アールイーゴルフスクール

アールイーゴルフスクール

プロのよるアマチュアゴルファーのためのゴルフスクール

前回、『振り幅の基本』についてご紹介しましたので、
今回は、『パターの基本アドレス』についてご紹介します。


アールイーゴルフスクールでは、九州唯一のパター専門スクール『パットラボパタースクール』をイオン乙金ショッピングセンター内コンテナエリアのパター専門スタジオにて開校しています❗️


『パターはセンス』
そんな時代は終わりです❗️

パターにも基本理論があり、練習をする事で確実に上達します。
むしろ、パターが一番上達しやすいと言っても過言ではありません。

『パットラボパタースクール』では、『パッティング診断システムパットラボ』を使い診断データを基にレッスンを行います。







パターにお悩みの方❗️
自分のストロークの傾向を知りたい方❗️
是非一度お試しくださいひらめき電球




《パターの基本アドレス》



①まずは画像をご覧ください!





どうですか?
修正点分かりますか?





問題点はここ❗️






パターのトゥ側が浮いています!
これではフェース面が左を向き、引っ掛けやすくなります。
原因は、『ハンドダウン』です。

手元が低いため、パターのトゥ側が浮いてしまいます。
しかもハンドダウンは手首を使いやすく方向性が安定しにくくなります。



【ポイント】 パターとショットのアドレスは同じではない



パターとショットはそれぞれ目的が違います。
ショットは飛ばす必要がありますが、パターは方向性重視です。
つまり、目的が異なれば、アドレスの特徴も異なるという事です❗️




【パター基本アドレス①】 左腕前腕からシャフトは出来るだけ一直線にする



【効能】  ・フェースの向きが安定する
      ・同調したストロークになりやすい



【before & after】





引っ掛けでお悩みの方に多い特徴です!
まずはアドレス時にパターのトゥ側が浮いていないかを確認してみてくださいニコニコ





【パットラボパタースクールのパター診断紹介動画】






アールイーゴルフスクールの詳細はこちら  http://www.replus-golf.com

パットラボパタースクールに興味のある方はこちらhttp://www.replus-golf.com/school#link_puttlab