冷え性改善に最適な食べ物は?? | 痩身インドエステ、インディバのアロマヒーリング

痩身インドエステ、インディバのアロマヒーリング

Aroma Healingはストレスを感じることが多い今の時代、リラックスできる居心地の良い空間の中で、オールハンドにこだわった高品質、高レベルの痩身インドエステと美容機器で人気のインディバの最新市場異機種での施術が受けられるサロンです。


テーマ:

こんにちはニコニコ

 

最近風邪が冷たくなってきて冷えが気になりますよねアセアセ

 

そこで冷えに効く食べ物をご紹介しますハート

 

まづ、体を温める食べ物はこちら矢印矢印


ニンジン・カボチャ・タマネギ・レンコン・ゴボウ・ジャガイモ・玄米・鮭・納豆・キムチ など  

 

次に、体を冷やす食べ物はこちら矢印矢印


キュウリ・キャベツ・レタス・ナス・ほうれん草・小松菜・タケノコ・梨・スイカ・メロン・パイナップル・アサリ など

 

 

なんと体を温める食べ物と冷やす食べ物には見分け方がありました下差し

 

1. 育つ環境で見分ける

寒い国では体に熱を吸収して蓄える必要があるため、体を温める果物や野菜が育ちます。反対に、南国では体内にこもった熱を下げるため、体を冷やす食べ物が育ちます。

2. 地面の下で育つものか、上で育つものかで見分ける

地下(地中)で育つものは体を温め、地上で育つものは体を冷やします。冬に地下で育つ根菜類が多いのは、動物も人間も体を温める必要があるからで、夏に地上で育つトマトやキュウリ、スイカなどが多いのは、体を冷やしてくれるから。
旬の食べ物を食べた方が良いというのは理にかなっているのです。

3. 発酵しているかどうかで見分ける

発酵食品には体の代謝を良くする酵素が入っているため、発酵食品は体を温めます。発酵食品として代表的なものは、味噌や納豆、醤油、漬物、チーズやヨーグルトなど。
また、日本酒や紹興酒が体を温めるのも、発酵して造るお酒だからです。

4. 色、形、成分、味で見分ける

実は、色でも体を温めるか冷やすかを見分けることができます。
オレンジや黄色の野菜や果物は体を温め、白・緑・紫の食べ物は体を冷やします。暖色系は体を温め、寒色系は体を冷やすと覚えておくと便利ですね。ただし、暖色系だけど体を冷やすトマトのような例外もあります。

また、形でいうと小さいもの、丸いものは体を温め、大きいもの、細長いものは体を冷やします。

成分では、水分の少ないものやナトリウム(塩)を含むものは体を温め、水分の多いものやカリウムを含むものは体を冷やします。例えばジャガイモとナスを比べてみると、ジャガイモは茶色くて丸く水分量が少ないので体を温め、ナスは紫色で細長く水分が多いので体を冷やします。
 

皆さん、参考にしていただいて冬を乗り切りましょう口笛

 

 

痩身インドエステ、インディバならアロマヒーリングさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス