか内容覚えてません。

寝ても寝ても眠い。生理かな。困るよ

玲香ちゃん、シリアス系で頼む。


てか、たかきくん、男としてどうかと思うよ笑





強く生きよう。


p.s.ママに会いたい


桜井玲香ちゃんの舞台に行ってきましたー。

恒例のイベント終わり即、アマブロマウント始まりましたー。

生玲香ちゃんは卒業握手会ぶりかな!

玲香が主演だと勘違いしてたの笑った

あれ、なんか背伸びたなーとか思ってたら声全然違うし、戸惑った

顔似てない?それとももうおじさんだから顔の違いわからなくなっちゃったのかな

こまったで。



まぁ、もともとミュージカルそんなに好きやないから
渋い顔して見てました。

…本当はお尻ばっか見てました。内緒ですよ。


玲香ちゃんの彼氏がもう中学生みたいで安定感あった。お似合いだよね。

そんで相変わらずまぁ俺は玲香のダンスが好きだわ。乃木坂の時から。ダンスやったことないしわからんけど、もう一度言う。俺は玲香のダンスが好きだ。


玲香ちゃんは楽しくやってるのかなぁ?

俺みたいに与えられた人生を与えられた通り歩くつまらない人生じゃありませんように。







てか、シリアスな演劇やってくれんかなぁ。

今思うとケラリーノやっぱおもしれぇんだなぁ。

犬天みたいよ。

舞台行くたび毎回言ってる気がするけど笑




玲香ママには会えませんでした。探してすらいませんが。笑
あーめん。





まぁ、なんだ。
これからも玲香ちゃんが歩む人生はしっかり見届けないとなって思いました。

ちゃんとチケットとろ



やぁ。



200枚まとめ。2.3分あったかな?



玲香ちゃんの最後の握手会が終わりました。


お疲れ様でした。


2016年の6月?ぶりでした。


人生かけてた握手会

って言葉にするとたったの9文字だけど

この9文字には表現しかねるほどの

ストイックなまでの

絶望、挫折、苦労、孤独、葛藤、

夢、希望、改革、感動…

言葉では絶対に言い尽くせない沢山の時間。


思い出って言うと、なんか違う気がするんだよな。
なんかそれだと自分のためのものな気がするし
おこがましいけど、俺は常にあの子より上に?前に立ってたかったし、自分の利益とか自分のための時間にするのは徹底的に排除するようにしてたし、思い出って言うとあの子から貰ったものにもなっちゃうかなぁと。

もちろんやってきたことは必ず過去のものとして残るんだけどね。そして確実にいいものにするためにあらゆる準備をして望んでたからこそ。

んー。表現し難い。
闘い  とかのがしっくりくるかなぁ。笑



昔は1日に何時間もアンテナ張って、いろんな可能性と選択肢から何が今の玲香に最適な話なのか、ノートとかに何ページも話すべきこととか血眼になって書いたりして、何回も何回も時間計って練習したり笑 会える時間も時期も限られてるから時系列予測するのも大変だったし。笑

頂点目指して本気で人生かけるってこんなに楽しいことだったんだなぁと。終わってみると、もうできないと思うと、少し過去の自分が羨ましい。





とはいっても本当に応援してる子にも恵まれたと思う。

選ぶときには相手の覚悟とか見抜くことも出来ないだろうし、そもそも初握手から賢者モードに入るやつなんかいないしね。
けど、そう言う時期もあっての今だもんな。


8年前には無名の素人集団だった33人だっけ?の中から、玲香を選んで、これ以上誇れることなんか、あろうはずもないよね。

本当にリセマラなしの一発勝負で玲香ちゃんと出会えて、なにより完璧だった玲香で、奇跡をお前にかけてよかった。

贔屓目なしに、乃木坂の中で夢にまっすぐで正直で芯を持ってやってたと本気で思う。
これだけはこの地球上で1番玲香と魂込めて話したおれが保証する。

そんな全力で生きる玲香が大好きでした。

俺の中ではまだ出会ったころのガキンチョ玲香ちゃんだから、本当にこんな恵まれた才能を持って桜井玲香として生まれて、2度と戻らないこの大事な毎日を無駄にして欲しくなくて

目まぐるしく過ぎる日々に追われて後悔が残らないように、必死に未来から来た人を意識して、言葉を探した。

常に一歩も二歩も先の話をしてたから、意味わかんない話も多かったと思う。おれの握手のスタイル上、玲香の思いを長々聞く時間は無かったし、本当に伝わってんのかどうかを聞く機会はなかったけれど。

