零細企業の闘魂日記
NEW !
テーマ:
【地下深部に広大な「生命体の森」 国際研究で発見】
http://www.afpbb.com/articles/-/3201455
『海底をおよそ2500メートル掘り下げた地下に、数十万年から数百万年にもわたって存在してきた可能性のある微生物を含む、広大な「生命体の森」が存在するという発見が米ワシントンで開かれた米国地球物理学連合(American Geophysical Union)の会議で発表された。』
 
『地底の極端な温度や気圧にもかかわらず豊富に存在するこの生命体は、これまで存在が知られてこなかった。何も摂取せずに岩から放出されるエネルギーのみを取り入れて生きており、動きは遅く、まるでゾンビのような状態で存在しているという。』
 
『米オレゴン州立大学(Oregon State University)で宇宙生物学と海洋学を教えるリック・コルウェル(Rick Colwell)氏は「地球の深部地下生物圏は巨大だ」と述べ、これまでに発見された生命体は「非常に素晴らしい、極限の生態系」だと表現した。』
 
『発見された単細胞有機体の一つは、海底の熱水噴出孔の中で見つかったもので、121度の環境でも増殖が可能な超好熱菌「Strain 121」(学名:Geogemma barossii)の可能性があるという。』
 
何が魅力かと言えば「何も摂取せずに岩から放出されるエネルギーのみを取り入れて生きており、」というところである。
 
「貧乏暇なし」を地で行く私にはのような生き方である。

テーマ:

【片腕失っても労災隠し 外国人実習生、ひずみ手つかず】
https://www.asahi.com/articles/ASLD75GBZLD7UTIL033.html
外国人労働者の受け入れが広がる「出入国管理法」改正案が成立する。人手不足の農家から歓迎の声が上がる一方、すでに「労働力」として扱われている技能実習制度では、低賃金や失踪などの問題が解決されないままだ。支援者は「技能実習生の二の舞いになる」と懸念する。』
 
『八ケ岳を望む長野県川上村。レタスの収穫シーズンになると、人口約4千人の村で働く外国人技能実習生は約1千人にもなる。
 
今年の夏、少なくとも22人のカンボジア人実習生が村から姿を消した。失踪した1人が働いていたレタス農家の40代の男性は「人手不足が補えるならありがたい」と法改正に賛成だ。』
 
『日本人を雇おうと時給1千~1500円を掲げるが、応募は少ない。これまで10年以上、実習生を受け入れてきた。失踪は4度目だ。知人に紹介を依頼したが、やってきたのは、別の場所から失踪した不法滞在のベトナム人だった。「失踪覚悟で外国人を雇っている。もうそれしかすべがない」



 
マスコミで大々的に取り上げられた『平均年収2500万円の農村』の舞台が、ここ「長野県川上村」である。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/490452800X/
 
そして、その裏舞台が現状なのである。
 
私は農業と工業の間、またサービス業に携わって経営者という立場にいるが、そうそう「うまい話」などない。
 
特別、物事を疑ってかかるわけでも、鵜呑みにするわけでもなく、冷静に考えれば、「おかしさ」や矛盾点に気づくはず。


テーマ:

【勝谷誠彦氏は仕事に厳しかった。いい加減な言論には左右関係なく容赦なかった/倉山満】
https://nikkan-spa.jp/1532501
『パソコンに向かった瞬間、勝谷誠彦さんの訃報が飛び込んできた。』
 
『勝谷さんといえばコラムニストで、長くSPA!本誌巻頭言「ニュースバカ一代」を連載されていたので、SPA!読者諸氏にとっても、おなじみだろう。』
 
『勝谷氏は、仕事に厳しい方だった。世間では保守と目されていたが、いい加減な言論には左右関係なく容赦なかった。もう、あの良質なコラムが読めないのかと思うと、あまりにも惜しい。』
 
『私の印象に残るのは、クリミア半島現地取材だ。戦場取材もいとわず、知りたいと思えば、どこへでも飛び込んでいた。』
 
『それでいて、「月に100冊読む」という大変な読書家で、アカデミックな話題がポンポン飛び出す。あえてたとえるなら、生き急いでいるかのようなインテリだった。』
 
『最後に。勝谷さんは「保守とは教養である」とおっしゃられていた。普通の日本人の多くが賢くあることで、くにまもりにつながるのだと信じて。そのための仕事を若いものが引き継いでいかねば。』



 

全国的に有名になられてからは頻度も減り、方向性も違っていたのでそれほど親密なお付き合いはなかったが、今も勝谷さんの死が脳裏から離れない。
 
15年前からのメールを読み返している。

 
私が勝谷さんの訃報をこの日記で取り上げた際に引用したのは朝日新聞である。
毎朝、コンビニまで朝日新聞を購入しに行かれ、「築地をどり」をはじめ、勝谷さんが朝日新聞にはただならぬ愛憎を持っておられたように感じたからだ。
  
しかし、やはり掛ける言葉は、お悔やみやご冥福というより「あっぱれ!勝谷をどり」だろうなぁ


テーマ:

【ハロウィーン騒ぎで逮捕の4人「酒とノリで」】
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181205/k10011735781000.html
『ハロウィーンの直前の週末に東京・渋谷で軽トラックを横転させたとして逮捕された4人の男らは互いに面識はなく、「酒を飲んだ勢いやノリでやってしまった」と供述していることが、捜査関係者への取材で分かりました。警視庁は、大勢が集まったことで行動が過熱したとみて調べています。』
  
『ほかにも、日本人6人と、イギリス、フランス、ベルギー人などの外国人5人の、17歳から37歳の男、合わせて11人も横転に関わったとして、今後、書類送検する方針です。』
 
『警視庁によりますと、この日、渋谷には4万人が集まっていて、捜査員43人態勢で250台の防犯カメラの映像や周りで撮影していた人の動画を最新の技術で解析したほか、車を横転させた男らが事件後、どこに向かったのかなどの足取りも特定しました。』



 
何かと言えば「酒」だ。
 
飲酒運転、酒乱、アルコール依存症、やがて死につながる事故や病。
下戸の私が言うのもヘンに思われるが、酒は悪くない。
酒を上手に利用し、本来の楽しみ方を身に着けられない人間に原因がある。
 
毎年、渋谷界隈で発生するハロウィーンに名を借りた乱痴気騒ぎ。
防犯カメラや投稿された動画からアホタレどもとその後の足取りを特定できたようだが、その技術と熱意をもっと凶悪な犯罪抑止のために活用してもらいたい。


テーマ:

【「料金も払っとんじゃ!」「アホー!」 ソフトバンク通信障害で拡散した店員への「罵声動画」】
https://www.j-cast.com/2018/12/07345558.html
ソフトバンクの大規模な通信障害に対し、店員に罵声を浴びせる男性客の動画がツイッター上に投稿され、物議を醸している。』
 
「お前んとこ、最後都合悪くなったら逃げんのう」。カウンター横に立つ男女2人の店員に対し、黒い上着を着た男性客が、関西弁でこう罵って詰め寄る。』
 
『この投稿主がその後にアップした別シーンの動画を見ると、罵声を浴びせた男性客は、サバやブリなどを獲るまき網漁船を稼働させていると言っており、通信障害でデータチェックに支障が生じていると怒っていた。店員2人に対しては、「命張っとんじゃ、こら!」と大声を上げていた。』
 
『動画投稿主のツイートによると、ソフトバンクの通信は、魚群探知機と連動していたとこの男性客が言っていたという。男性客は、ソフトバンクのお客様センターに電話したものの、謝罪するだけだったとして説明を求めて店舗に来たと言っていたそうだ。』
 
『投稿主は、通信障害で店内の誰も携帯電話が使えないため、警察に通報できなかった、この後、男性客に店から出て行ってもらったと書いている。』


 
動画を確認したが、このバカ男、下手なエセ関西弁でまくしたてているが、巻き舌の使い方もまったくなっておらず迫力不足。
 
内容はこういうヤツにありがちな‘意味不明’で、「関係あるも関係ないわ、アホぅ~」「こっちは客じゃ、料金もはろとんじゃ最近、コラッぁ」
 
滑舌の良い巻き舌を目指すなら帯谷孝史の「あほんだら、あほんだら、あほんだら」を勉強して出直せ。
 
その時は、この男が魚を捕まえるのではなく、警察がこのバカ男を捕まえてくれる。
まあ、それにしても「通信障害で店内の誰も携帯電話が使えないため、警察に通報できなかった」という点は、危機管理面でも問題がある。


テーマ:

【日産・西川社長、報酬文書署名か】
https://this.kiji.is/443333385115796577?c=39546741839462401
『日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)=金融商品取引法違反の疑いで逮捕=が有価証券報告書に記載せず、退任後に受け取る予定だった報酬の名目を記した「雇用合意書」に、西川広人社長がサインしていたとみられることが6日、関係者への取材で分かった。東京地検特捜部は既に西川社長を任意で事情聴取しており、作成経緯などを調べている。』
 
『ゴーン容疑者が特捜部の調べに、雇用合意書とは別の報酬に関する文書にサインしたと供述していることも判明した。逮捕当初は否定。特捜部は、退任後の報酬支払いは確実だったと認識し、報告書への記載義務が生じた証拠になるとみている。』



  
私だけがそう感じたとかいう大げさな話ではなく、仮に違法な行為をゴーンらがやっていたとしたら、それを取締役が知らなかったなどという言い訳はまずない。
 
そろそろゴーンらが邪魔になってきたので、頃合いを見計らって一掃しようとしたのだろう。それが悪いとか、卑怯だとかという次元の問題でもない。
 
株式総会などでは解任を否決されそうな弊害の多い独裁的な経営陣を追放する手段のひとつだ。
ただ、返り血も浴びる。


テーマ:

【ワシントン・ポスト紙「ダイナマイト・キッド、60歳の誕生日に死す」米でも大きく報道】
https://www.sanspo.com/sports/news/20181206/pro18120611510003-n1.html
『英国出身の元プロレスラーで、初代タイガーマスクの好敵手として人気を博したダイナマイト・キッド(本名=トーマス・ビリントン)さんが5日、死去した。60歳だった。米プロレス団体のワールド・レスリング・エンターテインメント(WWE)がホームページで報じた。キッドさんが、60歳の誕生日だった5日に亡くなった。』


