散策侍

様々な歴史建造物を建築目線で再確認するブログです。たまに美味しいものなども・・・


テーマ:

こんにちは爆  笑

さてさて、今回も引き続き先日のツアーの模様をお伝えします。

 

下矢印米子駅前のホテルに泊まり朝起きると雨・・・

しかも小雨ではなく結構な本降りです雨雨

 

 

下矢印天気悪し。そして蒸し暑し。

昨日の月山富田城はもってくれてよかった。

 

 

下矢印米子駅前のモミュメント。

カッコいいので前日に撮っておきました。カメラ

 

 

下矢印バスに乗り込み40分程揺られて一路、国宝天守松江城へ。バス

道中色々と解説してくれますので単純な私は臨戦態勢に。

ドアが開くや否や小学生たちと脱兎の如く駆けだしますダッシュ

 

 

下矢印茂吉殿、雨なのに逆光で面目次第もござらぬ。

「おみゃーさん、下手だでいかんわー」と言われたとか、言われないとか。この頃はまだコテコテの尾張弁かと。

 

 

下矢印まず目に飛び込んでくるのがこの石垣の壁。ポーン

既に狭間から狙われているような気がしてじっとしていられません。

ここでは2班に分かれて地元のボランティアガイドさんが案内してくれます。

 

 

下矢印いやらしいローアングルで。

ちょっとだけ落ちてくる石に当たってみたい気もしますあせる

 

 

下矢印大手門の礎石跡。

ツアーなのに私だけずぶ濡れになって自由に動き回っていますトコトコ

カメラ防滴仕様でよかった・・・

 

 

下矢印以前は懸賞金300万でしたが500万に上がったそうで。¥

祈祷札みたいに隣の神社にあったりして。

 

 

下矢印角が命です。命

 

 

下矢印矢穴を造ったもののこの位置では割れなかったのでしょうか。

ご苦労の跡も垣間見えて興味深いです。

 

 

下矢印またまたローアングルです。癖になって街中でやると捕まる可能性がございますので注意が必要です。

 

 

下矢印何やら刻印がありますぞ。

刻印には家紋と記号の二種類がございますがこちらは分銅のような刻印なので堀尾家の紋かと。

 

 

下矢印矢穴跡が堪りません。

私がもし人間ではなくて微生物か昆虫だったら一生この矢穴の中で過ごすことを希望します。

 

 

下矢印小学校の登り棒のように角を上から滑ってみたい衝動にかられますがちょっと高過ぎますな。

 

 

下矢印内部の柱。

1600年代初頭は建築ラッシュにて資材が調達しにくく、松江城ではこのように材木を抱き合わせて金物で補強して使ってあるのです。

しかも通し柱と同じような強度が保たれていることには驚愕です。

さすがは築城総合プロデューサー茂吉であります拍手

 

 

下矢印上階へ行くと幾分か重みが少なくなるせいもあって根継ぎされている柱もございます。

机上の建築理論ではなく、こうやって実際に使われていることが素晴らしいと思うのです。

 

 

下矢印国宝天守といえども消防法には逆らえませんな。

 

 

下矢印敷居が5センチ程上がっていますが不思議と蹴躓く方は少ないのです。危ないのは2センチ前後で、若い方でもよく躓きます。

私なら戦の前に慌ててここで怪我しそうですが汗

 

 

下矢印1階の倉庫。

私には宝の山に思えてなりません。宝

 

 

下矢印こちらが国宝認定の決め手となった祈祷札(レプリカ)です。

となりの松江神社にあったそうですな。

 

 

下矢印城内から堀への排水システムも素晴らしいです。

 

下矢印ここまでありがとうございますどーもっ

今回の松江城を振り返って、自分でも驚いたことが。

天守閣や建物外観の写真が極端に少ないことに気付きました。

まァ、有名なお城だし、今更ここで外観写真を紹介しなくてもいいか、と妥協気味であります。てへぺろ

 

次回はシリーズ最終回、備中高松城跡をご紹介します。

 

 

下矢印先日、城郭協会から送られてきました。

城郭ニュースは穴が開くほど読んでいますが、スタンプは特に集めていませんので100名城のスタンプ帳と新品で残っていますあせる

本屋さんで売っているのとは少し違うそうですが、本棚の肥やしになっていますヨ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。