ふとした映像や、発した言葉、活字の中に、おれとの言葉があったり、魅せてくれた生き様や背中だけで、伝わってるんだなって思えることは多かったから、おれにとってはそれで十分でした。


やりきったよな。俺たち。

本当に高いとこまで登ってきたよなぁ。


玲香ってすごいいい子だし、優しいし、責任感もあるから、3期4期と入ってくるであろう時には自分の夢への挑戦よりはある程度の乃木坂の未来を
取ることを危惧して、3、4年前から卒業計画立ててたけど、まぁ時間軸は1つでどっちがよかったなんて比較できないし、結果このタイミングでそこでまた全力でやるだけだもんな。

満足に埋もれちゃうと本当に人間って甘えるからね。乃木坂に入った時の気持ちを本当に大事にして欲しいと思う。

医者としての目標なんて特になく、目の前の患者と向き合うだけの毎日で、考えても明日のことくらいの毎日を送ってる俺だからこそ

本気の時間がいかに大切で、そしてそれを分かった上で日々を過ごすことの大事さ

そして過ごした上で結果を出すことの難しさ

そしてそれを他人にわからせる難しさ








俺がジジイになって死ぬ時にもこの時間は濃密に思い出すだろうね。

それくらい俺の人生において輝く時間たちでした。



昨日話したこと赤裸々に書いておりますが。笑





このブログももう書くことなくなると思うと、締めに入るのが億劫になるなぁ。




これからまた、何気ない日常が続いていく、なんかすごい夢から醒めたような、そんな感覚なう。




また会えるといいなぁ。桜井玲香。



初めて見た桜井玲香の個別レーンには1人も並んでなかったのに、昨日は6時間も並ばされて、精根尽き果てました。泣かせてすまんかった。

皆さんは、今からぐるカーの頃に戻れるとしたら、どんな応援しますか?
俺はそんな応援をしてました。




オタクの皆さん、コメントお待ちしております。




















最後になりますが、お世話になった仲間のみんな、運営の方々、そして何より、桜井玲香


ありがとうございました。
お疲れ様でした。














たいたんと桜井玲香の物語       完。


14ヶ月ぶりの投稿です。

前回のブログで完結迎えた自演してるみたいですし

とっくの昔に玲香ちゃんもこのブログなぞ閲覧していないのだが

まぁみんなの暇つぶし程度に。

舞台を見て参った。

リボンの騎士以来。

玲香を視界に入れるのは東京ドーム以来で

握手会並みに近距離で視界に入ったのは

ハルジオン以来である。

一般人と比べたら舞台は割と見てる方やと思うけど

率直にレベッカの脚本がおもんなさすぎる。笑
小・中学生向けの恋愛やしツッコミどころ多すぎて草

まじで、犬天の最期のダンス死ぬまでにもっかい見たいわって懐古してた


昔なんか思考フル回転で観てたのに
今となっては変な思考回路でしか見れなくなってました。笑 まぁ当然であるが

それにオタクしてた頃はアイドルくらいしか女性と絡まなかったから、一般女性全員ブスに見えてたけど

3年会わないうちに感覚が戻ってた。

美女すぎるだろ玲香ちゃん。
ビビったわ。完全女として見ててオタク失格。人間底辺クズ確定






ひさびさに会っても、変わらずお互いの時は進んでて。
全く状況もわかんなくなっちゃったけど

どうか、幸せでいてくださいね。

握手会にはいかないと思うので、また会えるようにお仕事頑張ってください。


では、またいつか。
ご無沙汰しております。

約1年半ぶりの更新です。

体重も10キロほど増え、年齢も重ね順調に顔ランが落ちて行く事に焦りを感じるこの頃です。

…東京ドーム公演でした。

席も紅白に続いて、神に与えられた席でした。笑

{C13FA683-10C0-45AC-A9EB-A8B5EFA76D60}



てかなにから書いていいかわからんなぁ。

まぁ、やってきた事だけに
期待する反面

俺たちが見たい東京ドーム公演と

今の乃木坂がやるべき東京ドーム公演は違うと思ってたから

