渋谷さんはコツコツとやっていく意味を
教えてくれてます。


本日の渋谷道長さんのブログ更新はこちらです。
● 住宅営業マンのみなさん、売れるノウハウをコツコツ実践したら売れるようになりますよ^^
https://bit.ly/2rP3QjL


コツコツとすること。
ではなにをコツコツとすればよいのでしょう?


そのことについて
私のFB前アカウント時代の方の
記事がとても秀逸だったので
ここに全文を転載します。

 


澤井あゆこさん
https://www.facebook.com/ayuko.sawai/posts/704492259688896?pnref=story

 

以下全文転載

高橋ともえさんの投稿でなるほどなぁって思った。


主人の塗装のお仕事。

 

ありがたいことに、いつも依頼が途切れることなく、
来年まで予定が入っている状態がずっと続いています。

 

なんでだろう?

って思いながら、今年一緒に働くことが多かったので主人の仕事っぷりを観察。

 

まさに、ともえさんの投稿にあったような、三河屋さんをしてるんだなって。

 

塗装の合間にしょっちゅう電話してるんだけど、
なにしてるかって、塗装以外の仕事を依頼されて、
それを業者さんに繋いだり、リフォームや新築の相談を受けて、
工務店の社長に繋いだりしてる。

 

しかもお客さんが不安に思わないように一緒に立ち会ったりもしていて。

いわゆる何でも屋さんみたいにあれこれと動いている。

 

雪国で高齢者が多いとこだから、
他から来た業者さんにお願いして、雪対策無しとか、
高額費用になったりする場合もあるらしく、
相談できる「誰か」がいるってありがたいらしい。

 

なんでも屋さんは、なろうと思ってなれるもんではない。

 

業者さんとの信頼関係。

工務店との信頼関係。

お客さんとの信頼関係。

それができて、強力なネットワークが出来上がっている。

 

そして自分の塗装の仕事に自然と繋がる。

 

結果、みんなwin-winなのです。

 

まぁでもイヤミなのが、これを伝えても、
当たり前のことしてるだけやから、よく分からない。だって…( ̄∇ ̄)

 

「当たり前にできていることの中に価値がある。」ってよく言われるけど、
まさにこれ。

 

だから主人は決して仕事のことを熱く語らない(笑)
ある意味冷静だから、圧がなくていいみたい。

 

目の前の困りごとや依頼に、淡々と応えているだけなんだとおもう。

だからなんとなく、塗装屋が万が一ダメになってもやっていけるな、この人。
ってゆう安心がある( ̄∇ ̄)

 

一緒に働いてみて勉強になったわ。
そして田舎ではこんな働き方が重宝される。
ってともえさんに気づかせてもらった。

(転載以上)

この澤井さんの旦那さんがやってられること

これが本当の営業です。

私が以前受けたセミナーで
とても良い言葉を教えて頂けました

「営業の本当の目的は『ご紹介』を頂くこと。

まさにこれです。
今日はこの記事を読んでもらえたら満足なのです。
 


StephaniePetra
 
【渋谷道長さんHP】
http://shibuyasystem.com/
【個人としての心理系記事】
http://ameblo.jp/ginnojigintyan/
【最新の心理系記事】
http://hypnonation.hatenablog.com/
【住宅関係記事】
https://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
【Twitter】
https://twitter.com/rework2015
【Facebook】
https://www.facebook.com/hypnonationnagaokeiji
【Instagram】
https://www.instagram.com/nagaokeiji/