1980年代のプロレス界を代表する名レスラーだろう。
 
どんなレスラーとも名勝負をした天才的なタイガーマスク(佐山サトル)でも、初戦の相手がダイナマイト・キッドだったことは幸いであったし、その後もライバルとして互いを尊敬しあったのは、キッド、タイガーそれぞれが語っているとおり。
 
繰り返しになるが、1980年代のプロレスは本当におもしろかった。
思い出のレスラーがひとり、またひとりと若くして亡くなっていくのは残念でさびしいものである。
合掌


テーマ:

【プラネタリウム“お金”で明暗 最新投影機に人気集中、資金難で閉館も】
https://www.mbs.jp/news/kansainews/20181204/GE000000000000025567.shtml
『大阪の市立科学館にあるプラネタリウムが今月から一時休館しています。最新の機械を導入してリニューアルオープンするためですが、費用は約3億円。プラネタリウムの性能はどんどん進化していてファンも増えているのですが、この費用を捻出できずに閉館する施設も相次いでいます。』
 
『大阪・中之島にある大阪市立科学館。先月30日、約300席のプラネタリウムは別れを惜しむ人でいっぱいでした。』
 
『「きょうが最後ということで、なかなか感慨深いものがありました」(女性)』
 
『「しばらく来られないから寂しいなと思いますけど、次のリニューアルをまた楽しみにしてます」(女性)』
 
『この日で引退するプラネタリウムの投影機「インフィニウムL‐OSAKA」。2004年に約3億円で導入された当時は最新鋭の機械でしたが、わずか14年で役目を終えることになりました。』
 
『「本体はまだいけるけど、(制御する)コンピューターの方が続かなくなってしまって。これからさらに15年間使っていこうと思うと、この機会に新しくするしかないなと」(大阪市立科学館・主任学芸員 石坂千春さん)』
 
『大阪のプラネタリウムには長い長い歴史があります。1937年、大阪・四ツ橋の市立電気科学館に日本初のプラネタリウムが登場。ドイツ製の投影機は52年間にわたって活躍しましたが、投影できる星の数は約9000個で、星座について学ぶのが主なプログラムでした。』



小学生の頃、「プラネタリウムを見た!」という友達がいれば、それはもう羨望の対象だった。
 
当時、京都では『京都市青少年科学センター』にプラネタリウムがあったが、初めて見たのは小学6年生、級友3人と。
 
思うに、自然の星空はどんどん見づらくなっているのだからプラネタリウムがそれほど高価な機械でなくとも良いのではないか
 
むしろ、観客を飽きさせない学芸員のしゃべりのほうが遥かに重要となってくるのではないかと思う。


テーマ:

【死亡・クローン説流された大統領「私は本物、元気だ!」】
https://www.asahi.com/articles/ASLD3758JLD3UHBI02M.html
『「すべての人に私は本物と断言する。今月には76歳の誕生日を祝う。まだまだ元気いっぱいだ!」。ナイジェリアのブハリ大統領が2日、ツイッターにそんな投稿をして注目を集めた。ブハリ氏は「健康状態が悪化して死亡し、クローンにとって代わられた」という誤情報がネットなどで飛び交っており、自ら否定した。』


 
要人の替え玉や影武者説は、その真偽はともあれ、人々にさまざまな興味を沸き立たせる。
写真のない時代なら、なおさら「影武者」の役割は大きかっただろう。
 
現代では、イラクのサダム・フセイン、リビアのカダフィ大佐などに影武者がいたという噂があったが、果たして真相は?
 
ナイジェリアのブハリ大統領の本物宣言。
本物であろうと偽物であろうと、「私は本物」と言うに違いない。


テーマ:
【「文系学生も数学を」 経団連、大学に改革提言へ データ時代の人材求める】
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO38374840Q8A131C1MM8000/
文系の大学生も数学を学ぶべきだ――。経団連は若い人材の育成に向け、文系と理系で分かれた大学教育を見直すべきだとする提言をまとめる。近く大学側と対話する場を設け、意見交換をする方針だ。経団連は日本の大企業が加盟し、新卒の採用に大きな影響力を持つ。デジタル分野の人材確保に向け、大学に改革を迫る。』
 
『大学には文系と理系でそれぞれ偏りすぎた教育内容の見直しを迫る。ビジネスの現場ではシェアビジネスやデジタルマーケティングが広がり、統計などの知識が必要と考える経営者は多い。データを扱うために「最低限の数学」を学生が学び続けるよう求める。』
 
先日、やっと会長室にパソコンが導入されたことで有名な経団連
「最低限の数学」とはどの程度のことか?
 
まぁ、確かに私の実感でも、簡単な統計学はどの部署でも必要だが、最も苦労するのは国語である。さらに言えば「文章」だ。なぜ、これほど難しいのだろう?
 
また、経団連とは反対に、「理系の大学生も学ぶべきものは…」と聞かれたら、迷わず「簿記」と答える。