もしかしたらまぁ期待の割に…ってことも想定してたけど

なんか…愛に溢れたLIVE、懐かしいなぁって感じるLIVEやったかなぁ

所々でメンバーよく頑張った的な演出多かったけど、あの子たちと同じ目線で、覚悟でやってきたからこそ

俺たちに向けて贈られたご褒美にも感じられて嬉しかったなぁ

あぁ、堀江さん、泣かしにかかっとるなと…笑 


本当に色々懐かしく、思い出したなぁ。

前半とか特にセトリが全盛期2013年の全ツみたいで…
ぐっちーとかなかしゅんが暴れ叫んでるのとか

どいやとしょーごがナルシスしてるのとか

すどーが最中で泣き崩れてるのとか

ほすかわが腕くんで彼氏づらしてるのとか

ボーイがひなちま見る真剣な横顔とか

玲香がいなくてもメンバーの顔見るだけで走馬灯がやばがったわ

ナカダカナシカとかハウスの俺もー!とかアンコールの掛け声とか、みんなが残した伝統も乃木坂に残ってて

何回泣くの我慢したか分からんくらい。結果泣いてないからガン勝ち

開演前に宮島さんにも久々に会えたし

堀江さんにも会いたいなぁと思ってたけど

昔みたいに乃木坂の詩の時に先会場出たら堀江さんに出くわして挨拶できたし

今日だけでも色々恵まれたと思う。


玲香の命は美しいもあの距離で最前で観れたこと。たまーにすごく近くに来て久々に笑顔観れたこと。

我ながら上出来やとおもう。
 
3.4年前から現実的なドームの話をして来て。
やっと未来の不確定な話に現実が追いついてくれて。
ようやく俺もオタクが本当の意味で終わることができるのかと思う。

話せなくなる前に全ての仕掛けを終えることができて幸せだと思う。

もちろんドームがゴールな訳でわないが、質を落とさずできるのがここまでだったわけで


あとはあの子達の選択を傍観するのみです。







本当はドーム後に5分くらい話せたらと思ったけど
まーいいかな。

このまま玲香に会わずに今世終えるのも粋でしょう。







初心って常に持ってなあかんものじゃなくていいと思う。
ただ、いつでも引き出せるところに置いとかなあかんと思う。

玲香たちが初めて乗った乃木坂っていう筏は

今は乃木坂46っていう豪華客船になったわけやけど

その豪華客船はいっぱい穴が開いて浸水してるのに、みんな浸水に気づいてるのに誰も止めようとしないし

船が前に進んでればいいとしか考えてない

けど、筏に乗った時のみんなは今の豪華客船を夢見て乗ったんじゃないと思う。


沈みそうになってから芸能界っていう豪華客船に乗り換えようとしても遅い


欲しいものを手に入れるやつは常に未来に向けて準備してたやつ


玲香も今の豪華客船を無理に進めようとしなくても、筏に乗った時の気持ちを大事に自分の欲しいものを決めて欲しい。



頑張ってください。
お幸せに。
さようなら。



{1A1C5B05-5BF7-4670-AD29-432E75E5F55C}









たぶん長くなります。笑






そしてなにから書こうかな。





僕がこの世界に入る根本を最後まで辿ってみる

ただ単に世の中でAKBが流行ってて

興味もないし割とブスなのに調子乗ってるって印象で嫌いだった

親友が良いから1回見に行こうって誘われたライブを見て感動したのがその根本なのかな。

(初めて乃木坂が西武ドームでやった時のアメブロで書いたと思うけど)


それから元々ギターで演奏動画とか上げてたのもあり、AKBの曲がかっこいいのもあり

この世界を知る道となったのかな

でなければ乃木坂なんかに絶対に出会わなかったと思う

結成された時にテレビで見て

白石が鬼かわいくて

よく考えたら入りは白石なのかな笑

調べて斉藤優里ちゃんが好きになりました。

1回目のお見立て会なんかは知る由もなく

たまたまつけてたテレビで乃木どこの1回目の放送に出会って
このグループのメンバーの大炎と夢への覚悟を知って…

気づいたら今です




今更やってきた栄光を語るつもりはないですが





ずっとこの半年くらい?

いや、はっきり感じだしたのは紅白が終わってから?

