お名前 = 白ノラ
宿泊年 = 2018
宿泊月 = 7
宿泊日 = 8
宿泊したお部屋 =

前々から行きたいと思っていた緑風荘さん。しかし、電車では遠いし、かといって運動音痴な私は車の運転も危ないし…と諦めていた所、運転が得意な親友から「緑風荘に行きたいね」との思いがけない言葉。これは亀麿ちゃんのお導きかと思いながら宿泊日を楽しみにしていました。
当日、スタッフさん方の温かいおもてなしに心癒されつつ、槐の間に行き亀麿ちゃんにご挨拶をし、持参したぬいぐるみをお供えし、記念写真を撮ったところ、早くもぬいぐるみの傍と掛け軸の下にオーブのような光が登場。半信半疑だったので、フロントの方に尋ねると「多分移動の瞬間ですね」とのお返事を頂き、早速写ってくれたのだと嬉しくなりました。
願い札を書いて亀麿神社にお参りした後、近くの薬師神社を参拝し、温泉に入って親友と部屋(名前は忘れてしまいました。すみません)でのんびりしていましたが、温泉の効能もあったのか、普段なかなか寝付けない私が、まだ19時過ぎなのに珍しく布団でうとうとしていました。親友はすでに横で寝入っていたのですがある瞬間飛び起きたのです。私が驚いて「どうしたの?」と尋ねると、親友が「今耳元で鈴鳴らさなかった?」と聞いてきたのですが「鈴」と呼べるものは車のキーについていた音が小さく鳴るものしかなく「これ?」と親友に音をきかせると「違う、その音じゃなくもっと鈍い音」というので、もしかしたら亀麿ちゃんのいたずらかなぁ?と思いながらも今一つ確信が持てずにいました。
そして21時過ぎにテレビを見ていると、突然親友が「この下から来る光って何?」と言うので試しに写真を撮ってみた所、移動するオーブらしき物が写りました。その後何だか「カーテン側を見てごらん」と言われた気がして何気なくスマホをかざすとおびただしいほどの光の乱舞。ただただ驚いて夢中で写真を撮りました。
そして深夜、槐の間に伺いさらに撮影をすると、親友のスマホには斜めに移動する光や、丸く大きいオーブ、緑や虹色の光など数多くのオーブが写っていました。そしてほとんど霊感のない私のスマホにも忙しく飛び回る光が!
その後雨が降っていたのですが神社の近くに行ってみると、まるで私達に向かってくるかのような光・光・光!!最初は雨が写り込んだのかと思ったのですが、雨ならこんな風には映らないと親友に言われ、じゃぁこの光は…と絶句。

家に帰ってからも、今現在も、亀麿ちゃんなのか、亀麿ちゃんのお仲間さんなのかオーブが元気よく飛んでくれています。特に親友の家には毎日現れてくれているようです。

亀麿ちゃんに会ってから、今まで疎遠だった人と会えたり、抽選で取れたコンサートのチケットが思いがけず良い場所だったり、何より親友と仲良くできているといったささやかな幸せに満たされ癒されています。
後日、緑風荘さんから槐のキーホルダーを購入し、身に着けていますがそれまで病気続きだった体調も今は良い感じです。きっと守られているのですね。

本当は今年もう一度と思っていたのですが、仕事の関係で行けなくなってしまったので、雪が解けた頃にでもまた伺います。

最後にスタッフの皆さん、私の投稿をお読み下さった皆さん、ありがとうございました。