こんにちわRESTICOPです。

 

3.強盗に入って来られた場合にどう迎え撃つかを考え準備しておく

 

 今回の強盗達は、弱い状態を狙って侵入して来ています。状況の特質として=高齢者や一人暮らし、深夜、寝込み、リラックスしていて何も持っていないすぐに行動できない無防備な状態、を狙って来ています。強盗は複数で鉄パイプ、ハンマー、大型バール、刃物などで武装して来ています。

 

 相対戦闘力=力的にも、数の上でも、持っている物でも家の中に侵入された側が圧倒的に不利な状態です。

彼我の勝ち目

彼(強盗)=9

我(住人)=1

不利な状況のままで推移した場合に強盗達の目的が果たされる事になります。そこで基本コンセプトを思い出して下さい。

「1.相手の思い通りにさせない」

「2.行動を起こした事を後悔させる」

を念頭に置き、上記の数字を5:5又は4:6と言う様に我(住人)の数字が高くなる様にする事を考えます。

 

そこでどうするか?

 私なら、一つの方法として電動ガン、催涙スプレーを準備し枕基に置いてその様な状態に対処出来る様にします。状況や力的に圧倒的に不利な場合には飛び道具が有効であると考えます。

 強盗達は、持っている凶器を武器としても巧みに使いこなします、その様な輩が相手になると言う事、圧倒的に不利な状態である事を良く理解して置く事もとても重要になります。

電動ガンは、拳銃タイプの物、催涙スプレーは、クマよけ用のムースタイプの物を用意します。

 電動ガンは、ライフルタイプの物もありますが、室内での取り回しを考えて拳銃タイプに、玩具として合法的に購入、所持が出来ます。催涙スプレーも屋内での使用ですので霧吹きタイプでは無く、水鉄砲式を用意し使用します。

電動ガンや催涙スプレーも操作に習熟して置く事が必要になります。

 電動ガンは、服の上からあたってもかなり痛みを感じます、それをある個所(急所)に容赦なく打ち込めば撃たれた相手は殆ど怯みます。

 それを可能にするには、定期的に射撃訓練で射法、命中精度、弾倉のフル給弾と何時でも使用出来るように準備しておく事も重要です。

後々犯人逮捕の為にカラーボールなんかも用意して置くのも良いかも知れません。 

 電動ガンも催涙スプレーも「使う時と場所を」間違えないで下さい。何も危害を加えない動物やペットに使ったりするのはもっての他、公の場でやたらめったらに使えばそれは厳重に罰せられますので、使う側の常識、道徳心が問われて来ます。

 あくまでも、我が家に強盗や不当な侵入者に対して緊急時に使う手段ですので、その辺は絶対に間違えない様にして下さい。

 

 それでも、上手く撃退出来るか解りません、彼我の勝ち目、5:5又は6:4位に数字は上がりますが、実際に起きて見ないと解らないと言うのが現実です。上記の様な方法の他にさらに幾つかの手段を用意する事をお勧めします。

 

 肝心な事は、中途半端な対応対処、甘い考えを持つと、とても危険です、自身の身が危険に晒されている時は、躊躇なく最大限の行動をして下さい。

 

 ここで重要なのは、備えて準備して置く事がとても大切です。何も備え て居なければ、過去に被害に遇った人たちの様に寝込みを襲われ、縛り上げられて暴行を受け鼻や顔面の骨折、体の各部位の骨折など、かなり痛め付けられる見たいで、相当なケガを負わされる程の暴行を受けながら、金銭、貴重品のある場所を長時間にわたり尋問され、そしてそれらの全てを奪って行かれる事になります。

 

 最小の物で、最大限の反撃を可能にするために、心と体の準備(覚悟と行動)をして置く事も重要です、精神力、体力を付けて置く事も必要です。

 

やるか、やられて泣き寝入りするか、相当な覚悟が必要となりますが、自身の決断に掛かっています。

 我が家に土足で入り込み、ありとあらゆる場所を壊し貴重品を持ち去る輩には、中途半端な対処は通じません、基本コンセプト1.「相手の思い通りにさせない」

2.「行動を起こした事を後悔させる」

を基に徹底的に対処出来る準備をして対処する自己防衛の体制を秘密裏(情報発信はしない)に整えて行く事をお勧めします。

 

 それは、やり過ぎだ、とか思う様なご意見のある方は、どうぞ何もせずに自己責任で生活をして見て下さい。

 

 警察等の対応も、被害を受けた後、通報してからの事後対処となります。(ダメージコントロールの部類)全てを持ち去られ、ケガを負わされ、最悪の場合、命までも取られかねません、

 その様な状態を回避する為に上記の様な準備をして対処をする事が重要で、格差社会の弊害として楽して稼げる方法を間違って解釈をしいて、人の物を強引に奪い取り、実行して来る強盗達は、平和な状態を望む人たちを狙って来る輩がいる為に、これからはその様な対応が必要になって来ていると思います。

 

 平和な状況を唱えて居ても、それとは真逆な考えを持って、その平和な状況を狙い、掻き乱して来る相手が現実にいると言う事を、理解して、そんな相手に出会ってしまった時の事を考えて「私はどうする」かをしっかり心得て、日々を過ごされて行く事をお勧めします。

 

 

皆さまどうか、お気を付け下さい!

 

 

 

 

※テロ対策・ストーカー対策は、オオネスト レスティー コップ

  スペシャル セキュリティー

   http://ohnest.com/?page_id=43