始めて感じ始めたのは1年くらい前からかな…



俺の闘いの終わりについてずっと考えてました。


=オタクを辞めるという意味ではなく


今までの闘いが全て意味のあるものだったという前提のもとで


これから先、無意味だと自覚しながらも闘うのか

それとも今までの信念に従って無意味なら辞めるのか




その2択で悩む理由は山ほどある。

今まであの子にかけてきた言葉に対しての責任。
今まで一緒に闘ってきた奴らに対して最後まで残ってしまった俺の責任。




親が自分の子供を赤ちゃんから大人まで育てて、はいさよならなんてないのと同じだよね。

その親だってじじばばに育ててもらってっていう連鎖があって

そうやって愛が紡がれてきてて


乃木坂っていう赤ちゃんだったグループは

みんなからもらったたくさんの言葉や行動、アイドルとファンじゃなく

人間と人間でぶつかってきたからこそここまで来たのだと思う

初めの方にいなくなった人も、現役でやってる俺もそうやって彼女達に生きた声を紡いできたと思ってる。





けどやっぱり大きくなればなるほど
グループというのは大事なことを失う。


失うというより密度が薄くなる。


握手会が100%仕事と化してしまったら。もうアイドルからは戻れない

だから99%は仕事でも俺が1%になってあの子を繋ぎ止める


別に趣味としてアイドルの握手会に行くのが悪いわけではなく

俺のやり方が正しいわけでもない

ただ、俺たちのやってきたことがそうであり、彼女達の光だったことは

胸を張って言える。









そんな昔から紡いできた仲間達がいろんな理由で減っていく。
まだまだみんなでやりたいこと、見たい景色はあった。
だから、そいつらがふと戻ってきた時に、あの時の炎を消さないように
そんで俺らで見たかった景色が見れるようにと

1人になってもやろうって





乃木坂は俺1人でどうにかなるグループでもないし

もはや桜井玲香ですら

俺1人でどうにもならなくなってる


そんな未来、予想するのは簡単だし、いつか来るのは承知の上で
俺ならもっとやれると思ってるのは事実だけど


そんな状況で握手券すら当たらなくなり

当たっても時間は削られらる

1%が消えてしまうんじゃないかって

ずっと怖かった。


このまま中途半端に終わってしまうのが。



闘う意志があっても、闘える場所が無かったら

どうしようもなくなる






そんな未来が見えてる時に

今の乃木坂もまたおそらくこのままなら廃れていく。

厳密に言うなら今は成長のベクトルが衰退のベクトルに勝っているけど、それが入れ替わってしまう時期。夏フリの時と同じ感覚だね。








ま、そんな時に


(汗)から電話があって

俺らはオタクやりたい

前線でやらなくても俺たちの大好きな乃木坂っていうグループに、応援してきたあの子達に、この人たちに応援してもらってよかったって言って終われるようにもう一回オタクやる


そんな連絡が来て




あぁ。俺もそれで良いんだって救われた。








玲香にもちゃーんと話して

たくさん話す子じゃないし
不器用で、そういう系のこと言葉にするのは苦手な子だから

綺麗な言葉を貰ったわけじゃないけど

綺麗な笑顔を貰いました。




前にいる集団。なんて言われたけど。笑

握手会ではあんまり嬉しいとかいう感情は感じないけど、あの時の輝きがまだまだ玲香の中に残ってることは嬉しかった。

これからは皆んなでわいわい乃木坂に居座らせていただきますね。






















しんみりしたこと書いてるけど

まだまだ夢は終わってなくて

これからたくさん今までみたいな困難なことがあると思う

今までは俺が先を歩いて手を引いて
障害の乗り越え方、かわし方
正しい道の選び方、歩き方

教えてきたつもりだったけど

今度はお前が1人で歩け

やれることはやったと思ってる

お前なら大丈夫。



なんてったって天才たい君が、覚悟を決めて応援した子だからね。

{69C273D9-AF45-476E-9F9E-030221534372}






To be continued...



















牛しっぽ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛あたま



猫しっぽ猫からだ犬からだ猫からだ黒猫からだビーグル犬からだ牛からだビーグル犬からだ犬からだ黒猫からだ猫からだ黒猫あたま




88まとめ。




握手会の本質について。


以上。気持ちよかった。




玲香が言ったように

本当長い月日が経って、がむしゃらにやってきたなぁと


しみじみしておる。





ひとまずは

賢者モードは封印して

みんなと乃木坂を楽しんでいこうと思う



もちろん牙は常に磨いて必要な時はモードに入るけど




だからこれからも…










68まとめ。


ふむ。



乃木坂に動きがなさすぎて正直ふわふわしてる。




今野さん『そろそろ俺が世間を掻き回す時だ』


って今野塾開いてたらしいから早くして欲しいですね( ´_ゝ`)笑




地方アンダーライブやるんだっけ?あんま知らないけど


地方選抜ライブ、地方握手とかした方が良いんじゃないですか( ´_ゝ`)


そういう具体的な所というか大人が決める系のとこ言いたくないんだけどね( ´_ゝ`)



大人いつも動くの遅いから( ´_ゝ`)






なんだかズバッと話すべきこともなくて


もったいない券の使い方したから反省します( ´_ゝ`)



なんか聞いときたいこと今になってたくさん出てきてイライラしてる( ´_ゝ`)笑


{CB142D56-84B1-4055-B683-E00FC9BB04BB:01}