iOS13でpresentViewControllerでの遷移はひとくせあり

iOS13のベータ版が公開されたので、早速実機にインストールして、
開発中のアプリをXCode11ベータ版でビルドして動作確認してみました。

 

そこで、画面遷移の仕様が変わっていました。
具体的にはpresentViewController(セグエも同様でしょう)を使用したモーダルタイプの遷移後に、
前の画面が下に存在することが分かるようなレイヤーチラ見せ方式になっています。
※ナビゲーションのpushの遷移は従来と同様でした。

 

連絡先アプリの例

iOS13 iOS12
iOS13.PNG iOS12.PNG

 

 

これにより、iOS13ではキャンセルボタンを押さずとも
下方向にスワイプすると、今のビューを終了して前の画面に戻ることが可能になりました。

 

iOS12でも同様の仕様の部分はありました。
例えばミュージックアプリの以下画面など

 

iOS12_Music.PNG

 

下スワイプで前の画面に戻れる点では、すごく便利になりますね。
その反面、presentViewControllerで遷移後、
戻ることを想定しない構成で作られていたアプリは、
2019年秋以降のアップデート時には修正が必要になりそうです。

 

その他にも、仕様の変更点があるようでしたのでそれは別途で。。。
・セグメントなどパーツの見た目の変更
・ダークモードによる背景色・テキストカラーへの影響など