東京で働く田舎暮らし物件売買の達人日記

東京で働く田舎暮らし物件売買の達人日記

田舎暮らし物件の売買の情報ならプロにお任せあれ

明日から弊社はお盆休みとなります。

 

15日までの3日間です。

 

しかし、15日は契約があります。

 

担当者は出勤し、しっかりと実務を担当します。

 

 

また、現地のスタッフは14日など、お盆休みの期間にも、別荘の案内の仕事が入っています。

 

案内を引き受けて働いていくれるスタッフには、本当に頭が下がります。

 

彼らがいてくれるからこそ、弊社が成り立っていると言っても過言ではありません。

 

 

弊社はお客様第一主義を、企業理念として掲げています。

 

お客様を大切にし家族のように接していきたいと考えています。

 

無理なことは無理と言い、出来ないことは出来ないと言うことも大切ですが、出来る限りのことはしたいと思います。

 

可能性があれば諦めずに挑戦することこそ、弊社の真骨頂です。

 

マンションは管理を買えと言われることがあります。

 

管理が優れているマンションは、価格が下がらず、賃貸も直ぐに入居者が決まると言われています。

 

しっかりとメンテナンスができているマンションの人気は衰えることはありません。

 

 

別荘も同じことが言えます。

 

マンションと同じように管理費がかかります。

 

温泉がついている別荘などは、温泉の維持費や温泉権の更新料などがかかることがあります。

 

 

しかし、やはりしっかりと管理されている別荘地の別荘は価格が維持され、売買でも人気があります。

 

転売したいときも、難なくすることができます。

 

別荘も、管理を買えと言っても過言ではないかと思います。

 

 

関東甲信地方では、数多くある別荘地では2極化しつつあります。

 

人気があり売買が盛んな別荘地と、あまり人気がなく売買の頻度が少ない別荘地です。

 

人気がある別荘地は、管理がしっかりとしていますが、それなりに管理費は高くなります。

 

人気がない別荘地は、管理はあまりしっかりとしていませんが、管理が安いというメリットはあります。

 

弊社では、お客様のそれぞれの要望によって、相応しい別荘地を紹介しています。

長期の出張も一息つきました。

 

昨日は、朝礼や会議、面談などで一日事務所で過ごしました。

 

久しぶりの東京で、猛烈な猛暑日を過ごしました。

 

東京はすでに猛暑日の日数が過去最高を超えたようです。

 

 

私は移動が多いのですが、切符の手配やホテルの予約はすべてiPhoneで行っています。

 

電車の指定席の予約やホテルの予約も簡単にできます。

 

私は効率よく動くことを重視していますので、指定席の時間変更やホテルのキャンセルなども簡単にできるため、とても重宝しています。

 

 

以前、入店した料理店では、iPhoneで注文しiPhoneで支払う仕組みだったことがあります。

 

時代は刻々と変わりつつあります。

 

様々な便利なツールを使い時間を短縮することで、より多くの仕事ができるようになります。

 

今まで以上に効率よく動き、充実した日々を過ごしていきたい思います。

 

4泊5日の長期出張が終わりました。

 

この出張では、いくつかのホテルに宿泊したのですが、ホテルの進化には驚きました。

 

 

一つのホテルでは、一度もフロントでスタッフと会話することなく、チェックインとテックアウトをすることができました。

 

QRコードをかざすとカードキーが発行され、それを使って部屋を出入りし、チェックアウトはエレベーター前にあるカード入れに入れるだけで完了しました。

 

非対面で、しかも時間が全くかからないチェックインでありチェックアウトでした。

 

ホテルの進化を実感しました。

 

 

最近増えているのは、サウナや温泉付きのビジネスホテルです。

 

ビズネスでの疲れを癒して、活力を取り戻すには最高です。

 

サウナも、各自がマットを敷くような衛生面での改善もされてきています。

 

これからも、ホテルの進化が楽しみです。

先日、売却依頼があった中古別荘を調査しました。

 

弊社で買取れるかどうかの判断をするためです。

 

現地のスタッフが外観を観て買取りを検討していたのですが、実際に内見をすることになり、私が同行しました。

 

 

内見した結果、買取りができないという結論になりました。

 

リフォーム代金にかなりのお金がかかることが分かったからです。

 

元々、築年が古いので、膨大なリフォーム代金をかけても、建て替えの時期が近いことを考えると、今回の買取リは見合わせることになりました。

 

 

中古別荘の売却には、その時期が重要になります。

 

少なくとも、雨漏りや土台の腐食がないこと、給排水設備の故障などがない状態で売却することが重要です。

 

上記の点に不備があると、売買の価格はかなり低くなってしまいます。

 

 

今回の中古別荘も解体して建て替えるとなると大きな問題があります。

 

解体費用がかなりかかることです。

 

建物が斜面に建っていること、道路からかなりの距離があることなどの点で、重機を使って解体をすることができないからです。

 

 

建物は定期的なメンテナンスをしていけば、木造でもかなり長い期間は使うことができます。

 

今回の出張での現地調査は、メンテナンスの重要性、売却時期の重要性を実感した機会となりました。